6月 172015
 

古法九曲红梅

陈和震(陳和震)老師の古法九曲红梅です。
私の中国での親友茶商の師匠で、九曲紅梅の茶師さんではとても有名な方です。
他の茶師さんによる九曲紅梅も色々試していた時期もあったのですが
今はやっぱり老師のものが一番美味しく、すっかり固定してしまいました。(^^;

もう70歳を超えた陈和震老師ですが、まだまだお元気。
先日の杭州訪問でお会いしましたが、現役でバリバリに製茶されていました。
そしてまた製茶に関して非常に厳しいのも現役という。(笑
老師のところには連日、近くの茶業さんたちが製茶の相談に来ていたりします。
本当に先生なんですね。

基本的に品種の定めのない九曲紅梅ですが
老師は在来の鸠坑小叶种(鳩坑小葉種)にこだわります。
しかも有性繁殖の茶樹にもこだわりがあるという・・・
杭州市内から片道4時間はかかる山中で栽培したものしか使わず
基本的に全行程は手作業で行い、製茶機械は最低限しか使用しません。
昔からの作り方にこだわっています。
これ、実際に実践するのは本当に大変なんですよね。

先日の訪問時はまだ製茶まっさかりの状態で
お忙しい中、時間を作って色々と見せていただいたのですが
(しかもたくさんご馳走までしていただきました(笑))
中でもこのロットが一番良いからと渡してくれたお茶がこの九曲紅梅です。
老師は私が評茶をするのを知っているので評茶しろということだったらしいのですが
勿体なくてできません。(^^;;

黒褐色が艶やかで金毫が光っているように混ざっている茶葉です。
とても艶やかで、「黒々」という言葉が浮かぶような美しさがあります。
縒りは細く、大きさも程よく小さ目で均一。
砕けなどは確認できません。(気を使って持って帰ってきました;)
深みのある甘い花香が素晴らしい茶葉です。

古法九曲红梅
蓋碗使用

褐色の美しい水色です。透明度、亮度共に非常に高いです。
香りは見事な甘い花香、遅れてオレンジのような柑橘系の果物の香りも感じます。
味わいは深く優しくて分厚い甘味。茶樹の力を感じるようなミネラル感。
非常に複雑で奥行のある味わいが、見事なバランスでまとまっています。
ちょっと鳥肌が立つような美味しさ。凄い。
上質な果物の果汁を集めた様な、でもそんな単純でもないなぁと
一体これは何に例えたら伝わるだろう?と悩む位に凄いです。
鑑定杯、使わなくてよかった。(笑

煎持ちも良く、2~3煎目が一番味わいが深くなって美味。
その後も緩々と続く様な感じで、良いお茶だなぁとしみじみ。
凄いお茶です。

古法九曲红梅

鳥肌が立つほどに美味しいお茶の葉底はやっぱりそうかと思う様な感じでした。
ここまで弾力のある葉底は初めてという位にフカフカの葉底です。
茶葉の大きさも均一、砕けもありません。
艶やかで実に美しい。
龙井老陈の名前通りに素晴らしいお茶でした。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:06 PM
6月 152015
 

喜盈眉 五年寿眉

祥源茶业の喜盈眉 五年寿眉です。
C老師のお勧めで、陳年白茶がちょっと頭をかしげたくなるような
高額傾向が続いているような状態の中
なかなかCP良く、とても上質で美味しい寿眉でした。
ということで迷わず入手してきたものです。

白茶の産地である福鼎市の中でも福建省と浙江省の境界近くにある
太姥山で作られた茶葉を原料としています。
実際、福鼎といっても結構広く、海沿いの場所もあれば山の中もあるという
一口に福鼎といっても環境が全く変わります。
もちろん海沿いに近い場所の茶葉はあまり良いものとはされていません。

実は崩す前に撮影した写真があった筈なのですが紛失しています。(^^;

