timor's log

Information

This article was written on 03 11月 2005, and is filled under books, 外国人著者.

運命の息子〈上〉

運命の息子〈上〉
運命の息子〈上〉

posted with amazlet at 05.06.23
ジェフリー アーチャー Jeffrey Archer 永井 淳
新潮社 (2003/11)
売り上げランキング: 113,168

私の気に入っているジェフリー アーチャーの小説です。

割と最近(といっても数年前ですが)の作品で
まだ読んでいなかったので手に取りました。

彼の小説はどれものめりこみように一気読みしてしまうのですが
今までのとは少し違うように思います。
正直に言ってしまえば
各章が短くて展開が速いのはまさにアーチャーのお決まりのパターンなのですが
話の展開ではなく読み手である私の興味の展開が遅くて
途中まで読んでいて辛くなる感があります。
話の展開というよりも色々なエピソードの羅列の様な気さえします。
どうした?アーチャー・・・
といった感じでしょうか?

上巻の終わりに近づくにつれてそれも解消してきますが
何となく消化不良です。

しかしながら選挙や裁判、投資といった題材は
彼の得意とするところでしょう。
過去の作品程ではありませんが
これらのエピソードの部分は楽しめました。
下巻からの展開に期待します。

コメントを残す