9月 172015
 

江蘇省の茶業さんAの宜兴红茶(宜興紅茶)です。
2015年の5月に作られたもので、ようやく落ち着いてきました。

以前に宜興紅茶をエントリした際にも触れていますが
紫砂茶壺で有名な江蘇省の宜兴(宜興)太湖周辺の山間で作られています。
別名を羡红茶とも呼ばれ、地元の人たちを中心に親しまれている紅茶です。
この地域は珍しく緑茶よりもこの紅茶を楽しむ習慣があります。
もちろん緑茶も作っているのですけど。

宜红(宜紅)と略して呼びたくなってしまいますが
こちらは湖北省宜昌の紅茶を意味しています。

細い縒りの黒褐色が美しい茶葉です。
金毫も多く、バランスよく刺し色が入っています。
大きさはまず均一、甘い花香が感じられます。
嫩度も外観からは高そうな感じを受けます。


鑑定杯使用

赤褐色の透明な水色です。亮度も高く出ています。
香りは高く甘い花果香が綺麗に出ています。
味わいは素直で深みのある優しい甘さと
その奥に微かではあるけれど滋味に繋がるような心地よい収斂味があります。
といっても鑑定杯を使用して分かるような微かさです。
苦みや「渋み」、雑味というものは感じられず
自然に美味しいといった感じの素直なバランスに仕上がっています。


蓋碗使用

磨き上げた銅のように美しい水色です。
透明度、亮度共に文句なく素晴らしいレベルです。
香りは優しい花果香で、主張するような感じでもなく
自然な感じで心地よく感じられます。
それに対応するように味わいも優しい甘さと奥行のある滋味が
素直に、でもしっかりとあって、身体になじむような美味しさとでも言う感じです。
ここ最近、主張するような強さのある紅茶が多い中
こういった肩の力が抜けた自然体で楽しめる紅茶は貴重かもしれないなぁと
改めて思ってしまいました。
宜興の人たちに愛されているのが分かります。

煎持ちも良く、ゆるゆると終わりに近づいていく感じです。
ちゃんと丁寧に作られているなぁと感心するほど。

艶やかで繊細な葉底です。
茶葉の砕けもなく、嫩度も高いのが分かります。
柔らかく弾力も十分。大きさもやっぱり揃っていますね。

自然に飲み続けられるというお茶って実はなかなか難しいと思うのですが
まさにこの紅茶は力を入れずに普通に、そして十分すぎるほど美味しいと思います。
こういうお茶って実は意外と難しいですね。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:08 PM
6月 172015
 

古法九曲红梅

陈和震(陳和震)老師の古法九曲红梅です。
私の中国での親友茶商の師匠で、九曲紅梅の茶師さんではとても有名な方です。
他の茶師さんによる九曲紅梅も色々試していた時期もあったのですが
今はやっぱり老師のものが一番美味しく、すっかり固定してしまいました。(^^;

もう70歳を超えた陈和震老師ですが、まだまだお元気。
先日の杭州訪問でお会いしましたが、現役でバリバリに製茶されていました。
そしてまた製茶に関して非常に厳しいのも現役という。(笑
老師のところには連日、近くの茶業さんたちが製茶の相談に来ていたりします。
本当に先生なんですね。

基本的に品種の定めのない九曲紅梅ですが
老師は在来の鸠坑小叶种(鳩坑小葉種)にこだわります。
しかも有性繁殖の茶樹にもこだわりがあるという・・・
杭州市内から片道4時間はかかる山中で栽培したものしか使わず
基本的に全行程は手作業で行い、製茶機械は最低限しか使用しません。
昔からの作り方にこだわっています。
これ、実際に実践するのは本当に大変なんですよね。

先日の訪問時はまだ製茶まっさかりの状態で
お忙しい中、時間を作って色々と見せていただいたのですが
(しかもたくさんご馳走までしていただきました(笑))
中でもこのロットが一番良いからと渡してくれたお茶がこの九曲紅梅です。
老師は私が評茶をするのを知っているので評茶しろということだったらしいのですが
勿体なくてできません。(^^;;

