timor's log

Information

This article was written on 12 5月 2005, and is filled under bird & goldfish, birds.

我が家の鳥たち・・・

我が家の鳥たち・・・

随分と「我が家の鳥」を更新しておりませんが
現在の鳥類魂数は
31
です。

チモール文鳥と文鳥とそれらのハイブリッドです。
命名規則は基本的には日本酒から頂いてます。(^-^;

随分以前に撮影したものですが
鳥部屋です。
今は更に庭箱が増えてます。(^^;

実は私はあまり金属ケージが好きではありません。
一部は金属ケージを使ってはいるのですが
主に庭箱(にわこ)という
繁殖用ケージ(?)を使っています。
市販されている物は全面が銅等の亀甲網なので
見た目も当然ですが事故も怖いので
竹ひごで前面のみを改造するか
全部自作しています。

庭箱も金属ケージも同じ様に
長所も欠点もあると思ってます。
我が家の鳥たちの動きや習性、気質等には
庭箱の長所が大きいという事と
インテリアとして十分満足出来るものなので
庭箱を主に使ってるという感じです。

ちなみに我が家で最も快適な部屋は
鳥部屋です。
鳥様専用デロンギ社製オイルヒーターとか
心置きなく残業出来る様にと
ON/OFFタイマー内臓の照明などなど
贅沢させてます。(哀

碧鳥とかもお迎えしたいところですが
飼い主の余力がないので断念しています。
というより今年は純粋チモールの繁殖を
再開させようかと思っています。

最高齢の12歳白文鳥の春鹿も
随分ぼろぼろになっていますが
元気です。

「我が家の鳥」の更新も兼ねて
(随分と放置してるような・・・)
1羽づつ紹介していこうかと
思っています。

コメントを残す