9月 232014
 

広東省のメーカーさんBの特级 英红九号です。
英徳紅茶をお探しするご依頼をいただいた際に集めたものの中の1つで
先にエントリしている英徳紅茶のメーカーさんとは違うところのものです。
2014年3月の摘み取りです。

黒褐色の艶のある茶葉に金毫が混じっています。
大きさは中程度で均一。砕けも殆ど確認できません。
爽やかな花香が微かに感じられます。

中国で鑑定杯を使用して確認しているのですが
持ち帰ってきたサンプルが少量のため、日本では鑑定杯を使用していません。


蓋碗使用

赤褐色の水色です。透明度、亮度共に十分に高いです。
香りは薬香を感じさせます。遅れて微かな花香。
味わいは柔らかい甘味と渋み、こっくりとした滋味が感じられます。
果汁のような優しい酸味も感じられます。
十分に美味しい紅茶ではありますが、何となく物足りなさも。
味わいの奥行が気持ち浅いんですね・・・
それとこの薬香が結構強くて気になります。(^^;

英徳紅茶はその殆どが欧州輸出向けであったということもあって
お茶の品質としてはあまり評価されてこなかったお茶なんですね。
硬水の地域が多い上にミルクや砂糖を入れて楽しむ用のお茶は決して品質が良い必要はなく
良く言えば基準が違う、正直に言ってしまえば品質の悪いもので十分。
そういった背景もあって、英徳紅茶に関しては製茶技術の改善というものから
近年までは遠ざかっていた印象があります。

ちょっと話は逸れますが、欧州向けのお茶の品質が良いものではないということには
考え方の違いが大きいとも思っています。
もちろん、楽しみ方が違う、水が違うということもありますが
概して欧州のバイヤーさんたちはお茶にも工業製品的な品質を求めるように思います。
つまり、どんなに不作の年でも安定して供給できるであろうレベルのものを希望します。
逆に日本やアジアでは一期一会ではありませんが、今年は良かった・悪かったというのを
楽しむというベースがあるので、このあたりの考え方は全く違います。
自然と戦う西洋文化と自然を受け入れる東洋文化の差でしょうか。

と、まぁこうして技術改善やブランド化といったものから取り残されてしまった感のある
英徳紅茶の状況だったのですが、ここ近年はごくわずかではありますが
ブランド化を目指そうとか国内流通を視野に入れたメーカーさんも増えてきて
かなり向上してきたなぁというのが正直な感想です。
先に紹介した金毫の英徳紅茶などは驚くほど高い品質ですし。
ただし、全てのメーカーさんがそうかというと、やっぱりまだまだな地域ではある訳で
このお茶も特級と言っていますが、普通だったら1級レベルですね・・・
どうも英徳紅茶のメーカーさんは級付が甘いところが多いです。

ちなみにご存知の方には当たり前のことですが、特級、1級というのは
基本的なガイドラインはお茶の種類ごとに大体決められているものの
実際の級付けをするのは各生産者に任されています。
普通は数年間分の各級のサンプルを標準葉として保管しておいて
それらを基準に級付けを行っていきます。
ですので、実際は生産者によってかなりばらつきがあります。
私が知っているメーカーさんは(英徳紅茶だけでなく中国紅茶全般ですが)
何でもかんでも特級とつけていますが、実際には2級でしょうに・・・というものだったり
まぁなんでも特級とつけてしまう場合が多いのも現実です。

煎を進めていくと気になっていた薬香も抜けて無臭にはなりますが
ちゃんと美味しく楽しめるようになります。
味わいも絶品ではないですが、一般的な英徳紅茶の中では美味しい方だと思います。

葉底は意外と好印象。
肉厚で若干硬さはあるものの、ちゃんと弾力もあります。
そこそこ嫩葉も入っていますし、大きさも大体均一。
発酵もしっかりちゃんとしています。

おそらく、この薬香はこの作り手さん、というかメーカーの癖なんだと思います。
というのも、中国の方で同じメーカーさんの別ロットを試飲しているのですが
その際にも共通するような香りを感じたので・・・
この薬香が好きという人には良いのだと思いますが
そもそも英徳紅茶に薬香はないので、難しいところですね。(^^;

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 5:40 PM
9月 162014
 

中国の作り手さんBの野生 正山小种(正山小種)です。
2014年のもので、少量だけできたからおすそ分けということでいただきました。
一般には流通することのないお茶です。