黒褐色が艶やかで金毫が光っているように混ざっている茶葉です。
とても艶やかで、「黒々」という言葉が浮かぶような美しさがあります。
縒りは細く、大きさも程よく小さ目で均一。
砕けなどは確認できません。(気を使って持って帰ってきました;)
深みのある甘い花香が素晴らしい茶葉です。

古法九曲红梅
蓋碗使用

褐色の美しい水色です。透明度、亮度共に非常に高いです。
香りは見事な甘い花香、遅れてオレンジのような柑橘系の果物の香りも感じます。
味わいは深く優しくて分厚い甘味。茶樹の力を感じるようなミネラル感。
非常に複雑で奥行のある味わいが、見事なバランスでまとまっています。
ちょっと鳥肌が立つような美味しさ。凄い。
上質な果物の果汁を集めた様な、でもそんな単純でもないなぁと
一体これは何に例えたら伝わるだろう?と悩む位に凄いです。
鑑定杯、使わなくてよかった。(笑

煎持ちも良く、2~3煎目が一番味わいが深くなって美味。
その後も緩々と続く様な感じで、良いお茶だなぁとしみじみ。
凄いお茶です。

古法九曲红梅

鳥肌が立つほどに美味しいお茶の葉底はやっぱりそうかと思う様な感じでした。
ここまで弾力のある葉底は初めてという位にフカフカの葉底です。
茶葉の大きさも均一、砕けもありません。
艶やかで実に美しい。
龙井老陈の名前通りに素晴らしいお茶でした。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:06 PM
5月 202015
 

正山小種 無焙煎

福建の茶業さんEの正山小种(正山小種)です。
いつもお世話になっているC老師からご紹介いただきました。感謝。(^^

無焙煎とあるのは、正山小種にある松の枝を使った焙煎を行っていないことから。
というのもC老師が焙煎香が好きじゃないために
特別に言って作らせたんだそうです・・・(^^;

桐木の保護地区内ですが、比較的標高の低い場所のもので
(といっても一般的な正山小種は保護地区外が殆どなので、全体からしたら標高は高めです)
2015年3月28日の摘み取りになります。

黒褐色の艶やかな茶葉を基調に金毫が多く見られます。
茶葉は小さ目の細い縒りで大きさも均一。砕けは確認できません。
非常に美しい茶葉で、その細やかさからも明前茶の嫩度を持っているのが分かります。
たまに無焙煎の正山小種は見かけますが、茶葉の繊細さというか嫩度というか
外観だけでも茶葉の美しさは群を抜いています。凄い。
通常の焙煎を行った正山小種と比べても、かなり素晴らしいと思います。

正山小種 無焙煎
鑑定杯使用

褐色の綺麗な水色です。亮度、透明度共に非常に高く出ています。
香りは綺麗な花香と飴を連想する蜜香。
味わいは爽やかで柔らかい甘味に滋味というような旨味がしっかり。
ミネラル感も感じられ、非常に上品。
これは相当良いお茶だなぁと思わせるような完成度の違いを感じます。

正山小種 無焙煎
蓋碗使用

銅色の美しい水色です。透明度、亮度が非常に高く出ています。
清らかで上品な甘い花香と
バランスの良い甘味とミネラル感がしっかりと感じられて
本当に品の良い上質な紅茶と感心するほど。
無焙煎の正山小種だからというよりは、上質な中国紅茶という感じ。
この清らかさはなかなか出会えないように思います。

正山小種 無焙煎

褐色の葉底です。
驚くほどに細かい芽で構成されています。大きさも均一。
細かいながらも柔らかく弾力があります。
砕けもなく、改めて凄さが分かるような見事な葉底です。
流石、老師。(^^

実際、このレベルの無焙煎で作られた武夷紅茶は金駿眉として販売されると思います。(^^;
正直に言えば流通している「金駿眉」の殆どがこのレベル以下だと思いますが・・・
金駿眉とは製法が若干違うので、本物の金駿眉と比べると味わいが違うのですが
プロの茶商(中国でも)でも本当の金駿眉を飲んだことのある人は少ないですし
分からないというのが正直なところだと思います。
これをちゃんと正山小種として紹介する老師に対しても改めて尊敬です。
やっぱり大学系の方だけあって教育的な人なんですね。(笑

