11月 172014
 

樟樹湖烏龍

台湾のお茶屋さんEの樟樹湖烏龍です。
勉強用にということで入手したこともあって店頭販売で。試飲はしていません。
日本のお茶好きの方で知らない人はまずいないのでは?と思うほど有名なお茶屋さんなので
一度確認してみたいなぁという好奇心にかられて・・・な金額でしたが入手。
しかし、品種が青心烏龍と言う以外は不明です。(^^;
まぁ樟樹湖あたりは意外と外れが少ないように思ってるのですが。

深緑に茎の黄金色がきれいに混ざった茶葉です。
艶やかで大きさも普通、比較的均一です。
砕けのようなものは確認できず、外観からはなかなかよさそうな感じを受けます。

樟樹湖烏龍
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

濃い黄色の水色です。透明度は高く、亮度もそこそこ出ています。
香りは柔らかい花香と乳香。
強さはありませんが、高さはしっかりあります。
持久性はそれほど無いようです。
味は甘味と滋味に通じる柔らかさを持った収斂味を感じます。
気持ちボディが薄いような感じを受けます。

2煎目になると香りはほぼ無臭に近い状態に。
水色は大きく変化していませんが、味わいも収斂味が強くなってきて
ちょっとえぐみが強くなってきているような。

ちょっと雑味が気になったので台湾高山茶用の茶壺を使うことに。

樟樹湖烏龍
茶壺使用

綺麗な透明度の高い金色の水色です。
亮度もしっかり感じられます。
香りは落ち着いた控えめな清涼感を伴う花香。あまり持久性はないようです。
味わいは甘く、うっすら山気を感じるものの、やっぱりボディが薄い感じ。
雑味はかなり抑えられましたが(茶壺使用と湯の注ぎ方を変えています)
樟樹湖烏龍ってもっと美味しいものなんだけどなぁというフラストレーションが。(^^;
まぁ一般向け、しかもほぼ外国人観光客が利用するであろうお店なので
価格は・・・でしたが、こんなものですかねぇ。

煎持ちも良いという感じではなく
確かに抽出はできるのですがスカスカな味になってしまいます。

樟樹湖烏龍

柔らかい綺麗な葉底です。
発酵は高山茶らしく浅め。
概ね綺麗に製茶されているのですが、気持ち葉が薄いというか
弾力が足りないような感じを受けます。
ボディの薄さはこのあたりが原因かも。

とはいえ、十分に良い茶葉だと思います。
価格を考えるとアレですが(笑)、いかんせん小売ですし
ある意味ブランド化しているような有名店のものですので
まぁ十分だろうなぁと思います。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:45 AM
6月 232013
 

阿里山高山陳茶

いただきものの阿里山高山陳茶です。
1998年に作られた15年ものとのこと。
春茶か冬茶かは不明です。

1粒が結構しっかりした大きさで、ずっしりしています。大きさは均一。
艶のある黒褐色とモスグリーン、茎の部分の黄金色のグラデーションで
力強い美しさを感じます。
砕けなどは見当たらず、1つ1つが綺麗に団揉されています。
外観の感じだと冬茶っぽい気がします。

阿里山高山陳茶
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

山吹色の水色です。
透明度も亮度も高く出ています。
香りは香ばしい火の香りと花香があります。
持久性も良いようです。
味わいは綺麗なミネラル感と深みのある甘味、柔らかい収斂味があります。
面白いことに塩気を感じる旨みもあります。
そして高山気がしっかり出ています。
この味わいの深さはやっぱり冬茶ですかね・・・?

阿里山高山陳茶
蓋碗使用

金色の美しい水色です。
透明度も亮度も高く、宝石のような色合いです。
ほっこりした火の香りと優しい落ち着きのある花の香りが心地よいです。
味わいも何ともいえない深みのある甘さとミネラル感。
高山気も若いお茶ほどではありませんが、感じられます。
身体になじむような優しい美味しさがあります。これは美味しい。
煎持ちも良く、とてもよいお茶だと思います。

阿里山高山陳茶

しっかりと醗酵も火入れもされている葉底です。
茶葉が崩れることなく、非常に美しいです。
肉厚で揉捻もしっかりされているようで、実に綺麗。
大きさも均一で砕けもありません。

とてもよいお茶でした。
茶葉の栽培も茶摘のタイミングも製茶の方法も
今とはやっぱり少し違うんだなと思わせるお茶です。
お茶は嗜好品なので、時代に合わせて変わっていくものですが
こういった作りの方が私は好きだったりするんですよね・・・
最近はなかなか出会えないのですが。(^^;

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 2:19 PM
6月 182013
 

自然野放阿里山高山茶

台湾の作り手さんHの自然野放阿里山高山茶です。
この作り手さんは台湾茶業における化学肥料と農薬使用の多さをとても懸念している方で
除草も何もしない、放置状態でのお茶作りを目指しているそうです。

この「自然野放」茶園で取れた茶葉は
多少の虫害などはあるものの、充分に産業としてやっていける産出量は見込め
逆に出来た高山茶は香水のような素晴らしい香りを持つお茶になったそうです。

球形ではなく、台湾高山茶には珍しい縒りの強い茶葉です。
確かに香りが非常に良く、パッケージをあけた瞬間から見事な花香があります。
黒褐色を基調とした色合いで、所々に白毫が確認できます。
砕けも殆ど無く綺麗な茶葉です。

自然野放阿里山高山茶
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

明るいオレンジ色の水色です。
透明度、亮度共に非常に高いです。
びっくりするような見事な蘭香があります。
非常に華やかで、作り手さんが香水に例えたのも分かります。
かなり強く出ていますが人工的なものではなく、非常に自然。凄いです。
香りの持久性も高く、2煎目になっても変わらず高く出ています。
味わいはしっかりとした苦味と複雑なミネラル感、爽やかな甘味があります。
苦味がしっかり出ていますが、嫌な感じではありません。
回甘が強く、余韻が非常に長いのも特徴的。
高山気も微かですが感じられます。

自然野放阿里山高山茶
蓋碗使用

凄い。と思う程に香りが良いです。
甘い蘭香が良く出ています。
非常に高く、持久性もあり、阿里山高山茶じゃないみたいです。
まるで東方美人。
黄金色の水色は透明度も亮度も高く、とても綺麗です。
味わいは苦味が旨みと深みに変化していて、甘さをより引き立たせています。
これは美味しいですねー!
今度台湾に行ったら大量入手してもいいかもと思います。

自然野放阿里山高山茶

綺麗な柔らかい葉底です。
弾力も充分にあり、ふっくら肉厚。
一芯二葉で丁寧に摘み取られていて、醗酵も結構高めです。
砕けも一切無く、葉底からも香りが立ち上ってきます。

正直なところ、最近の台湾茶はかなり変わったなと思っています。
肥料を多用しているのが増えたのか、肥料切りしているとはいえ
以前とは違う甘さの質、口に残るような感じがするものがとても多いです。
こういった昔のような、素直に身体に染み込むような美味しい台湾茶が
また増えてくれると嬉しいですね。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 11:59 AM