timor's log

Information

This article was written on 24 3月 2007, and is filled under books, misc.

富の未来 上巻

富の未来 上巻
富の未来 上巻

posted with amazlet on 06.07.25
A. トフラー
H. トフラー
山岡 洋一
講談社 (2006/06/08)

トフラーの著作を読むのは初めてです。
読む前までは難しい経済書だと思っていましたが
面白い未来の預言書の様な本です。

ここで語られる「富」とは
金銭的なものだけを指しているのではなく
人にとっての幸せを指しています。
読む前までは金銭的なものだけかと思っていました。

まだ上巻だけなので(現在、下巻を読んでます)
「富」の定義や考え方が中心で
トフラー自身の意見とか考えというものは、まだあまり出てきません。
それでも、預言書を読んでいる様な感覚で、結構はまります。

ナレッジワーカー*1を読んでいて
著者であるトーマス・H・ダベンポートが
ナレッジワーカーを取り巻く今、これからの環境を述べているのを
先が読める調査力、分析力って凄いなぁなんて事を思っていました。
その後にトフラーのこの著書を読み始めたのは
流れ的には良かったと思います。
(この2冊は主題が全く異なっていますけど。)
トフラーの方が徹底的な調査をしているのが分かりますが・・・
特に日本のお好み焼きチェーンである道とん堀の例が出たのには驚き。
日本のローカルな情報も調査している様で、凄いと思いました。

下巻を読み終えたら、また改めて・・・

IT関係の人なら、殆どの人が名前位は聞いた事があるといった位に有名なトフラーですが
実は音楽のテクノにも非常に関連があります。
wikiにも出ていますが、私の敬愛するDetroit TechnoのJuan Atkins *2
トフラーの著作に影響されて「テクノ」という名前をその楽曲につけたそうです。(^-^

*1
原題はThinking for a Living: How to Get Better Performances And Results from Knowledge Workersで2005年9月13日発行。

*2
テクノ関係の方々がwikiに出ているのにも驚き。
メジャーになったんですねぇ。昔は音源捜すのにも一苦労だったのに。(^^ヾ

コメントを残す