カテゴリー : books

記憶にであう―中国黄土高原 紅棗がみのる村から

記憶にであう―中国黄土高原 紅棗がみのる村から
大野 のり子
未来社
売り上げランキング: 692,154

久しぶりにとても良い本に出合えたと思いました。

著者は2005年から生きていくのにも決して楽とは言えない中国黄土高原の僻地に独りで住み
地元の方の信頼を得て、日中戦争時代の証言を集めている女性です。
燼滅作戦(三光作戦)の被害を受けた土地で、当時を知る老人たちから
それらの話を聞き、映像に収めていくという活動は本当に大変なことだと思います。
そうして集めた写真や証言をまとめてある本です。

といっても、この本の素晴らしいところはその証言に何ら著者の考えや意見を加えることなく
淡々と綴られていること。
日中戦争の話とは関係なく、著者自身がその地で見聞きしている
現在の村の様子や習慣などを描いていること。
厳しい環境の中で逞しく生きる人々の姿が描かれています。
そして何よりも素晴らしいのが「老天使」の笑顔がとても素敵なこと。

「老天使」は、おそらく証言をしてくれているお年寄りたちだと思います。
辛い記憶を引き出して話してもらうまでには
相当の信頼関係を築かなくてはならなかったと思われます。
そうして著者が写真に収めた老人たちの笑顔は本当に「老天使」とも言える
生きてきた証を誇るような皺が深く刻まれた純粋な笑顔でした。

元々は著者の方のブログを知ったことがきっかけでした。

黄土高原 紅棗がみのる村から

この本は本当に多くの方に知って欲しいと思います。

ポーカー・レッスン

ポーカー・レッスン (文春文庫)
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋 (2013-08-06)
売り上げランキング: 1,197

ディーヴァーの短編集です。

元々短編集はあまり好きではないのですが、面白く読めたのは流石というところでしょうか?
リンカーン・ライムシリーズの話も出てきます。

短編というだけあって、どれも鮮やか。
ちょっと息抜きしたいときに良い感じです。(^^

「昭和史」と「あの戦争と日本人」

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)
半藤 一利
平凡社
売り上げランキング: 1,344
昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)
半藤 一利
平凡社
売り上げランキング: 2,008

毎日何かしら本は読んでいるのですが、すっかり本関連のエントリは更新がご無沙汰に。(^^;
とても有名な著書なので今更感がありますが、改めて。

若いころはなんちゃってバックパッカー状態でヨーロッパを中心にまわっていました。
アジアほどではないですが、ヨーロッパでも日本人だと言うと
戦争の話などを振られることもボチボチあったりして
好意的な感じであれば良いのですが、そうではないことも多くあったり・・・
中でも一番忘れられないのはロンドンのローカルなパブで出会ったおじいさん。
若いころに日本軍の捕虜になっていたそうで
最後は和解したものの、日本人だと言うだけでかなりキツイ思いをしました。
(要は水をぶっかけられたのですけど・・・;)

ここ数年はアジア、中華圏を中心にまわることが多く
ロンドンのパブであった出来事ほどキツイ思いはすることはないものの
日本が行ってきた跡を目にすることも増え
特に各地で現地の友人ができればできるほど
日本人として知らないというのはまずいんじゃないか?と思う気持ちが強く・・・

この本はその昭和、日本の近代史を分かりやすく説明していると思います。
近代史の講義という形態をとっているため、語り口調で柔らかく
大まかな流れに沿って理解していくことができます。
歴史って流れがわからないと本当に理解が難しいのですが
そういった意味ではとても分かりやすく、秀逸な本だと思います。

歴史について教科書問題といったことや
日本は嘘は教えていないけれど(実際は都合よく変えている部分もあると思いますが)
大事なことも教えていないと私は思います。
歴史というのはその時代の強者が作るものであったり
当時と価値観も変わってきていることもあり
実際にその場で見て体験しても正確に理解できるかというと、できないものだと思いますが
やはり日本人として何があったのか、どうだったのかは理解しておくべきだと思います。
そして、その歴史から真摯に学んで、未来に活かすことも。

この本(というか著者の方?)には色々な評価があるようで
右な方からは自虐史観だとか、史実に沿っていないといった批判もあるようです。
確かに日本は本当に情けない、酷い戦争を仕掛けたという論調で進んでいきますが
私はそれに違和感はありません。
著者は戦中に生まれて、戦後を生きてきた人間として
日本の行ってきたことをそう認識したというのも事実です。
大事なのは当時の価値観との違いやその時代を過ごしてきた人がどう思い、判断しているのか
自分とは違う(としたら)考えを理解し、それも1つの考えとして尊重すべきだと私は思います。

