6月 252014
 

浙江省で茶業を営む友人が作った安吉白茶です。
特二とあるので相当に良いお茶です。
一応、特一も薦められたのですが、安吉白茶に限らず大概特一になってしまうと
希少性とかそっちが優先されてしまって、味わいなどが繊細すぎて良く分からないという・・・
美味しく楽しむという観点では特二あたりが一番良い気がします。

数年前の大流行(中国)もここ最近は落ち着いて
すっかり定番の緑茶として定着してきた感のある緑茶です。
その名前から白茶と勘違いしている人も多いそうですが
(実際、中国の人でも勘違いしている人はいます;)
安吉白茶は緑茶です。
突然変異種から定着させた白叶一号(白葉一号)という茶樹品種から作られる
れっきとした炒青緑茶です。

緑黄(緑が主体の黄緑色という評茶用の色を示す言葉です)の美しい茶葉です。
一芯一葉から一芯二葉で摘み取られているようで、大きさは均一。
嫩度も高いです。
砕けも少なく殆ど確認できません。
綺麗な花香が感じられます。


鑑定杯使用

薄い黄色の水色です。
透明度、亮度共に高く綺麗に出ています。
香りは高い花香と豆香。持久性もあります。
味わいは安吉白茶独特のうまみと甘味。複雑なミネラル感も合わさって
実に上品で良いバランスにまとまっています。
回甘もしっかり。若干粘性のあるような茶質の良く出ている茶水ということもあり
余韻がしっかり感じられます。
雑味、渋味、苦味などはありません。


蓋碗使用

金色の美しい水色です。
透明度も亮度もこの上ない位によく出ています。
見事な清らかな花香。とても高くあります。
しっかりと甘く、ミネラル感もしっかり。美味しいです。
良いお茶に仕上がってるなとしみじみ。

柔らかい綺麗な葉底です。
ほぼ一芯二葉で揃っていて、大きさも均一。
しっかりふっくらした肉厚の嫩葉で構成されています。
丁寧につくられているのがよくわかる美しさで
砕けなどは殆どありません。

よく中国緑茶好きですねと言われるのですが、今となってはそうです。(笑
最初は多くの人と同じように青茶好き、そこから黒茶に行き・・・だったのですが
中国茶を理解しようと思うと基本は緑茶であると言われていることが
そうかも・・・と納得できるタイミングがあり
そこから意識して飲むようになって、今や立派な緑茶好きになりました。(^^;

緑茶はそのシンプルさ故にその良し悪しがダイレクトに出てしまうお茶でもあります。
茶園管理から製茶、保管方法、
そして淹れ方、それぞれの技術の差が出やすいお茶だと思います。
製茶で失敗した緑茶を火入れで飲めるように誤魔化すということもできません。
(他の茶類はある程度できたりします。致命的に失敗していたら無理ですが;)
中国緑茶の場合は攤放と呼ばれる微発酵(場合によっては結構発酵させるものも)もあったり
他の茶類の基本と言われるだけあって、かなりの必須要素がその工程に含まれています。

私は中国緑茶は低温で淹れません。熱湯で入れています。
中国緑茶の上質なものは高温の方が香り高く甘く美味しく入ります。
ただし、これにはちょっと技術が必要かもしれません。
湯温を下げることはしませんが、湯を注ぐ角度や勢いなどで
好きな味わいにコントロールしていきます。
そういったことができるようになるのも、やはり緑茶を飲み続けているから。

ということで龍井茶からはじまり
(最近龍井茶を飲まないのは昔に散々飲んだ&本物は現地でも高すぎなので・・・)
浙江省、安徽省、四川省と色々飲んでいますが、まだまだ先が見えないほど
そのバリエーションに富んでいます。これがもう今や面白いんですけどね。
ただ、意識して緑茶を飲むようになってから、審評も淹れ方も理解しやすく
自分でも分かるほどに理解が進むスピードが早くなりました。
中国茶を理解したいという場合はぜひ緑茶を意識して淹れて飲むのがおすすめです。
緑茶をコントロールできるようになると青茶や紅茶などの他の茶類も
とても美味しく楽しめるようになると思います。(^^

そんなこんなで大量に勉強用緑茶がある我が家ですが
午前中は意識を覚ますためにも集中して緑茶を、午後から夜は他の茶類をと消費しています。
先日、審評以外でどの位のお茶を飲んでいるか計算していたら週平均250gでした・・・