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:36 PM
5月 182015
 

明前 四川玖瑰紅茶 2015

メーカーさんEのの玫瑰红茶です。
通常は夏に作られる四川高山紅茶の明前版で
バラの原種、ハマナスの花(玖瑰)のような香りを持つことから
この名前が付けられています。
実際に花を混ぜているということはありません。

2015年3月28日の摘み取りのロットです。

黒褐色の茶葉をベースに金毫が多くみられます。
艶やかで金毫の多さからも嫩度の高さが分かります。
強い縒りで大きさは均一、砕けも殆ど確認できません。
甘い花の香りがあります。

明前 四川玖瑰紅茶 2015
鑑定杯使用

赤褐色の透明度の高い水色です。亮度も非常に高く出ています。
香りは驚くほどに玖瑰。持久性もかなりあります。
人工的に香りを付けたのでは?と思うほどに綺麗な玖瑰香が出ています。
昨年のものよりもずっと香る出来上がりで、ちょっと鳥肌が立つほどに凄い。
味わいは爽やかな甘味をベースに心地よい渋みが微かに感じられて
深みのある味わいに仕上がっています。見事。
今年のこの作り手さんのお茶は本当に出来が良いです。段違い。

明前 四川玖瑰紅茶 2015
蓋碗使用

ルビーのような透明度の高い水色です。亮度も十分。
鑑定杯と同じく見事な玖瑰香。凄いですね。
天然の茶葉の香りだけで、ここまで花香を引き出せるとは。
味わいも甘くバランスの良い旨味が根底にあり、
普通に淹れる分には渋みも柔らかい滋味に変化しています。
煎持ちも良く、見事の一言。
色々と製茶機械ごと試行錯誤で自作していたようなので
昨年までとは少し製法を変えているのかもしれません。
その位に今年の出来上がりは凄いと思います。(^^

明前 四川玖瑰紅茶 2015

褐色の芯で構成された葉底です。
基本的に芯のみで嫩度はかなり高いのが分かります。
小葉種の芯のみを使って、ここまで香り高く、味わい深い紅茶を作れるという
社長の製茶技術に感心するような、凄い葉底です。
柔らかさも弾力も十分。砕けもなく均一です。

この社長(というか老板=中小企業の社長さん的な感じ)は本当に研究熱心で
寝ても覚めても製茶について考えているような人なのですが
そういった日々の努力がこうしたお茶に表れてくるのだなと感心しました。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:14 PM
11月 082014
 

祁红工夫

祁門紅茶場Bの祁红工夫、祁門紅茶です。
サンプルとしていただきました。
品種は祁門槠叶种(祁門櫧葉種)で2級とのこと。

最近は少しずつではありますが、祁門櫧葉種が増えてきているような感じです。
やっぱり雲南大葉種などの方が甘く美味しい紅茶を作りやすいようで
以前は祁門櫧葉種というと少数派だったように感じていたのですが
最近はブランド化を意識しているのか
伝統的品種である祁門櫧葉種をあえて使うケースが増えているような感じがします。

祁門らしい細やかな茶葉です。
黒褐色のマットな茶葉に時折金毫が確認できます。
茶葉の大きさは概ね均一。
きちんと祁門ならではの揉捻が施されている茶葉です。

祁红工夫
鑑定杯使用

濃い赤褐色の水色です。
透明度も亮度も非常に高く出ています。
香りは見事な祁門香。リンゴの香りをベースに花香も感じられます。
良くありがちなスモーキーさもなく、非常に高く綺麗です。
味わいはしっかりと落ち着いた甘味、心地よい酸味と収斂味があります。
バランスが良い感じで、これで二級というのはもったいないというか
このメーカーさんの基準ってかなりしっかり厳しいんだなぁと思います。
私の知っている某メーカーさん(取引はしていません)だったら特一位は余裕で付けそうな。(笑

祁红工夫
蓋碗使用

赤褐色の美しい水色です。
透明度も亮度も十分すぎる位に出ています。
香りは変わらず見事な祁門香。かなり良いと思います。
しっかりとした滋味に爽やかな甘味と酸味、回甘の強さといい
かなり日本人好みな紅茶に仕上がっていると思います。
中国人的な好みで言うと、もっと繊細な味わいを求められるのですが
そのあたりが二級にされている所以かも。
とはいえ、他のメーカーさんより全然厳しいんじゃないかな。ここ。