というのも、この作り手さん、传统 正山小种を作った方と同じなのですが
桐木の保護地区内、とてもよい場所に畑と小さな製茶場を持っていらっしゃいます。
(住居は現在、保護地区外に引っ越しを余儀なくされたようです)
この方が作ったとなると保護地区内の茶樹ということになりますが
基本的に保護地区内の樹木は採取禁止です・・・
この地区では自然環境保護が非常に厳しくて、政府も本気でやっているため
伐採はもちろん、禁煙、裸火の禁止、一般人立ち入り禁止になっています。
という場所で野生紅茶って・・・ということは突っ込まないでおくことにします。(笑
まぁ野生か野生じゃないかといっても
正直、桐木の茶畑はどこまでが畑なんだかわからない状態なので。

全部で作れたのは1.5キロだったそうです。
そのうち50gをいただきました。感謝。

黒褐色に金毫が混じった艶やかな茶葉です。
縒りはきつく、茶葉はかなり小さ目、大きさも均一です。
砕けなども確認できません。
燻煙香は殆どなく、微かにそうかな?という程度。
むしろ高い花香が感じられます。
嫩度も高そうです。

当然ながら鑑定杯は使用していません。


蓋碗使用

褐色の水色です。透明度も亮度もしっかり出ています。
微かな燻香はあるものの、一般的な(中国国内向け)正山小種とは比べものにならない程に弱いです。
どちらかというと香りとして認識できるような感じのものはほぼ無いのですが
面白いのが飲み込んだ後に花香が身体の中で戻ってくる感覚が。
鼻に抜ける花果香が感じられるんですね。
茶水を嗅いでもそれほどでもないのに・・・
味わいは深みのある甘さがしっかりしていて、甘味をベースに奥行のある滋味が広がっています。
柔らかな酸味も微かに感じられるのがアクセントとなっていて
実に複雑で深みのあるお茶に仕上がっています。
もうここまで来ると紅茶というカテゴリでは収まらないような複雑な味わいです。

煎を進めていくと滋味がぐっと深くなってくるような感覚に。
なんか普通の正山小種や紅茶の滋味とは違うんですよね。不思議な感覚。
どちらかというと武夷岩茶の滋味のようなミネラル感も伴った滋味。
これがずっと続きます。

嫩度の高い繊細な葉底です。
とはいえ、柔らかいけれどもしっかり肉厚。
弾力もかなり強く出ています。
大きさは概ね均一、砕けも殆ど確認できません。
とても艶やかで美しい上質な葉底です。

驚くのは葉底の香りが見事な花香ということ。
飲み込んだ後に戻ってくる香りと同じ香りが
ちょっと驚くくらいに葉底からしています。
要するに茶水を直接嗅いだ時だけ香らないということなんですね。不思議。

こうした珍しい貴重なお茶をわざわざいただけるというのは嬉しいですね。
勉強しなさいよということで、この作り手さん以外にも
各地の茶商さん、茶業さんがサンプルをくださいます。
ちゃんと審評をお返しするのが大変といえば大変なのですが
こうして貴重なお茶をいただけたりするのは本当にありがたいです。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:37 AM
9月 082014
 

中国の作り手さんDの百年老枞红茶(百年老欉紅茶)です。
正山小種で有名な福建省武夷山市の桐木のものです。

紅茶ブームの先駆けとなったとも言える金駿眉も一段落して
その後も銀駿眉や妃子笑といった紅茶も出てきて
ここ最近は野生紅茶が中国の野生茶ブームもあってか聞くようになったなぁと思っていたら
今度は百年老枞です。(^^;

そもそも桐木の保護地区の中で作っている場合は
わざと無肥料にしている作り手さんも少なくないので野生紅茶と名乗っているのだと思いますが
(日本の野生とそのあたりの考え方は違う様です。無肥料・無農薬・放置が野生)
百年老枞って、保護地区内の茶畑(という感じには見えないんですが。むしろ藪。)の茶樹って
かなりの勢いでみんな樹齢100年超えているんですよね・・・
むしろ今更感が。(^^;

とはいえ、この地域の紅茶を作っている人たちがブランド化したいという気持ちはよく分かります。
実際に行ってみると分かるのですが、桐木の山奥(本当にすごい山奥・・・)で
山間のちょっとした少ない場所で作っている紅茶の量というのは
どう考えても大した量にはならない訳なのですが
世の中にはなんと沢山の桐木紅茶が溢れていることかと。
日本の魚沼産コシヒカリと同じです。
外部から茶葉を持ち込んで桐木で仕上げというのはまだ良い方で
実際に流通している桐木紅茶の殆どは桐木産じゃないんですよね。
そもそもお手頃価格のお茶はまず存在しない正岩茶と同じで
差別化していきたいと本拠地の方が思うのは自然なことだと思います。

