カテゴリー : technical books

Zabbix統合監視「実践」入門

仕事上、ZABBIXを使用する必要がでてきたため購入しました。

公開されているマニュアルを確認すれば済む内容ではありますが
やはり一度に効率よく確認することができるのは書籍です。
あまり時間をかけられない状態でしたので助かりました。(^^
ざっと書籍を確認して何が出来て何が出来無いのかが判断できるので
それによって顧客への提案内容を判断できますし。

結構、ZABBIXって便利です。
多機能というか、多機能過ぎる位なので使いこなすには時間を要しそうですが
この本があれば基本的な使い方はカバーできますので
色々と試してみたいと思います。

クラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術まで

クラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術まで
日経BP社出版局
日経BP社
売り上げランキング: 53984

何だか誰もが魔法の言葉の様に使いだした「クラウド」・・・
ごくごく基本的な知識はあったものの
何でそんなに騒がれるのかまではちっとも分からない状態だったので
まずはどんなものか理解するためにと思い、読みました。

クラウドに関する基本的な知識から
実際にいくつかのベンダー環境の利用方法など
大まかな知識と流れは理解する事ができます。
クラウドの輪郭をつかむという点では丁度良い本でした。

でも、それ以上ではないかな・・・(^^;

SQL Server 2008の教科書―基礎から実践まで学べる

SQL Server 2008の教科書―基礎から実践まで学べる
松本 美穂 松本 崇博
ソシム
売り上げランキング: 12046

初心者向けの書籍ではありますが、かなりお勧めです。

そろそろ、周囲のシステムもSQL Server 2008に変わろうかなという感じで
改めていじくる機会が増えてきたのですが、
2000など以前のバージョンからの変わりように苦戦しています。
知っていれば5分で終わりそうなことなのですが、あれって2008だとドコ?状態で・・・(^^;
それらの解決になるかと思って購入したのですが、
実際にはその目的にはさほど活躍せずに今に至っています。

では、何がお勧めなのかというと
かなりの頻度で登場するコラムとヒントの内容が非常に勉強になります。
クエリやユーザ定義関数のパフォーマンス、トランザクションおよびロック、正規化など
かなりマニアックですが分かりやすく解説されています。
また、過去のSQL ServerのバージョンやOracleとの比較も詳しく説明されています。
初心者からベテランまで使える感じです。

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン
トム・デマルコ
ピーター・フルシュカ
ティム・リスター
スティーブ・マクメナミン
ジェームズ・ロバートソン
スザンヌ・ロバートソン
日経BP社
売り上げランキング: 15637

ardbegさま、お勧めの本です。

プロジェクトにおいてよく(?)発生するパターンを、その解決策と共に紹介しています。
日本でもよく見かける状況(パターン)の上に、ユーモアのある文章が面白いです。
疲れていたのに、あっという間に読んでしまいました。

技術力さえあればと勘違いしてしまう方も多いと思うのですが
余程高度なスキルを要求するようなプロジェクトでもない限り、
やっぱり必要なのは人間力といったところでしょうか?

IT関連のプロジェクトチーム以外にも、組織に属している方にはお勧めできる本だと思います。

しかし、こういった書籍が後を絶たないのは
いかにこの手の問題が多く、深刻なのかという事ですよね・・・(^^;
この本を是非とも読んでいただきたい。と思った方も何人か。
差し上げる程親切ではなかったので、そのままですが。(笑

インサイドWindows Communication Foundation

インサイドWindows Communication Foundation (マイクロソフト公式解説書 Microsoft Visual Studio 2008)
Justin Smith(ジャスティン スミス)
日経BPソフトプレス
売り上げランキング: 185444

WCFを使っている際に、どうやっても解決できない問題が発生。
MSDNを確認しても、日本語版、英語版ともに微妙な言い回しになっているし
時間はもう残されていないし・・・で買うに至った本です。(^^;

WCFの使い方というよりは、WCFってどうやって構成されているの?という内容です。
まさに調べるのには良い内容ですが、
使い方を求めている人には若干遠回りな印象は否めません。
きちんと理解したいという方にはお薦めです。
WCF関連和書の中では、いちばんしっかり書かれていると思います。

・・・結局、この本を購入するにいたった問題は
調べた結果、MSのバグという事で落ち着きました。(^^;;;
時間を返せ。

エッセンシャルWCF:Windows Communication Foundation

エッセンシャルWCF:Windows Communication Foundation (Programmer’s Selection―Microsoft .net Development Series)
Steve Resnick Richard Crane Chris Bowen
翔泳社
売り上げランキング: 345604

これからはじめるWCFプログラミングが初心者向けに対して
こちらはもう少し突っ込んだ内容になっています。
ソリューションの作り方などといった、そんなの知ってるよ的な内容が無い分
ある意味ではストレスが軽減されております。(^^;
初心者以外はこちらの本が良さそうです。

実際に業務でプロトタイプ作成とかコーディングといった段階で役に立っている様で
コーディングをお願いしている方に貸した所、全然帰ってきません・・・
使っているという事なのだと思います。(^^;

これからはじめるWCFプログラミング

これからはじめるWCFプログラミング
鄭 立 小森谷 良明 加藤 誠司 飯田 洋介
秀和システム
売り上げランキング: 95387

仕事でWCFを利用する事になり、時間節約の為に購入。
(Win系の技術本は購入する気がなかったのですが・・・)

初めてWCFを使う人には分かりやすい内容になっています。
最初のソリューションの作り方からWeb.configの設定方法、
もちろん実際の書き方など、基本的な事であれば、この本だけで十分だと思います。
また、利用するBindingの説明なども簡単ではありますが、されているので
設計時のBindingの選択などにも役立ちました。

但し、本当に基本的な内容ですので、
実際に業務でリリースも踏まえて構成を考えていくには
この本1冊で大丈夫とはいきません。
それと、ちょっと手の込んだ(というか標準設定外)事をしようとするには
MSDNとにらめっこする必要があります。
また、MSDNが結構微妙な書き方だったりするので振り回されたりするんですけど。(^^;
設計時というか技術選択時には、
そのあたりを注意して色々な情報を探された方がいいとは思います。

初めてWCFを触れるには良書です。
WCFの基本的な部分を理解する事ができます。
ある程度の基本的な技術知識を持っている方であれば全てを読む必要もないですが
(MSDNのチュートリアルで十分な気もします)
時間節約という意味と、中級者未満な方には親切な内容だと思います。

TOP

INFORMATION

読んだ本についての勝手な書評です。
ジャンルはあまり問わずに色々読んでいます。どちらかというと外国人著者の方が好きだったりします。
"technical books"は本職のIT関係本です。