滋味がしっかりしているお茶ということもあって
じっくり、ゆっくり飲みたくなるような感じに仕上がっています。
これは今年の祁門ですが、もう1年熟成させておきたいですね。(^^

祁红工夫

綺麗に揉切された葉底です。
見事という位に大きさが均一、篩分けがちゃんとされているんですね~
おそらく機械揉捻とは思いますが、細かさといい本当に二級?と言いたくなるような茶葉で
葉の1つ1つを見ても肉厚ですし、弾力もしっかりあります。

祁門というのはある意味スタンダードで派手さの無い紅茶ではあるのですが
その分、ちゃんと美味しいというのがとても難しい紅茶でもあります。
本当に美味しい祁門は毎日飲みたくなるような味わいの深さを持つのですが
最近はそういった祁門になかなか出会わなくなりました。
そういった意味でこの祁門はちょっと驚くほどによくできています。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 3:58 PM
11月 012014
 

沖縄県産紅茶

国内のメーカーさんBの紅茶です。
沖縄県産の紅茶になります。

艶やかな黒褐色の茶葉です。
金毫が予想以上に多く、黒褐色に綺麗に生えています。
リーフタイプの紅茶で茶葉の大きさは概ね均一で
砕けも殆ど無いような外観です。
とても美しい茶葉で塩気を感じるような香りがします。
面白いですね。

沖縄県産紅茶
鑑定杯使用

褐色の透明度の高い水色です。
亮度も非常に良く出ています。
香りは高く綺麗な花果香。驚くほどに綺麗に出ています。
次第に清涼感を伴うように変化してきて、持久性も高いです。
味わいは甘味、しっかりとした滋味、微かな苦み。
といっても苦みは嫌な感じではなく、奥行を出すような好ましいもの。
茶樹の旨味がしっかりと感じられる独特のミネラル感があります。
ただし、微かに青っぽいニュアンスも。
このあたりは発酵不足なのか、好みなのかが微妙です。
その位に微かにしか感じませんが・・・

沖縄県産紅茶
蓋碗使用

銅色の美しい水色です。
透明度、亮度共に高く良く出ています。
香りは控えめながら綺麗な花果香。
味わいも甘さ、独特の滋味・ミネラル感と複雑な感じで
バランスよく、とても美味しいです。
私自身が好きではないこともあって青っぽさが気になります。
おそらく普通には気が付かない程度なのですが
うーん、ちょっと感じるんですよね。わざとかなぁ?

蓋碗で中国式で淹れていますが、とても美味しい紅茶です。
煎持ちも良く、十分。
正直、日本でもここまで作れるようになったんだなぁと感心するほど。

沖縄県産紅茶

非常に美しい葉底です。
砕けもなく、大きさも均一。見事という様な葉底です。
しっかり揉捻も行われているようで、それでいて砕けも破損もなく
技術の高さがうかがえます。
青っぽさの原因は一部の葉の発酵度合が低いことでしょうか?
殆ど紅茶レベルまで発酵してはいるのですが
ちょっと足りない(と、私なら思ってしまう)ところで止まっている葉があります。
これはあえてそうしているのか判断できないですね。
その位に素晴らしい完成度ではあります。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 6:01 PM
10月 042014
 

福建の茶業さんCの政和工夫野生红茶です。
白茶と紅茶を作っている茶業さんで、無農薬・無肥料の茶園を運営しています。
4月に茶業さんを訪問した際に譲っていただいたもので、
まだ今年のものはなく、これは2013年の5月に摘み取り、製茶されたものです。
茶業さんが自家用に保管していた最後の半斤(250g)を奪い取るように譲っていただきました。(笑

野生紅茶とあるのは茶業さんの説明。
無農薬・無肥料、基本的にメンテナンスを行わない茶園なので
野生茶としているのだと思いますが
日本語で言うところの野生茶じゃないと思っています。
現在、中国では空前の(笑)野生茶ブームなので流行り言葉的な感覚であって
日本で言うような野生茶は殆どありません。
っていうか流通できるほど量がありません・・・というお約束です。(^^;