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:52 AM
8月 212013
 

九曲红梅 奇兰

中国の作り手さんAの九曲红梅(九曲紅梅)です。
经典 九曲红梅でも説明していますが
このお茶は特定の品種で作らなければならないというレギュレーションはありません。
奇兰(奇蘭)とあるのは奇蘭種から作られているそうです。

奇蘭?と聞いて驚いたのは、これって青茶の茶需品種では?ということ。
福建省の青茶にありますよね。
確認すると台湾の奇蘭種とのこと。
この地でお茶作りをしようとした台湾人が持ち込み、植えていったそうなのですが
どうやら失敗したらしく(事業になのか製茶になのかは分かりませんが)
そのまま放置されている奇蘭の茶畑があったそうです。
その半野生化した茶畑から摘み取って作ったものがこの九曲紅梅とのことで
こちらも全て手作業で製茶されているそうです。

黒褐色の茶葉です。
縒りはきつく締まっていますが、鸠坑小叶种に比べると少し太めになっています。
大きさも若干大きく、明らかに鸠坑小叶种とは違います。
所々にある金毫と、艶の美しさが確認できます。
艶も鸠坑小叶种より若干マットな質感です。
大きさは均一、砕けも殆どありません。

九曲红梅 奇兰
鑑定杯使用

甘く華やかな蘭香があります。遅れて濃密な糖蜜香も。
褐色の水色で透明度、亮度共に非常に高く美しい茶水です。
味わいは少し清涼感を感じる、この手の紅茶にしては濃厚な旨みがあります。
甘く、爽やかではあるものの、しっかりとした複雑な味わいです。
驚くべきは回甘の強さで、清涼感がそのままに戻ってきます。
微かな渋みが複雑な味わいを広げているようで心地よく
しっかりとしていながら透明感のある美味しさがあります。
こっちも美味しい。
香りの持久性は特筆すべき長さと高さです。凄いなぁ。

九曲红梅 奇兰
蓋碗使用

赤褐色の水色です。
透明度の高さと亮度の素晴らしさはこの作り手さんならではなのかも。
ここまで綺麗な茶水の九曲红梅はあまり出会わないです。
旨みというか滋味がしっかりあり、コクのある、でも爽やかな甘味が深く出ています。
味わい深さというか、分かりやすい美味しさは奇蘭種ならではなのかも。
華やかで美しい蘭香と蜜香がよく出ています。
口に含むと香りがふわっと広がる感覚が凄いです。
少し湯温が下がると更に甘さと滋味が増すようで美味しい。
鳩坑小葉種よりもしっかりと味わいも香りも出ているので日本人好みだと思います。
逆に現地の方は鳩坑小葉種の方が人気がありそうです。
(希少という観点からなのか奇蘭種の方が全然高いのですが;)

九曲红梅 奇兰

柔らかい葉底です。
弾力もしっかりあって、芯の部分もかなり見られます。
やっぱり奇蘭種だなと納得する葉の形状ですが
嫩度が高いからか、製法の違いなのか、作り手さんの腕なのかフカフカ。
奇蘭種でここまで柔らかい葉底って初めてですね。
砕けもなく大きさも揃っていて、本当に腕のいい作り手さんだと思います。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:09 AM
8月 192013
 

经典 九曲红梅

中国の作り手さんAの九曲红梅(九曲紅梅)です。
经典とあるのは伝統的な品種、製法を守って作られているものということで
大湖山の茶葉を使い、全て手作業で機械を使っていないそうです。凄い。

この作り手さんは九曲红梅では非常に有名な方で
「作り手さん」なんてお呼びするのは失礼な感じです。
周囲の方に老師と呼ばれていましたから、先生というのが相応しいですよね。(^^;
浙江省で生まれ育ったという親友の老師でご紹介いただきました。
ありがとうございます。

そういえばこのブログでは九曲紅梅をご紹介していなかったことに気が付きました。
ということで改めて概要を。

九曲紅梅は中国浙江省で作られる紅茶です。
杭州郊外の湖埠、上堡、大岭(大嶺)、灵山(靈山)、仁桥(仁橋)
大坞山(大塢山)といった地域で作られています。
中でも湖埠の大湖山が最も良い産地とされています。

福建省北部の武夷山付近から太平天国の乱の混乱を避けて湖埠へ移住してきた人々が
作り出した紅茶とも言われています。
九曲红梅の九曲は武夷山にある九曲溪から名づけられたものとか。

龍井茶で有名な杭州ですが、かつてはこの紅茶も銘茶と名高く
一红一绿(一红一緑)と呼ばれていました。
近年の紅茶ブームで盛り返してきてはいるものの
龍井茶に押されてかなり下火になってしまった紅茶です。

