5月 182015
 

明前 四川玖瑰紅茶 2015

メーカーさんEのの玫瑰红茶です。
通常は夏に作られる四川高山紅茶の明前版で
バラの原種、ハマナスの花(玖瑰)のような香りを持つことから
この名前が付けられています。
実際に花を混ぜているということはありません。

2015年3月28日の摘み取りのロットです。

黒褐色の茶葉をベースに金毫が多くみられます。
艶やかで金毫の多さからも嫩度の高さが分かります。
強い縒りで大きさは均一、砕けも殆ど確認できません。
甘い花の香りがあります。

明前 四川玖瑰紅茶 2015
鑑定杯使用

赤褐色の透明度の高い水色です。亮度も非常に高く出ています。
香りは驚くほどに玖瑰。持久性もかなりあります。
人工的に香りを付けたのでは?と思うほどに綺麗な玖瑰香が出ています。
昨年のものよりもずっと香る出来上がりで、ちょっと鳥肌が立つほどに凄い。
味わいは爽やかな甘味をベースに心地よい渋みが微かに感じられて
深みのある味わいに仕上がっています。見事。
今年のこの作り手さんのお茶は本当に出来が良いです。段違い。

明前 四川玖瑰紅茶 2015
蓋碗使用

ルビーのような透明度の高い水色です。亮度も十分。
鑑定杯と同じく見事な玖瑰香。凄いですね。
天然の茶葉の香りだけで、ここまで花香を引き出せるとは。
味わいも甘くバランスの良い旨味が根底にあり、
普通に淹れる分には渋みも柔らかい滋味に変化しています。
煎持ちも良く、見事の一言。
色々と製茶機械ごと試行錯誤で自作していたようなので
昨年までとは少し製法を変えているのかもしれません。
その位に今年の出来上がりは凄いと思います。(^^

明前 四川玖瑰紅茶 2015

褐色の芯で構成された葉底です。
基本的に芯のみで嫩度はかなり高いのが分かります。
小葉種の芯のみを使って、ここまで香り高く、味わい深い紅茶を作れるという
社長の製茶技術に感心するような、凄い葉底です。
柔らかさも弾力も十分。砕けもなく均一です。

この社長(というか老板=中小企業の社長さん的な感じ)は本当に研究熱心で
寝ても覚めても製茶について考えているような人なのですが
そういった日々の努力がこうしたお茶に表れてくるのだなと感心しました。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:14 PM
5月 082015
 

2015年 蒙顶石花

メーカーさんEの蒙顶石花(蒙頂石花)です。
3月29日の茶摘みです。
産地は蒙頂山茶区の標高1200m付近の茶葉を使用しています。
伝統的な製法によるものです。

艶のある深い若草色の茶葉です。
大きさは均一、砕けも確認できません。
嫩度は高く、一芯一葉で揃っていて、白毫が所々に白く残っています。
清涼感を感じさせる爽やかな香りがあります。

2015年 蒙顶石花
鑑定杯使用

薄い黄色の水色です。亮度も高く、透明度も白毫が無ければ相当高そうな感じ。
(写真は黄色がかなり強く出てしまっています。補正していないので;)
蘭香と豆香が高く出ています。持久力もあります。
味わいは爽やかな甘味とすっきりとした心地の良い苦み(とはあまり感じないかも)
複雑なミネラル感とバランス良く合わさっています。
去年よりかなり出来が良いというか、好みの味わいになっています。
余韻も長く、回甘が強いのも印象的です。

2015年 蒙顶石花
蓋碗使用

透明度の高い金色の水色です。亮度も非常に高いです。
すっきりとした豆香と花香が高く心地よく出ています。
味わいはすっきりとした甘味でありつつも、喉にへばりつく様な蒙頂山独特の甘味もあり
複雑でしっかりしたミネラル感、爽やかで心地の良い苦み、強い回甘が見事です。
甘露がキャラメルビスケットとしたら(そういう感じがするんですね)
石花は柏餅のような爽やかさと甘さを兼ね備えている感じがします。