それでも無農薬・無肥料というだけでも実は本当に大変なことで
生産量は激減しますし、手間もかかります。
当然ながら価格もそれだけ上がりますが、
ここはちゃんと正当な対価をお支払したいところです。
ということで、当初想定していたよりも、ずっとぐっと高価でした・・・orz

ちなみに中国や台湾でお茶を買う際に値切る方が結構いらっしゃいますが
意外と損してしまっているよねぇといつも思って見ていたりします。
ガイドブックなどを見ると(最近見てないけど;)中国では値切るのが基本!なんてありますが
意外とそんな場面って無いんですよね。
はじめからぼったくりな価格設定になっている観光地のお土産屋さん位しか値切る場所が無いような;
ちなみにお茶関係で値切ってみて、まるでお土産屋さんのように価格が下がるような場合は
そのお店は信頼できないものとして試飲代程度に購入を控えるのが無難です。
(試飲しておいて何も買わないのはマナー違反。最低限何かは購入してあげましょう。)
真面目にやっている茶商さんほど真摯な価格設定をしているので
値下げ交渉に応じられない場合が殆どです。
できるとしたら大量に20キロ買うからとか、これも、あれも買うからという条件があって
これだけ買ってくれるのなら・・・と少し値引きしてくれるというのが普通です。
それか同じお店に通うこと。顔を覚えてくれていて、好印象であれば安くしてくれたりします。

価格は引けないけど、これはオマケのお茶ですよとプレゼントしてくれるとか
(しかも単位は日本では考えられない50g単位とかだったりする;)
茶業さん兼茶商さんだったりすると特に現地情報やお茶についての知識などを教えてくれたり
(知識とか情報というものは、本来、とても高価なものです)
本来だったらそういったお付き合いができた筈が
変に値切ることで印象が悪くなってしまって、本当はもっとお値打ち品があったり
良いものがあったりしても教えてもらえなくなったりするんですね。
やっぱり茶商さんも茶業さんも人間ですから・・・
まともな商売をしている茶商さんかどうかの踏み絵に値切ってみるというのはアリですけどね。(^^;
#その場合は必要以上に深追いしないように価格交渉してみます。

黒褐色の縒りのきつい、艶やかな茶葉です。
金毫がちらほらと混じっていて、嫩度は高そうです。
峰苗も確認できます。
大きさも比較的均一。砕けも殆ど無いようです。

高価なものなので鑑定杯は使用していません。

銅色の綺麗な水色です。透明度、亮度が高く美しい茶水に出ています。
香りは落ち着きのある花香。高さはそれほどでもありません。
茶樹品種を尋ねた際に政和大白茶種でもなく、在来の名前の無い品種だと言っていましたが
確かにこの香りの低さは在来種なのかも。
無農薬・無肥料の野生茶と呼ばれるもの(本物で。ですが)には
往々にして香りが改良種のように高く出ない場合があります。
というか、印象としては香りは弱いものが多いような・・・

味わいはぐっと深みのある甘味、爽やかな柔らかい酸味をベースに
何とも言えない複雑なミネラル感がしっかりあって凄いです。
バランスが良いのですが、ミネラル感の複雑さが後を引く感じで
口に含んだ際にはそうでもないのですが
飲み込んだ後の戻り、余韻が見事です。いいお茶ですね。

煎を進めていくと花香が上がってきます。
1煎目よりも2煎目の方が香りがたってくるという。
清らかな品のある花香が素敵です。
味わいもぐっと深みを増してくるような感じで
これが4煎まで続きます。

煎持ちは結構良い方で、紅茶にも関わらず10煎あたりでもう無理かなという位。
(私の淹れ方で。ですが)
やっぱり良い紅茶というのは最終的なCPは良いなぁと実感。

やっぱり綺麗だなと納得できる葉底です。
嫩度が高くて細やか。それでいて力強さもあり、柔らかさと弾力もしっかり。
肉厚さも程よい感じで、丁寧に製茶しているなぁと納得。
かなり煎を重ねた筈なのに葉底から玖瑰香が出ているのも驚きです。

上質な紅茶は年数を置いて後熟成していくと、旨味や甘味に深みが増すので
もうかなり量は少ないですが(半分ほど日本の老師に差し上げてしまいまして;)
少し時間をかけて保管していこうと思います。
変化もまた楽しみな紅茶です。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 8:21 AM