今日といってももう昨日ですが
通院の為に代休を取得したので
久しぶりに鳥達とゆっくり過ごしました。

ここ最近の殺人的スケジュールで
放鳥出来る日が少なくなったとはいえ
何となく気が付いていたのですが
ちび太君@パイド文鳥が
春鹿がいなくなった事を克服したのか
恋の季節に独りだけ突入した様で
何となく放鳥時に一緒にいた女子である燕山雪花(色変わり)を放置して
人妻@李白(色変わり)に言い寄っております。
どうも彼の好みは色素の薄い女子の様です。

李白はれっきとした夫様がいるので(醍醐@クリーム)
非常に嫌そうで
それはもう必死に逃げます。(^^;
醍醐は何をしてるかというと
どうも新しい品種の子はシルバーといい、シナモンといい
ほんとに文鳥?
という位に気が弱いと思うのですが
クリームである醍醐も例外ではなく
生暖かく見守る方針にした様です。

実際、李白はというと息を切らすほど逃げまくって
人間のところに助けを求めて来る訳ですが
ちび太君としては追い掛け回すだけではイカンと思ったのか
ちょっと離れた所に着地して
床の上をどすっどすっと様子を見ながら近寄ってきます。
ちょっと小首をかしげながら
ラブラブ光線を出しながら来るのですが
その目は愛を持った飼い主の目から見ても
いっちゃってます。
正直私もちょっと怖かったです。

がんばれちび太君。
とはいえ李白は君の娘なので応援はここまで。(笑

Leave a Reply