ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門
青木 峰郎
山下 伸夫
ソフトバンククリエイティブ (2006/06/01)

ずっとエントリーを書くのを忘れていました。(^^;;;
かれこれ・・・半年以上前に読みました。

ardbeg先生から頂いた課題の入門Haskellという本が難しくて
(すみません。脳みそが足りていないらしいです;)
結果的に入門Haskellの入門書状態になりました。

入門Haskellの方だと、私レベルだと難解な部分が結構あって辛いのですが
今からHaskellを勉強されるという事であれば・・・
こちらの「ふつうのHaskellプログラミング」だけで十分と思います。

著者の1人である青木峰郎さん。
結構好みです。
以前、やっぱりardbeg先生の課題でふつうのLinuxプログラミングという本を読みましたが
こちらも結構というか、かなり面白かったです。
分かりやすいし、面白いんですよね。

Haskellって、実際の業務には使われにくい言語だと思いますが
考え方を理解しておく事は非常に大事な事だと思います。
Haskellの本を読んで、実際にプログラミングして、動かしてみて、
再帰に関する考え方が変わりました。
あと、普段は手続き型言語を使っているのですが
関数型言語を学ぶという事によって、
より手続き型言語を理解出来る気がします。

余談ですが、Wikiで関数型言語の定義を調べた所
代表的なものとしてXSLTがありました。
XSLTと言えば、一時期苦悩しながらやっていたのですが
関数型言語にカテゴライズされるとは思いもしませんでした・・・(^^;

で、注目すべきはErlangですね・・・先生。(^^;;;;;;;;;
課題扱いなんでしょうか?orz