カテゴリー : Ethnic

Lemon Chicken Tajine

Lemon Chicken Tajine

昨年の12月。旅行前の冷蔵庫食材整理としてタジン鍋を引っ張り出してきました。
タジンにすると冷蔵庫の野菜を色々使えるので半端な野菜の処分ができます。
Staubのタジン鍋なので底の部分は鉄製です。
おかげで鶏肉を皮目から入れておくと皮の部分がパリパリになって美味しいです。
これは底が鉄製じゃないとできないですね・・・
(本当のタジン鍋は全て陶器で出来てるのですが;)

このレモンチキンタジン、夫が相当に気に入っているようで
一度作ると暫くの間、また食べたいと繰り返される位です。
確かにさっぱりしているのに、
底にひいたジャガイモがチキンの旨みを吸ってホクホクになってます。
簡単なのに美味しいんですね。これ。

そういえば少し前に(今も?)タジン鍋が随分流行っていたみたいで
至る所で販売されているのを見て、時代は変わったなぁなんて思っていたのですが
そのおかげで色々なタジン鍋のレシピ本が販売されるようになっていました。
とはいえ、本場のレシピはかなり少なくて日本風アレンジされているのは残念。
無水調理がしたいだけならタジン鍋である必要はない気がするのですが・・・(^^;
多分、無水鍋とか普通のStaubココットとかの方がアレンジが効くと思います。
むしろ無駄にスペースを取るので・・・
本場のレシピがもっと紹介されるようになってくれると嬉しいですね〜・・・

それにしてもマイナーチェンジ後のStaubから出てるタジン鍋の方が使いやすそうですね。
ウチの形だと蓋の部分が非常に持ちにくいです・・・(-_-;

新加坡肉骨茶

新加坡肉骨茶
新加坡肉骨茶

実は私が作ったのではなく、夫が作りました。(^^;

シンガポールからの出張から帰って来た夫が
お土産にとスパイスと肉骨茶の素?を買って来て、作ってくれました。

新加坡肉骨茶はシンガポールバクテーと読みます。
新加坡がシンガポール、肉骨茶がバクテーです。

骨付きの豚肉(スペアリブ)を色々なスパイスで煮込み、醤油で味付けしたもので
意外にさっぱりしています。
香りはThe薬膳といった感じで、
強いのも相まって苦手な人とそうではない人とが
はっきり分かれそうな感じがします。
(私は結構好きな香りでした)

肉骨茶の素を使うせいか簡単に作れて美味しいので
かなりお気に入りになりました。
どうもありがとう。(^-^

蔘鷄湯

蔘鷄湯

昨年末、御節料理以外では最後に作った料理らしい料理と言えば蔘鷄湯(サムゲタン)でした。

会社帰りに大久保の韓国食材店で入手した高麗人参、ファンギ、ナツメなどの漢方食材と
ひな鶏、もち米、ニンニクなどを使って煮込みました。

実際に作ってみると時間はかかりますが簡単なものなんですね。
(あとは材料の入手が大久保などに行かないと困難というところでしょうか?)

韓国のレシピで作ったので、かなり本格的でした。
驚いたのは塩味すらつけないんですね。
食べる際に各自、用意された塩胡椒で味を好きにつけて頂くそうです。

想像以上に本格的に、美味しくできました。

これで2008年に作った(お見せ出来る様な)料理は全てです。
忙しかった割には結構作ったものですね。
一気に眺めると、なかなか壮観です。(笑
#エントリにしていないのもあります。写真のみで。

2008 my home cooking

こうやって2008年を振り返ると、
色々なものを、どんどん自作する様になって外食が減ってきてるのが分かります。
いくつかの料理は外食するよりも、自分で作った方が美味しいし安上がりなんですよね。
中には「これでお金取るの?」という料理屋さんもあったりしたし・・・(^^;

また今年も元気に美味しいものを作れる、食べられる様に頑張ります。(^-^

グリーンカレー

グリーンカレー

大久保に行く用事があったのでタイ食材屋さんまで行ってきました。
フレッシュの材料が手に入ったら作りたくなるのがグリーンカレー。

インスタント?のグリーンカレーペーストを使うよりも
国内のちょっとしたタイレストランよりも
自分で作った方が本当に美味しいです。(^^

何度か作っているおかげか、かなり手順にも慣れてきました。
まだ課題は残りますが、味は大満足です。

自家製グリーンカレーとトム・ヤム・ガイ

自家製グリーンカレーとトム・ヤム・ガイ

会社の用事で大久保へ行く機会がありました。
と、タイ食材専門のスーパーを発見。
嬉しくなってバイマックルー、カー、タカイ、ホムデンなどを買い込み、
その近所にある勧告食材店で生の青唐辛子などを買い込んで
早速自家製グリーンカレーに挑戦しました。

まずはグリーンカレーペースト。
普段は市販のものを使うのですが、どうも味が気に食わないのもあって
一度自作してみたかったモノの1つです。
レシピを調べてみると色々なバリエーションがあるのですが
このあたりは適当に解釈してみました。

グリーンカレーペースト

入っているのは

生青唐辛子 20本
ニンニク 2片
カー(タイの生姜) 適量
タカイ(レモングラス) 適量
ホムデン(タイの玉ねぎ) 4個
ナンプラー 適量
海塩 適量
クミン 適量
コリアンダー 適量
胡椒 適量

です。

これをバーミックスのミンサーでペーストにするだけ。
(ミキサーでいいかと)

途中で香りがくしゃみと涙を誘いますが(唐辛子・・・)
何とか頑張ってペーストを作成。(笑
基本的には材料を器に入れてバーミックスでペーストにするだけなので簡単。

その後のグリーンカレーの作り方は世界のカレー料理を参考にしました。

レシピではグリーンカレーペースト 大さじ3とかあったのですが
辛さが足りなくて結局作ったペーストを全部使用・・・(^^;
#大匙どころかカップ1位はありそう;

マクアポー(タイ茄子)、鶏肉、タケノコを入れて作成。

残った材料でお気に入りのトム・ヤム・ガイも作りました。

一般的なタイレストランのグリーンカレーより美味しかったです。
まさかこんなに美味しく出来るとは・・・驚いたというのが正直な所で
これだったら食べに行くよりも、ペーストを購入するよりも
自分ではじめから作った方がはるかに安くて美味しいです。

・・・

正直、ぶっちゃけ、自分が天才かと思う位においしかった。(^^ヾ

ちなみに、これらの材料。
大久保界隈では心配になる位、安かったです。(^^;
また買出しに行こうと思います♪

Phở

Phở

これも私が作ったのではなく、夫が作ってくれました。

ベトナムに出張へ行ったので、味を覚えてきた様です。
材料は駅前のスーパーで全部揃ったとかで
(ちょっと驚きました;)
十分ちゃんとしたベトナム料理。

身体に優しい味でいいですね。
足を負傷しているのもあって
家でベトナム料理が楽しめるのは嬉しいですね。(^-^

スペアリブ

スペアリブ

実は私が作ったのではありません。
夫が作りました。

足を負傷した私を気遣ってくれて作ってくれたのですが
これが美味しくて驚いたのと
作り方が簡単でもっと驚いた一品です。

なんとモラン○ボンの焼肉のタレに漬け込んだスペアリブを
オーブンでじっくりこんがり焼いただけというシロモノ。

こういうのも物凄く美味しいんですよね。(^-^