酔鯨

7月2日の朝6時半ぐらいに永眠しました。

投薬の効果が間に合わなかった様です。

6時ぐらいに、いつもの様に酔鯨の様子を確認すると
つぼ巣から顔を出してご挨拶。
今日もあまり呼吸が良くないな・・・と思いながら
もう少し寝かせてあげようと、取りあえず出社の支度をしていました。

呼吸が良くないのは変わらないのですが
酷いという程でも無かったので(もっと酷い時があったので)
まさか今日、逝ってしまうとは思っていなかったのですが
その30分後位には、本当に眠るように逝ってしまいました。
こんなに安らかな最後を迎えた子は初めてかもしれません。

安らかに、私がいる時に逝ってくれたのが救いです。

迎えた時に大病をし、
私も含めて、誰もが長生きしないであろうと思っていた酔鯨が
こんなに長生きしてくれて、傍にいてくれたのは
本当に感謝という以外にありません。
どうもありがとう。と、お疲れ様。という気持ちで今もいます。

仕事が忙しいお陰か、今も実感が持てずにいます・・・

写真は昨年撮影した、爪きりする私を見下ろす酔鯨。
本当に綺麗な子でした。