2015年 蒙顶石花

ふくよかな若草色の芽で構成されています。
艶もあり、大きさも均一、とても美しい葉底です。
柔らかさもしっかりありつつ、弾力が非常に強くて
元の茶葉の品質も相当に高いということが分かります。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:59 AM
5月 062015
 

蒙顶黄芽 2015

メーカーさんEの蒙顶黄芽(蒙頂黄芽)です。
蒙頂山主峰の標高1200m付近の茶葉を使用しています。
摘み取りは3月23日、在来種を使用しています。

蒙頂黄芽というと、最近は緑茶のような作り方をしたものが主流になってきていますが
今年は伝統的な製法に近いものがあり、それを選んできました。
一口に蒙頂黄芽といっても全く違うお茶と思うほどに味わいが製法によって変わります。
(まぁ当然なんですが;)

艶消しのような質感の褐色がかった若草色の茶葉です。
大きさは均一、砕けはありません。
芽のみで構成されていて、香ばしい香りが感じられます。
美しいです。

蒙顶黄芽 2015
鑑定杯使用

黄色の水色です。亮度、透明度共に高く出ています。
香ばしい火香に甘い花香が高く心地よく出ています。
味わいは甘く深みのある蒙頂黄芽らしい旨味がしっかりと出ていて
柔らかい渋みとのバランスが絶妙。
悶黄は強めになっているようです。好み。(^^

蒙顶黄芽 2015
蓋碗使用

金色の亮度、透明度共に高い水色です。
鑑定杯の時には弱めだった花香がしっかり感じられます。
火香と合わせて高く綺麗に出ています。
香ばしさの中にしっかりとした甘味、複雑なミネラル感が合わさって
独特の味わいに仕上がっています。
これがまた癖になるような、後を引く旨味になっていて
余韻の長さと共にしみじみ美味しいと思う仕上がりになっています。
悶黄はやっぱり強めのようです。

蒙顶黄芽 2015

ふくよかな肥えた芽で構成された葉底です。
艶やかな深く落ち着いた若草色の芽は大きさも均一、砕けも確認できません。
柔らかさも弾力もしっかりあり、製茶技術の良さが伝わってきます。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 11:53 PM
5月 042015
 

2015年 蒙顶甘露

メーカーさんEの2015年明前 蒙顶甘露(蒙頂甘露)です。
3月20日の摘み取りです。
蒙頂山主峰の標高1200m付近の茶畑のものになります。

元々温暖な気候の四川では標高の低い場所では2月から茶摘みが始まりますが
場所によって気温の差が大きく
この蒙頂甘露のように四川にしては遅い時期に摘み取り時期を迎えるものもあります。
それでも今年は気候に恵まれたようで
四川に限らず、浙江省などでも順調すぎるほど気温の上昇があったようです。

ベースは深緑、白毫が非常に多く白と深緑が見事な色彩を作り出しています。
嫩度も高く、海苔香と花香があります。
大きさは均一、砕けも確認できません。

2015年 蒙顶甘露
鑑定杯使用

高い蘭香と栗香を感じます。
とても綺麗に出ていて、持久性も十分にあります。
亮度の高い薄い黄色の水色で、白毫で濁っています。見事な白毫です。
(写真は黄色がかなり強く出てしまっています。補正していないので;)
味わいは驚くほどに甘く優しく、ミネラル感と合わさって厚い味わいの深さが
思わずうなってしまうほどにバランスよく仕上がっています。
鑑定杯でこれだけ美味しい緑茶は凄いですね。
渋み、苦みは感じません。
現地でも今年の出来に感動しましたが、改めて感動するほど。(^^

2015年 蒙顶甘露
蓋碗使用

薄い金色の透明度の高い水色です。
目の細かい茶こしを通すと亮度が驚くほどに高くて
ちょっとした宝石のような色合いになっています。
(写真だと緑がかってしまっていますが・・・)
栗香が心地よく、そのあとに甘い蘭香が感じられます。
ミネラル感がしっかりとあって、複雑な味わい。
余韻も強く、この地域独特の喉にへばりつく様な濃厚な甘味が強く感じられます。