で、こちらは今年作った新しい紅茶だよということでいただきました。
サンプルといっても、ゆうに150gとかあったりしますが。(笑

甘く綺麗な花香のする茶葉です。
黒褐色の茶葉に若干金毫が混じっています。
きつい縒りで、艶やか。大きさも比較的そろっています。
砕けも少ないようです。

鑑定杯の使用は行っていません。そういうレベルでは既に無いので・・・

褐色の透明な水色です。透明度がとても高く、亮度も素晴らしく高いので
宝石系茶水と名付けたいような美しさを持っています。
香りは見事な花香。ここまで清らかで品のある、高い花香も珍しいです。凄い。
まるで花粉を集めているかのような香りです。
味わいは爽やかな甘さ、微かな柔らかい酸味が絶妙で
ミネラル感と底の知れない滋味が合わさって鳥肌が立つほどに美味しい。
さすがと思わせる、思うわず唸ってしまうような凄い紅茶です。

香りの持久性もかなり高く、ずっと同じ感じで続いています。
煎持ちも良く、ずっとゆるゆると続いていく感じです。
しかも香りは徐々に弱まるものの、かなりそのまま続きます。

これまでにないほど弾力のある葉底です。
くたくたという訳ではなく、発酵している分、それなりの硬さを持ちながら適度に柔らかく、
といっても相当に柔らかい方ではあります。
揉切されている部分はありますが、砕けといった感じのものはなく
大きさも殆ど均一。
肉厚でもなく、貧弱でもなく、適度な厚みがあります。
芯の部分も確認でき、嫩度は結構高いです。
葉底も艶やか、この弾力には驚かされました。

正直、本物(と、あえて言います)の桐木の紅茶は
例え卸値でも、自分用にと思っていても、お茶に関しては金銭感覚がおかしい私でさえも(笑)
尻込みするような価格になっているのが現実で、ここ1年は見送っていました。
桐木の保護地区外のものであれば手頃なのですが、味わいが全然違うんですね。
それと農薬や肥料の使用も含めて環境も全然違います。

この紅茶をいただいた際、そんな事情もあったのでショップ入荷は全く考えずに
「ありがと~」程度な気持ちだったのですが・・・これは美味しいです。
とても懇意にしてくれる作り手さんなので
自家用なども含めて、まだ同じものがあるか確認してみようと思います。(笑

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:00 AM
9月 052014
 

台湾のお茶屋さんDの蜜香紅茶です。

20数年前であれば台北でもお茶を買ったりしていたのですが
今や台北では個人用にも殆どお茶を買うこともなくなりつつあります。
私の知る限りではありますが、お茶好きの方、そこまででもない方も含めて
台湾の方は意外と台湾高山茶を飲まないという印象です。
若い人には高くて買えないよねというのが実際のところですが
それなりの年齢の方になってくると、派手な高山茶は胃を痛めるので避ける傾向が・・・
昔、台湾でまだ今ほど多くなかったとはいえ、高山茶を買い込んでいると
胃を痛めるからほどほどにね。とか
30歳も過ぎると、もう若くないんだからこういうのを飲みなさいと
高山茶以外を勧めてくれたり、くださったりしたのを記憶しています。
結構、普洱茶とか発酵、火入れのしっかりした
低中海抜の烏龍茶が好まれているような感触です。
まぁ周囲がお酒大好きな人ばかりというのもあるのかもしれません。(^^;

とはいえ、日本のお茶好きの方が台湾へ行くとなれば殆ど台北でしょうし
勉強のためにも最近は台北あたりの日本の方に人気のお茶屋さんで
お茶をたまに入手するようにしています。
で、この蜜香紅茶もそうしたお茶屋さんの扱っているもの。
特に女性に人気があるんだとか。
蜜香紅茶とありますが産地や茶葉品種は不明です。
店員さんに聞いても知らないとの回答をいただきました。(^^;

蜜香紅茶といえばウンカに噛ませた鮮葉を使って作られる紅茶を指します。
発祥は花連県ですが、他にも台東県や、今では魚池郷でも作られています。
陳年蟬露紅玉紅茶

褐色の茶葉です。金毫が確認できます。
茶葉の大きさは大き目で不均一。
砕けもそれなりにあるようです。
機械摘みのようで、かなりしっかりした茎も確認できます。

諸事情で鑑定杯は使用していません。
(単にこの時に時間が無かっただけですが・・・)


蓋碗使用

濃い褐色の水色です。透明度も亮度もしっかり出ています。
香りは低めの果香、かすかに腐敗した葡萄のような香りも感じられます。
蜜香と形容できる香りは感じられません・・・残念ですが。
味わいは柔らかい渋み、甘味、独特のえぐみがあります。

