チモール文鳥と桜文鳥のF1の蛍川です。
この組み合わせのハイブリッドは種が遠いのでオスが多く生まれます。
(メスは若干の発情はするものの、繁殖能力を持ってません。)
蛍川も立派なオスとして毎日囀っています。
2000.5.27生まれなので、フィンチとしては結構いいお年になってしまいました。

F1チームの中では一番のベタベタちゃんで
放鳥終了時、最後の1羽になったのを確認すると
いつもの定位置にて
握れ。
と頭を下げつつスタンバイしています。(^^;
私の方も定位置に手を出すと
凄い勢いで手の中に入ってきてて
撫でれ。
と要求します。(^^;;;
ちなみに飼い主がテレビなんかに気を取られて撫で方がおろそかになると
噛み付いて修正を要求します・・・

あまり喧嘩を自分から売る方ではないのですが
いざ喧嘩をすると強いのも特徴です。
噛み付いたら離しません。(怖
まぁ性格的には温和な方なんだと思います。
ちなみに爪きりは全く平気。
飼い主から見れば手のかからない良い子ですね。(^-^

特に大きな病気をする事無く元気に今まできました。
年のせいか肝臓が若干大きくなってきているのが心配ですが
(予防投薬中)
元気にずっといて欲しいです。

ちなみに蛍川という名は日本酒から。
当時、サイトのお客様から公募して、その中から選んだ記憶が。(確か
佐賀県の天山酒造の純米大吟醸の名前です。

写真は撫でれ要求中の蛍川。
携帯で撮影しました。

-2011.12.12 老衰のため永眠しました。-

Leave a Reply