timor's log

Information

This article was written on 19 7月 2005, and is filled under bird & goldfish, birds.

病院に連れて行くべきかどうか

自分自身の具合もあまり良くないので今日は早めに帰宅しました。
(といってもさっきですが・・・)

気になっていた黒龍の様子はというと結構良くない感じです。
昨日まではまだ良かったのに。

非常に神経質な子なので病院へ連れて行くのが逆に怖いのですが
この状態は自宅看病の限界を超えている様な気がします。
どうするか決断しないといけないのかもしれません。

基本的に私の手には慣れているので
普段は掴まれても甘噛みしかしないのですが
連日の強制給餌で力いっぱい噛み付くようになってしまいました。
犬猫に比べて鳥、しかもフィンチ位に噛まれても何とも思わないのですが
(ショップ、病院勤務の頃に犬猫に噛み付かれたら鳥に関しては何も感じない体になりました^^;)
流石に同じ場所を毎日噛まれるとずぎずき痛いです。

黒龍もそろそろ推定5歳。
ちょっと昔の文鳥の寿命に近いとはいえ
(でも今でもこの年齢まで生きる文鳥は全体の半分以下な気がします)
まだまだ元気でいて欲しいと思います。

通院と診察。
どちらも黒龍にはストレスが大きすぎて苦悩します。
でもあまり悩んでる時間も無いんですよね。

コメントを残す