気にしない人なら、台湾の紅茶ってこんな感じなのかとそのままスルーしてしまいそうですが
おそらく過発酵を起こしていますね・・・これ。
パッケージが人気の1つになっているお店らしく、店頭は基本的に包装済みのものだけが並んでいて
時間が無かったこともあり、茶葉の確認も試飲もしなかったのですが
せめて茶葉外観だけでも見ていれば買わなかったなぁと激しく後悔。
結構なお値段したんですよね。これはないなぁ。(^^;

やっぱり・・・と思うような葉底です。
本当に葉底は答え合わせみたいですよね。(^^;
ぎょっとする位に硬いです。ここまで硬い葉底って久しぶり・・・
発酵にムラがあるのも分かります。
多くはしっかり発酵されていますが、緑の茶葉もちらほら。
おそらく過剰に発酵されている部分と全然発酵が進んでいない部分と混ざっている模様。
茎も殆ど枝と呼べそうな位に硬い部分で
機械摘みでもいいので、せめて篩分けすればいいのにと思ってしまうほど。
おそらく変な独特のえぐみはこの枝によるものです。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:21 AM
9月 012014
 

中国の作り手さんAの九曲红梅(九曲紅梅)です。
大湖山の茶園で育てられた伝統的な茶樹品種、在来の鸠坑小叶种(鳩坑小葉種)を
全て手作業で製茶しています。
詳しくは昨年のエントリにあります。

今年春先の気温の低さで、半野生化状態で栽培されていた奇兰は相当厳しい状態ですが
茶園管理されていたこちらの鸠坑小叶种はまずまずの生産量と質で収まったようです。

試飲は何度もしていましたが、そろそろ落ち着いて美味しくなってきた時期なので改めて。

黒褐色の縒りの強い茶葉です。
艶がしっかりあり、金毫がちらほら確認できます。
大きさは均一、砕けもあまり無いようです。


鑑定杯使用

高さのある糖蜜香を感じます。甘く深みのある綺麗な香りです。
赤褐色の水色で、透明度、亮度ともに高く出ています。
しっかりとした深い甘味とミネラル感を感じさせる滋味が分厚く
じっくりと美味しさを感じさせるような複雑な美味しさです。
回甘もしっかりあり、今年は昨年よりパワーのある味わいのように思います。
鸠坑小叶种の仕上がりも相当良いですね。


蓋碗使用

赤褐色の水色です。透明度、亮度が非常に高いです。
深みのある落ち着いた花果香があります。
味わいもコクのある甘味と滋味が複雑にバランスよく存在していて
力強く繊細に感じられます。
底が深い美味しさというのか、深いんだけど爽やか。絶妙です。

肉厚で柔らかく弾力のある綺麗な葉底です。
大きさはほぼ均一。揉切されている以外に砕けは確認できません。
嫩度も高く、芯がしっかり含まれているのが分かります。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 10:34 PM
8月 292014
 

中国の作り手さんAの九曲红梅(九曲紅梅)です。
2014年の奇兰(奇蘭)種によるものです。

昨年のエントリで説明をしていますが
台湾の奇蘭種を浙江省に持ち込んで作られたものです。
今年の春先にあった気温の低下と
半野生化した茶畑から作られているということも重なって生産量が少なく
お茶の価格が高騰し続けている今年は厳しいかなぁと思っていたのですが
親友の師匠が作っておられるということもあって、裏ワザで入手できました。
感謝。

試飲は何度もしていましたが、そろそろ落ち着いて美味しくなってきた時期なので改めて。

黒褐色の美しい茶葉です。
非常に艶やかで、昨年のものよりも艶があるような感じを受けます。
縒りはきつく、しっかり。金毫がちらほら確認できます。
大きさはほとんど均一。砕けも殆ど確認できません。

今年はやはり寒さもあって成長が遅かったようで昨年よりも繊細に仕上がっています。
管理している茶園であればまだコントロールできたそうなのですが
半野生化状態、肥料も何も与えていない奇兰は
管理されている茶園の鸠坑小叶种(鳩坑小葉種)に比べると
比較にならない位に生産量が落ちたそうです。


鑑定杯使用

赤褐色の水色です。透明度も亮度も高いです。
香りは見事な蘭香。糖蜜香もありますが、蘭香が見事すぎて印象が薄いです。
昨年よりもずっと蘭香が華やかで深いような。ちょっと驚きました。
味わいはしっかりとした深みのある甘味、滋味、かすかな清涼感を伴うミネラル感があります。
昨年より嫩度が高いからあっさりした方向に行くかと思ったのですが
逆に香りも味わいも深みが凄いです。
良く今年は出来が悪いという時ほど上質なお茶が出ると言われますが、まさに典型のような。
余韻も長く続きます。


