福正宗

瑞泉がくしゃみの様な咳の様なものをしているのに気がついたのが午前中。
鳥部屋も含めて大掃除をしている間、
ずっと観察していましたが
収まるどころか、開口呼吸&妙な呼吸音になってきたのが夕方。
悪化しているのかもと思って、そ嚢を確認したところ空っぽの状態。
こころなしか膨れている(=寒がっている)様な感じ。

今日中にやっておきたい用事が残っていたのですが
緊急事態なのでフォーミュラーで強制給餌をして、急遽主治医へ。
今年の年末は主治医に行く事無さそうで(病気してないという事なので)
良かったなぁとか思ってたのに・・・

寄生虫、細菌、消化状態共に問題なしとの事。
呼吸音が確認できるものの特に原因が見つからないため
抗生物質と消化剤を投与して様子を見ることになりました。
薬を処方してもらって、急いで帰宅しましたが
主治医往復と診察でざっと3時間のロス。
それでも瑞泉に何かあるよりはいいですから仕方ないですね。(^^;

なんて思っていたのですが
深夜になって瑞泉の投薬をするのに結果的に若干追い掛け回したのですが
呼吸音がしてない、開口呼吸も無いし、くしゃみも出てない。
・・・治ったんでしょうか?(^^;;;;;

数時間しか経過していないんですが
なんだか症状が消えてます。
普通に餌を食べてるし・・・
罠?とか思ってしまいました。(笑

治ったにせよ、大した事なかったにせよ良かったのですが
ちょっと腑に落ちないというか
母が忙しい時に限って知恵熱を出す子供の様じゃないかとか
ちょっぴり騙された様な気がする1日でした。(笑
実際に呼吸音がおかしかったので油断はしないようにしますけど。

今年の後半は鳥たちがずっと安定してくれているので
(この瑞泉の件以外は・・・)
何だか怖いような気もしますが、嬉しい事です。
このままずっと安定してて欲しいですね。
人間は相変わらずバタバタで
思う存分お節料理が作りたいのですが
年の最後まで色々な家事と用事に追われて、どこまで出来るか・・・
仕事してるとこんなものですかね。
来年もきっと仕事も家事もプライベートもそれなりに忙しいと思うのですが
まぁぼちぼち、マイペースを目標にやっていければと思います。

Leave a Reply