墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便 (講談社プラスアルファ文庫)
飯塚 訓
講談社
売り上げランキング: 278

クライマーズ・ハイに続いて書店店頭で見かけたのを機に手に取りました。

著者は群馬県警の方で
実際に遺体の身元確認の責任者として従事されていた方です。

壮絶です。
しかしながら、目をそらしてはいけない気がして
一晩で一気に読み終えました。
死というものに対する考え方が変わった様に思います。

身元確認に尽力した結果、
無理がたたって寿命を縮めてしまった何人もの方が文中に出てきます。
もちろん、無理の結果、影響が出てしまった人、そうでない人もいる訳ですが
その使命感というか、志には本当に頭が下がります。
人間って捨てたものではないなと思う一面もありました。