伝統的な茶樹品種は在来の鸠坑小叶种(鳩坑小葉種)と呼ばれるものですが
実際には様々な品種が使われています。
よく龍井茶の品種が使われていると言われますが、必ずしもそうとは限らないようです。
伝統的な製法は18工程にも分かれているそうです。
この九曲红梅はその鳩坑小葉種から作られています。

黒褐色の縒りの強い茶葉です。
金毫がちらほら確認できます。
艶がしっかりあり、大きさは比較的均一で砕けも無いようです。
甘い繊細な香りがあります。

经典 九曲红梅
鑑定杯使用

綺麗な高い糖蜜香があります。少し清涼感のあるような繊細で綺麗な香りです。
透明度の高い赤褐色の水色で亮度もよく出ています。
爽やかな甘さと分厚い滋味のような旨みを感じます。
渋みや雑味は一切無く、微かな酸味と合わさって複雑な美味しさになっているようです。
回甘もあり、若干粘性のある茶水は余韻がしっかりあります。
美味しい。
香りの持久性もしっかりあります。

经典 九曲红梅
蓋碗使用

黄金色の綺麗な水色です。
透明度も亮度も文句なしに素晴らしい。
鑑定杯で糖蜜香のように感じた香りは清らかな花果香になっています。
分厚い旨みがしっかり感じられる様な滋味と爽やかな甘味が
繊細なバランスでまとまっているのは流石。

经典 九曲红梅

綺麗な葉底です。
肉厚ではありますが、柔らかくて弾力がしっかりあります。
葉の大きさも小さめで揃っていて嫩度もあります。
この葉の繊細さは緻密な工芸品を見ているような、そんな印象を持ちました。
美しいです。

余談ですが、名前から梅の香りがすると言われることがあるようですが
(日本でしか聞いたこと無いけど)
実際には梅のように赤い茶水から命名されているようです。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:03 AM
5月 072013
 

浙江省金华市(金華市)の友人のお母さんが作ったお茶です。
名前のない炒青緑茶ですが
普段は人が立ち入らない山に生えている野生茶樹から作られているので
何となくみんな野生茶と呼ぶようになったようです。

このお母さん、別に茶業さんじゃないのですが
(親戚はお茶農家さんで、一族みんな何かしらお茶の仕事はしていますが)
この地域の女性は自分の家のお茶は主婦が作るものらしく
年間行事の1つとして、春になると製茶を行うそうです。

普通は自分の家が所有する畑の端にあったりする茶樹から摘むのですが
お母さん、こっちの方が美味しいからと、
あまりの急傾斜で人が立ち寄らない付近の山に登って
そこに自生する野生茶樹から茶葉を摘みながら山を回っているそうです。
何箇所か野生茶樹が生えている場所があって
お母さんしか知らない場所なんだとか。
日本の松茸みたいなものでしょうか・・・?(^^;
知り合いに譲っていたのですが、あまりに美味しく今ではリクエストが来るそうで
もう年だし、急傾斜を上り下りするのも辛いので止めたいけど
みんなに頼まれるから止められない状態になっているそうです。
なので、代金はそれなりにしますが、お母さんのお小遣いという名の苦労代・・・(^^;

ちなみにお母さん、何度かお会いしたことがあるのですが
いつもニコニコ元気な方で、お会いするなり
「おー、日本人のお友達ね!これ美味しいわよ、食べなさい!これも!」
と何かしら地元の特産物を持たせてくれる方です。(しかも大量)
特にお庭で取れるトチノミが美味しくて、私も大量に食べていましたw
本当に元気で、いつも聞き取れない位のマシンガントーク。
何だかとっても可愛らしい方で、大好きです。(^^

深緑に黄緑が混ざったような色彩の茶葉です。白毫が確認できます。
大きさは比較的揃っています。砕けもみかけません。
若干、火が強かったのか爆点かそれに近いものがあります。
嫩度は高いです。
何とも甘い香りを強く感じます。


鑑定杯使用

薄い黄色の透明な茶水です。
亮度もしっかりあります。
甘い蜜のような花の香りがありますが弱いです。持久性もまあまあ。
味は深みのある甘さで素直な旨みがあります。
何というか非常に綺麗な味で驚きました。
人工的に意図して作られたのではない甘さと美味しさで
茶樹本来の味というのはこういうものかと思わせます。
苦味や渋み、雑味は感じません。
味は抜群に美味しいです。凄いなぁ。お母さん。