同じ蒙頂山のお茶でも、この甘味が感じられるものと、感じられないものがあるのですが
(低標高の茶葉には感じられないものが多いので、茶畑の位置の問題かと思っていますが)
この作り手さんの蒙頂茶はいつもしっかりと、この甘味があります。
特に今年はしっかり出ている様に感じるのですが
現地で聞いたところ、かつて龍井茶などで行われていた石灰による乾燥と熟成を
今年から取り入れたとのこと。
随分変わるのだなぁと驚かされると同時に、常に試行錯誤していく姿勢にも驚きました。
というのも、製茶機械ごと自作するんですよね・・・この作り手さん。(^^;
先日お邪魔した際にも製茶が一段落したせいか、溶接機を片手に作ってました。(笑

2015年 蒙顶甘露

とても柔らかい若草色の葉底です。
弾力も十分、肥えた芽で構成されていて、大きさも均一。
摘み方も綺麗ですね。
当然のように嫩度も高く、非常に美しい葉底です。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:58 PM
5月 272014
 

メーカーさんEの蒙顶黄芽(蒙頂黄芽)です。
蒙頂山主峰の標高1200m付近の茶葉を使用しています。
摘み取りは2014年3月26日、在来種の茶葉を使用しています。

艶のある黄褐色の茶葉に白毫が名残雪のように残っています。
見事に芯のみで構成されていて、多きさも均一。
砕けもありません。
今年は去年に比べると悶黄が軽いような色合いです。
作り手さんにきいてみたところ、悶黄の塩梅はその年によって違うとのこと。
今年の茶葉にはこの位がベストなんだそうで。


鑑定杯使用

薄いクリーム色の水色です。
透明度も亮度も非常に高いです。
香ばしさと優しい花香が感じられます。
味わいは爽やかな甘味、微かな苦味、独特の強い旨みがあります。
バランスが良く、ミネラル感もしっかりあるために味が奥深いです。


蓋碗使用

金色の非常に透明度の高い美しい水色です。
艶やかで亮度も非常に高く出ています。
香ばしさと柔らかい花香が非常に優しく出ています。
しっかりとした甘さとミネラル感がバランスよく分厚く感じられます。
しみじみと美味しい。(^^

美しい翡翠色の芯で揃った茶葉です。
ふっくらと肥えた芽のみで構成されていて、柔らかく弾力が非常に強くあります。
フカフカといった感じ。
大きさも均一、砕けも殆どありません。
実に綺麗と思わせる葉底です。

蒙頂黄芽は一時は生産者が少なくなってしまったお茶ですが
この作り手さんは蒙頂山の昔ながらの茶師としてずっと変わらず作り続けていたそうです。
(メーカーさんといっても、かなり小規模)
昨今の蒙頂黄芽、生産量は増えつつありますが、質も味わいも千差万別状態。
そんな中、とても美味しい蒙頂黄芽を作っている1人だと思います。
常に製茶技術を見直しているような勤勉な茶師さんなので
そういった努力が表れているように思います。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:38 AM
5月 192014
 

茶農家さんBの蒙顶(蒙頂)野生茶です。
蒙頂山主峰ではなく少し離れた地域の山中にある野生茶樹から作られています。
この野生茶樹のある地域は蔵茶の原料となる茶畑がある方で
私自身はあの山だなぁというのは分かるのですが、山の名前が分かりません・・・
多分、名前の無い山なんですけど。(^^;

ここ数年、大流行中の野生茶ですが、大体にして本当の野生ではなかったりします。
そんな中、これは本当の野生茶なんだそうで(ということは勝手に採取してきたんだなと;)
そんな訳でこのお茶の生産量は非常に少なく2キロしかありません。
貴重な茶葉を少し分けていただきました。