一部のマスコミや報道、右の方による日本は悪くなかった的な論調も
かつてはそうなんだ・・・と読み漁って、戦争に負けると何でも悪くなってしまうんだなとか
東南アジアの多くの国では感謝されているのに、どうして一部の国だけ反日なんだろうとか
そう思っていた時期もありました。
でも、実際には都合の悪いことを報道していないだけで
東南アジアで日本に感謝しているのは一部の国だけですし日本が嫌いな国も結構あります。
親日だと言われている国であっても、実際に行くと結構違います。
そして「反日の国」に対して酷いことをしたのは事実でもあります。
もちろん細かい部分の認識の違いはありますが、やったことはやったこと。
見たくないものは見ずにいってしまっては未来に対して何の進展もないのではと私は思います。

あの戦争と日本人 (文春文庫)
半藤 一利
文藝春秋 (2013-07-10)
売り上げランキング: 68,440

昭和史に続いて是非読んでいただきたいなというのがこちら。
分かりやすさはそのまま、流れるようにその後の日本の様子が分かります。
人がいかに流されやすく熱狂しやすかったのかということも含めて。

この著者の幕末史も読んで見たいと思っています。

バーニング・ワイヤー

バーニング・ワイヤー
バーニング・ワイヤー

posted with amazlet at 12.10.25
ジェフリー ディーヴァー
文藝春秋
売り上げランキング: 461

待ちに待ったディーヴァーの新作です。
書店の店頭で見つけて即購入。
リンカーン・ライム・シリーズの新作なので本当に待ちに待ったという感じでした。

初期の頃に感じていた力の入り具合も良い感じに抜けてきて
以前とは少し違う感覚の面白さになったかなと感じています。
スピード感も失われてはいないのですが、円熟してきたような感じでしょうか。
やっぱり一気に読んでしまいました。(^^;

前作もそうですが、面白いのとは別に色々勉強になります。
本作は電気。勉強になりました。

007 白紙委任状

007 白紙委任状
007 白紙委任状

posted with amazlet at 12.02.17
ジェフリー・ディーヴァー
文藝春秋
売り上げランキング: 7691

久しぶりのディーヴァーの新作。
イアン・フレミング財団が”007″の執筆をディーヴァーに依頼したとのことで
今までとは少し違った印象の作品になっています。

映画は見ていないので比べることはしませんが
かなり面白く読み進めることができました。
普通に面白いです。

ただし、今までのディーヴァーの作品に比べると抑えめというか
何か物足りなさ、スピード感が控えめというか・・・違和感を覚えてしまいます。

普通に面白かったんですが、ちょっと物足りなかったんですね。私。(^^;

15のわけあり小説

15のわけあり小説 (新潮文庫)
ジェフリー アーチャー
新潮社
売り上げランキング: 13229

ジェフリー・アーチャーの短篇集です。
いつもの出版パターンに沿った、安心して読める本で
相変わらずちょっと皮肉で面白いです。

短編小説は苦手だったのですが、最近は気にならなくなってきました。
小説が面白くなったのか、自分が変わったのか・・・?(^^;

遥かなる未踏峰

遥かなる未踏峰〈上〉 (新潮文庫)
ジェフリー アーチャー
新潮社
売り上げランキング: 157222
遥かなる未踏峰〈下〉 (新潮文庫)
ジェフリー アーチャー
新潮社
売り上げランキング: 132906

久しぶりのジェフリー・アーチャーの歴史小説です。
長く翻訳してくださっていた永井淳さんから戸田裕之さんに変わって
違和感はまだあるものの、結構読みやすく翻訳されていたと思います。
実際、やりにくいと思うんですよね・・・
永井さんが本当に長く、作者と息のあった翻訳されていたので。

生涯をかけてエベレスト登頂にかけたイギリスの登山家
ジョージ・マロリーを題材にした歴史小説です。
史実にかなり基づいているので誤解しそうですがフィクションです。
ですので実際はエベレスト登頂を3回挑戦しているのですが
小説では2回になっています。

そんなに登山に興味はないですし(むしろ高所恐怖症なのでもうやりません・・・)
ジョージ・マロリーも名前程度しか認識がなかったのですが
この小説を読んですっかりはまってしまい、実は2回も読み返してしまいました。

小説でも史実でもジョージ・マロリーがエベレスト登頂できたかどうかは今もまだ不明です。
そこが切なくて惹かれる要因でもあるのですが、いや・・・切ないですね。
妻との手紙のやり取りの描写などは本当に切なくなります。

山の描写が少ないなどの批判も少なからずあるようですが
私は面白かったですし、全く気にならなかったです。
むしろ、ネットでエベレストの写真を調べてたりして楽しみました。
お勧めです。

TOP

INFORMATION

読んだ本についての勝手な書評です。
ジャンルはあまり問わずに色々読んでいます。どちらかというと外国人著者の方が好きだったりします。
"technical books"は本職のIT関係本です。