蓋碗使用

薄い金色の透明な水色です。亮度もしっかりあります。
花の香りと豆のほっこりした香りがあります。若干香りは弱いです。
やっぱり甘さがとても良く出ています。美味しい。
自然なというか、身体にすっと入ってくるような優しい甘さで
旨みもしっかりあるのですが、
製品化されているお茶には無いような、とても優しい美味しさです。
しかも回甘も非常に強く、余韻が楽しめます。

一芯二~三葉で摘み取られているようです。
丁寧に摘んでいるのが伝わってくるような綺麗な葉底です。
柔らかくて弾力があります。
大きさは若干不均一です。
山で茶葉を摘んで家まで戻る間が自然と攤放になっているのだと思います。
若干醗酵が始まっている部分も確認できます。

ちなみに今回見せていただいたお茶は
毎日作るロット毎に状態が違っていたのですが
これは中でも一番出来の良い状態のものです。
中には爆点炸裂なものもありました。(笑

製茶技術はプロのものにはかないませんが
完全に無農薬、しかも無肥料というのが、このお茶の美味しさを作っていると思います。
それとお母さんの愛情でしょうか。
とてもよいお茶だと思います。(^^
びっくりするような甘さがあって、
しかもプロが作るお茶には無い柔らかい強さと質を持っています。
お茶って本来こういうものだったのかもと改めて考えさせられるお茶でした。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 9:18 PM
4月 152013
 

友人の実家で作っている2012年の緑茶です。
名前は香茶または上茶というそうで
(両方共に読み方はシャンチャです。発音は違いますが、この地域では同じなのかも?)
おそらく正式な名前はない、その地域の土着のお茶です。
浙江省金华市で作られています。
使用品種も名前のない在来種とのことでした。

深緑の縒りのきつい茶葉です。
表面が粉を吹いたような白っぽさがあります。
大きさは揃っていて、砕けも殆どありません。
見た感じ、嫩度は高そうです。


鑑定杯使用

黄色が濃い水色です。透明度は普通といった感じ。亮度もまあまああります。
柑橘系の香りと弱い豆香で持久性があります。
味は甘さと旨み、すっきりとした筋の通った苦味、若干の収斂味があります。
少し雑味はありますがバランスはいい感じです。


蓋碗使用

緑がかった黄色の水色です。
ほっこりした感じの豆香があります。ほんの微かですが柑橘系の香りも。
甘さと旨みが前面に出ていて、微かな苦味や収斂味が引き立てている感覚。
銘茶じゃないですが、意外と結構美味しいです。

煎持ちも緑茶にしては優秀で、進めていくと甘さが増してきます。
高温で淹れて美味しい緑茶でいいですね。

茎?と思うような葉底ですが、どちらかというと葉脈です。
葉の部分も揉切るように揉捻しているようで、葉の完全な形を残しているものはありません。
これはそういう製法なんだとか。
(友人いわく、だから見た目が悪いけど味はいいよとのこと)
芯の部分も結構確認できることと、全体的にとても柔らかいので嫩度は高いと思います。

中国国内でさえも名前の知られていないお茶が各地にあるんですよね。
このお茶の場合、ちゃんとした名前も無いお茶といった方が良さそうですが。
基本的には地元消費で終わってしまうそうです。
こういった知らない美味しいお茶に出会うと嬉しいですね。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:40 PM
1月 112012
 

特级九曲红梅(特級九曲紅梅)

メーカーさんBからいただいた2011年の特級の九曲红梅(九曲紅梅)です。
昨年いただいた2010年の九曲紅梅と同じ杭州の畑のものとのこと。

黒光りする細かい茶葉です。
所々に金毫があり、綺麗です。かなり細く縒られています。
若干粉になっている部分があるのは輸送中にサンプルパックが揉まれたとかかもしれません。

特级九曲红梅(特級九曲紅梅)
鑑定杯使用

見事な花の香りがあります。
透明度の高い茶褐色の水色で茶水が柔らかいのが印象的です。
味はさっぱりとしているものの甘みがあり、旨みもしっかりあるので分厚い味になっています。
渋味や苦味などは一切感じません。
去年より美味しいですね。

特级九曲红梅(特級九曲紅梅)
蓋碗使用

オレンジの綺麗な水色です。
花の香りが強く、非常に華やか。
これはいいかも。

特级九曲红梅(特級九曲紅梅)

柔らかさは程ほど。
芯が多いですが、葉の部分も適度に入っている感じの葉底です。
揉切されているような感じです。
嫩度はそれなりに高いと思います。

昨年のものより格段に香りが良くなっています。
同じ畑、メーカーさんなのですが、面白いです。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:18 AM