福正宗

チモール文鳥と桜文鳥のF1の福正宗です。
金沢の福光屋の日本酒から命名しました。
当然、呼び名は「フクちゃん」です。

2000.4.16生まれのメスです。
メスとはいってもF1(ハイブリッド)なので繁殖能力はありません。
そのせいか、大きな病気はした事が無いのですが
ここ数年は骨格に異常が出てきたりと、
ホルモンバランスに何か問題があるのかもと何となく感じています。
他にも繁殖能力が無いので発情もしないため、
オスに交尾を求められても答えず、大喧嘩になり(気性の荒さはチモール並み)
怪我をした事も何度かあります。
いくら当時、チモール文鳥の純粋種の入手と繁殖が難しいと思っていたとはいえ
犬や猫の雑種とは違って、別種とのハイブリッドを作出してしまった事は
(実際は、行っている人が少ないだけで繁殖自体は難しくありません)
私が犯した大罪だと思っています。
この福正宗をはじめとするハイブリッドの子たちの天寿を全うさせる事で
少しでも罪滅ぼしができればと思っています。

非常におとなしくて、歴代の女子(ていうかメス)の中では一番モテてます。
文鳥やチモール特有の気性の激しさが無いのがウケている様です。(笑
自己主張もあまりしない性格なのですが
人なつっこさはあるので、ひっそりと気がついたら人間のそばに来ているという様な
一歩間違えたら事故になりそうな寄り添い方をしてくれます。(^^;

F1は4羽の兄弟で、福正宗以外は全員オスです。
この4羽。凄く仲が良かったのですが、
若い頃に福正宗の取り合いで喧嘩が連日繰り広げられていました。
真っ先に脱落、近寄りたくない意思を示したのが蛍川
最後まで争ったのは天狗舞と麒麟でしたが
福正宗自身が天狗舞を選んで落ち着きました。

気がついたら今年の4月で9歳です。
立派なおばあちゃんになってしまいました。
ここ数年は嘴の噛み合わせが悪くなったり、治ったりを繰り返したり
食欲が落ちている訳でもないのに(元々食は細いですが)痩せてきたり
ちょっと心配な部分もあります。
(高齢になると鳥って太る個体と痩せる個体に分かれる気がします)

いつまでも元気でいて欲しいです。(^-^

— 追記 —
2009.10.26 永眠しました。

Leave a Reply