ちなみにこの茶農家さん、一部の特別なお茶は基本的に機械を使わずに製茶しています。
この地域では少し有名な茶農家さんなのですが、
出来る限り機械は使わないということで、昔ながらの手揉捻などで頑張っています。
このお茶もそうやって作られているそうです。
一般普及品的な品質の茶葉は機械を使用して作っています。
昔ながらの製法と両方行うことで差別化を図っているようです。
ちなみに今回このお茶を作ったのは、この茶農家さんのご隠居。
もう引退されているおじいちゃんですが、暇なので山に入って作ったとか。(笑

深緑の大きさが揃った綺麗な茶葉です。
白毫もしっかり確認できます。
ほぼ真っ直ぐな形状をした茶葉で、砕けも非常に少ないようです。
甘い花香が感じられます。


鑑定杯使用

薄い黄色の透明度の高い水色です。亮度も良く出ています。
柔らかい花香と豆香が感じられます。高さも充分。
ほっこりとした火の香りも感じるのは
燃料にガスを使用せず薪で行っているからと思います。
粘性のある茶水で甘く、回甘もしっかりあります。
特筆する位に余韻が長く続きます。
滋味とも言うべき旨みが複雑にあり、味わいの奥行きが深いです。
微かな苦味も心地よくあり、渋味は殆ど感じません。


蓋碗使用

青みがかった金色の水色です。
透明度と亮度が非常に高く出ているのが印象的です。
清らかな花香とほっこりとした豆香。
粘性が非常に強い茶水で、独特の甘味があります。
苦味などは一切感じず、微かな塩気のような味わいも覚えます。
これは美味しいですね。

基本的には一芯二葉で摘み取られているようです。
とても柔らかく繊細な葉が使われているような印象を覚えます。
大きさもほぼ均一、砕けも非常に少なく、ほとんど確認できません。
芯が多く、嫩度も高いです。

実際、ショップの方に入荷したいと思うほどに美味しいお茶でしたが
2キロしかないとなるとちょっと無理な少なさで断念しました。
(検査に出したら残りません・・・;)
本当はこういう美味しいお茶がもっともっと日本に入るようになるといいのですが。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:54 PM
5月 162014
 

メーカーさんEのの玫瑰红茶です。
四川高山紅茶の明前版で
バラの原種、ハマナスの花(玖瑰)のような香りを持つことから
この名前が付けられています。

2014年は4月3日の摘み取りです。

金亳が多く、黒褐色の茶葉に金色が良く生えています。
しっかりとした縒りで大きさは小さめで均一。
砕けは確認できません。
甘い香りが強く感じられます。


鑑定杯使用

赤褐色の透明度の高い水色です。
亮度もしっかり出ています。
香りは見事な玫瑰香。甘くしっかりと出ています。
味わいは繊細かつ芳醇な甘味、ミネラル感がしっかりと出ていて
複雑であるけれども清らかな味わいになっています。
バランスがいいですね。
明前らしい可憐さを持った紅茶に仕上がっていると思います。
特に2014年は香りの高さが非常に良いです。
前年よりも高く良くでているように思います。


蓋碗使用

褐色の透明な水色です。
非常に透明度も亮度も高いのでルビーのような美しい茶水になっています。
香りは華やかな玫瑰香。とても高く出ています。
柔らかな深みのある甘味と爽やかさが同居しているような
フレッシュさを感じるけれども濃厚なという不思議な味わいで
バランスの良さが光っているような感じ。
湯温が下がるとキャラメル香が出てくるのも今年も変わらず。
本当に美味しく仕上がっています。

褐色の柔らかい葉底です。
ほぼ芯のみといった嫩度の高さで
大きさも均一、砕けも確認できません。
葉底からもまだまだ玫瑰香が綺麗に出ています。(^^

明前らしい華やかで繊細な味わいと香りの紅茶です。
どうしても生産量が時期的にも少ないのですが
定番の四川高山紅茶も美味しいけれど、これもまた捨てがたいほど美味しいんですね。
なにより玫瑰香が感じられるのは、この明前だけなので
毎年争奪戦になりますが、やっぱり外せないです。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:59 AM