業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで
渡辺 幸三
日本実業出版社
売り上げランキング: 5146

上流工程を勉強したいというよりも
業務別データベース設計のためのデータモデリング入門を書かれた
渡辺幸三さんの著書が読みたかったので・・・
上流工程のおさらいとして読みました。

さらっと読んだ事もあるのでしょうけど
1日もあれば読み終わる事が可能な位の量と内容の簡潔さです。
伝えたいことを必要最小限できちんと伝えるという
著者の表現力を改めて凄いなと思いました。
良書だと思います。
これは良い本を買ったなというのが素直な感想です。

上流工程を行うにあたって必要な事が説明されているのですが
著者はデータモデリングな人の様で
(これがまた素敵に簡潔で分かりやすいのです)
その方向からのアプローチとモデリング手法にかなりページを割いています。

さほど大きくないシステムであれば
この本をベースに上流工程を行う事は可能だと思います。
ただし、「入門」なので各フェーズの詳細部において
疑問は出てくるであろうとは思いますけど
それぞれ、その都度勉強すればいいですしね。
全体を知る、着手する取っ掛かりとしては非常に良いと思います。

この後に業務別データベース設計のためのデータモデリング入門を読むも良し
本書内で何度か出てきた
生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング
を読むのも良いと思います。
私の場合は改めてアナリシスパターンを読み返してみたい気になりました。
今ならもう少し理解しやすくなっているのでしょうか?(^^;