蓋碗使用

赤銅色の透明な水色です。亮度が素晴らしく高くてガーネットのような色合いです。
香りは綺麗な蘭香。糖蜜香と合わさって華やかなオレンジの様なニュアンスに変化しています。
味わいは深みのあるしっかりとした甘味、分厚い複雑な滋味が加わって
爽やかでありながら凄みも感じるような感覚。
今年はいいですねぇ。
煎持ちも良く、茶師さんの技術に改めて尊敬。
(九曲紅梅ではとても技術が高いことで有名な方です)

非常に繊細という印象の強い葉底です。
嫩度が非常に高く、葉の大きさはそれなりにあるのですが小さい。
とても柔らかく、弾力があります。
大きさも殆ど均一、砕けも揉切されている以外にはありません。

見た目からは想像できないような深みのある九曲紅梅になっているのは
さすがとしか言えないですね・・・
無理やりとはいえ(笑)今年も奇蘭が楽しめることに感謝。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 11:29 PM
8月 272014
 

漳平水仙红茶 2014

茶農家さんCの漳平水仙紅茶です。
2014年の春摘みの紅茶です。

传统 漳平水仙 2014の方に今年は価格が高騰したことに触れましたが
紅茶は嬉しいことに高騰まではいかず、緩やかな価格上昇で済みました。
おそらく、紅茶の漳平水仙はマイナーな漳平水仙の中でも、もっとマイナーなので
そこまで人気も出ていないということが関係していると思います。
実際、かなり美味しい紅茶なのですが
漳平水仙の存在自体を知らない中国人が圧倒的多数なので
(茶商さんでも知らない人が多いです)
紅茶の漳平水仙なんて天然記念物どころか存在していないのに等しいレベルなのでしょう。(^^;

とはいえ、紅茶の製茶技術はなかなかどうして上手で
元々、紅茶を作っていた地域でもなく、
かといって紅茶に力を入れて町おこしを行ったという形跡も無いので
(中国では官民一体となって行うことが良くあります。信陽紅が良い例ですね。)
ちょっと不思議だったので聞いてみたことがあります。
答えは茶農家さんの息子さんが武夷山桐木で働いていたからでした。
なので、桐木の紅茶の技術が入っているそうです。
ちなみに息子さんの奥様は武夷山出身の美人で、茶芸では結構有名な方だったりします。
何度も優勝したり、台湾に招聘されて茶芸を披露したりしているとか。

基本的に大陸の茶芸はお世辞にも良いとは言えないと思うのですが
こういったレベルの方々の所作は本当に素晴らしいレベルだと思います。
この奥様とは仲良くさせていただいているのですが
何度か見せていただいた茶芸は圧巻の一言でした。本当に見事。
別の友人に北京オリンピックで国賓に茶芸を披露する役を担った方もいますが
この方の茶芸も綺麗なんですよね。
やはり、何かを極めた人というのは違うんだなと思います。(^^

漳平水仙红茶 2014

黒褐色の艶やかな茶葉です。
青茶に比べて緊圧は緩めのようです。
所々に金毫が確認できます。
茶葉の形を崩さずに綺麗に緊圧されていて餅面がとても綺麗です。

この形状ですので鑑定杯は使用していません。

漳平水仙红茶 2014
蓋碗使用

褐色の透明度の高い水色です。
亮度も充分で、ガーネットのような美しさがあります。
香りは控えめな花果香。でもしっかりと高く出ていますが
一般的な中国紅茶のような前面に出てくるような香りのタイプではありません。
味わいは柔らかい滋味深い甘味、ミネラル感、
英徳紅茶にも通じるような独特の余韻があります。

2煎目からは独特の清涼感を持った滋味がぐっと深く出てきます。
微かにマスカテルのニュアンスを持った果香もあり
なかなかどうして美味しいです。
この味わいの深さは闽北水仙種ならではですね。
しっかり、じっくり美味しく、派手さはないけれどしみじみ美味しいと思わせる紅茶です。

漳平水仙红茶 2014

しっかり肉厚の葉底です。
弾力もあり、綺麗に製茶されているなぁと感心させられます。
葉の砕けも少なく、醗酵度も充分。
芯が多く、予想よりも嫩度が高いことが分かります。

闽北水仙種というのは実は紅茶に向いているんじゃないだろうかと思わせる
味わい深いお茶に仕上がっています。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:37 AM