timor's log

Information

This article was written on 03 9月 2009, and is filled under books, fiction, 日本人著者.

沈まぬ太陽 御巣鷹山篇

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 2115

タイトルの通り、日本航空123便墜落事故を題材にしています。

前作との繋がりが・・・というより
この御巣鷹山篇だけで独立した小説といって良い感じです。
主人公が帰国して、遺族のお世話係になっているというだけの印象です。
#モデルとなった方は実際にお世話係はされていないとの情報がありましたが
#本当の所はどうか分かりません。

実名の登場人物も出る程、真実に近い様な小説になっています。
もちろん真実も多く描かれているとは思いますが
全てが真実という訳でも無い様です。

非常に興味深く読みましたが
事実と誤認するかの様な構成には疑問を感じます。
これは、この御巣鷹山篇に限った事ではないのですが
この御巣鷹山篇には実名も出ている事から、余計に誤解させそうですね。

コメントを残す