標準講座MFC6.0―Visual C++による効率的なWindowsプログラミング (Programmer’s SELECTION)
ハーバート シルト 田中 正造
翔泳社
売り上げランキング: 43854

何か良いMFCの本はないかなぁと探していたところに見つけた本でしたが
かなりの名著でした。
何だかこういう出会いは嬉しくなります。

この本のおかげで、理解できていなかったVCが分かりつつあるというか
ばらばらになって繋がっていなかった理解が繋がりつつあります。
お正月は泣かなくて済みそうです。(現時点では。ですが。)

本には中級者向けとありますが
プログラミング初心者でなければ(プログラマ的発想が可能な人であれば)
初心者でも十分活用可能だと思います。
確かに易しくはありませんが、C++の文法を確認しながら読むのは十分に可能です。
そして、かなり理解が深くなった頃にも活用すると思います。この本。

なるべく関わりたくないVCですが
もしかして面白いかも。とかうっすら思い始めたりしてるのは
この本が面白いからだと思います。

始めから通して読んでも、必要なところだけを選んで読んでも面白いと思います。
私自身はまた通して全て読んではいないのですが
十分面白いですし、かなり理解が深まりつつあります。

初版は1999年との事。(2007年8月で9刷)
ソフトウェア関連の書籍では絶版になっていておかしくない年数を経ていますが
今でも入手可能、増刷されている事に驚きと感謝。