本当に使える見積もり技術―ソフトウエア開発を成功に導く
初田 賢司
日経BP社
売り上げランキング: 7036

amazonを眺めていたら偶然見かけた本です。

そういえば見積もりって体系的にちゃんと学んだことが無いと毎回思うのですが
何だかんだでそのままだったり、
以前読んだ実務で役立つWBS入門は私にとっては今一歩だったし・・・
今度はどうかな?と疑いつつ読みました。(笑

そんなに分厚い本じゃないので読みやすく(気分的に)
時間もかからず読めます。
ファンクションポイント法WBSについて基本からじっくり書かれている上に
いかにそれにリスクを計上して「見積書」にするかまで説明されているので
分かりやすいし、かなり実践的です。
FP法って、WBSって何?という人には難しいかもしれませんが
(そういう方には、まさに「実務で役立つWBS入門」なんでしょう。きっと)
ある程度理解している、あるいは自己流でやってしまい、
はまったという様な人には良書だと思います。

会社の机の上に常備しておくと良さそうです。

しかし、私の机の上の本、もうかなり一杯なんですよね・・・(^^;
社内でダントツに本を溜め込んでる気がします;