鳳陽

チモール文鳥の鳳陽です。
やっぱり日本酒から命名。
宮城県の内ヶ崎酒造のお酒です。

2001.7.20生まれのメスで気がついたら、もう5歳になってました。(^^;

父が田酒、母が醴泉で
両親共に野鳥出身で人なれしていなかったせいか
生まれてからもかなり温められてしまったらしく
気がついたら足が弱くなってしまい
ずっと飛べませんでした。
生まれつき羽毛異常なのか
立派な羽が生えてこないというのもあります。
体も他の子に比べて小さく、細いです。

それが一体どうしたものか
最近では随分飛べるようになって
気がついたら天井近くのカーテンレール(床上2メートル以上)にまで行きます。
足の力は相変わらずなので
殆ど翼の力のみで「ふわふわ~」という飛び方ですが
やっぱり嬉しいものですね。(^-^

与えているハーブが効いたのか
年をとってホルモンが安定してきたのか
そのあたりは分かりませんが
羽毛異常が無くなって来た感じがします。

性格は物凄く臆病。
手乗りにしていないせいもありますが
つぼ巣(隠れ家)がないと生きていけないんじゃないかという程です。
また噛み付き方は一級品。
嘴の先の方でつまむように噛み付いて捻ります。
物凄く痛いです・・・(^^;

一緒に生まれた八千矛とメス同士ながらも仲が良かったのですが
八千矛は2003.7.5に卵管脱で永眠してしまいました。
八千矛は私の観察不足で亡くした様なものだったので
その分もあまる位に長生きして欲しいです。(^-^

写真はかなり高い位置まで飛んだ時のもの。
(かなり無理して隠し撮りしたので画像が荒れてます・・・)
後ろの個体が鳳陽です。
手前の個体は久保田ですね。

— 追記 —
2007.2.11に直腸脱により永眠しました。

Leave a Reply