喜盈眉 五年寿眉

細やかな艶が美しい餅面です。
寿眉らしく様々な部位の茶葉が入ってるのが分かります。
緊圧は緩め。といっても程良い感じです。
芯の部分も多く、白毫が多くみられます。

2014年出荷の「五年寿眉」ですので、2009年の茶葉になります。
保管状態も良く、乾燥茶葉の状態では嫌な陳香は感じません。
微かに甘い香りがあります。

鑑定杯は使用していません。

喜盈眉 五年寿眉
蓋碗使用

黄金色の水色です。透明度、亮度共に最高に良い感じです。
柔らかな玖瑰香が感じられます。高さも十分。
入手したころよりもずっと玖瑰香が強くなってきているように思います。
その頃には薬香が微かに感じられたのですが、現在は殆ど確認できません。
落ち着いてきたんですかね?
良い変化をしているようです。
味わいは紅茶のような優しい甘味とミネラル感。
複雑でバランスが良い感じになっています。
やっぱり以前よりもバランスがまとまってきた度合いがあがっているような。
ミネラル感が結構しっかりしていて、茶樹のパワーが感じとれるような
思わず唸ってしまう様な仕上がりの良さです。さすが。

日本で白茶について学ぼうとすると、最も良いものが白毫銀針、続いて白牡丹、寿眉となります。
もちろんそれは間違いではなく、製法上の制約や手間という部分では正しいのですが
良く勘違いされてしまうのが寿眉だから良くないとか
白毫銀針だから良いものと単純に思われてしまうところを危惧してしまいます。
実際、白毫銀針の安いものと寿眉の高いものは比べものにならない位の価格差ですし
(当然、寿眉の高いものの方が遥かに高いです)
味わいも比べるのが失礼と思ってしまうほどにレベルが違います。

白毫銀針は製法上、大白茶種の芯芽からしか作られませんが
白牡丹や寿眉はそれ以外の部位からも作られます。
味わいや香りが複雑で奥行が出やすいのは白牡丹や寿眉の方ではないかと
私自身は思っていて、美味しい白茶が飲みたいとなると選ぶのは
やっぱり白牡丹や寿眉の方に自然となってきました。
そういった意味でも、この寿眉はミネラル感の複雑さといい
かなり狙ったところをしっかり押さえてくれているように思います。(^^
発酵が結構強めなのも好みですね。

煎を進めていくと清涼感も感じられます。
更に味わいが深くなってきて、3煎目を超えたあたりから
味わいの奥行がぐっと増してくる感じがあります。
さすがという感じですね。
陳年の白茶でここまでバランス良く、CPも良いのはなかなか出会えません。
老師がお勧めしていただけあります。
やっぱりあの人はタダモノではないなぁと改めて尊敬。(笑

喜盈眉 五年寿眉

褐色の葉底です。
陳年ということもあって柔らかさは程々、しかし弾力はしっかりあります。
本当に様々な部位が入っていて、味の複雑さに納得。
芯の部分もしっかりありますが、実に肥えてふっくらしています。
発酵の度合いも高そうです。

白茶の効能については薬ではないので個人差がありますが
私自身は肌の調子が良くなるなどを実感することが多いです。
とはいえ、白茶であれば何でもよいというのではなくて
芯芽のみで作られた白毫銀針よりも、他の部位も混じった白牡丹や寿眉の方が
顕著に感じられることが多いように思っています。
後は茶樹の力によるものか、無肥料系のものが一番感じるような。
このお茶は無肥料とは聞いていませんが、結構しっかり翌朝に感じることが多いです。
それだけ力のある茶樹から作られたお茶なのかなと思っていますが
本当のところはどうなんでしょうね。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:29 PM
6月 092015
 

易武正山老樹茶 2009年十年経典回顧

下关茶厂(下関茶廠)の普洱生茶です。

普洱茶の茶師の中でも有名な方が何人かいらっしゃるのですが
そのうちのお一人、叶炳怀(葉炳懷)氏によるものになります。

元々、下関茶廠は叶炳怀氏の監修による
易武山の中でも選りすぐった特別な場所から摘み取られた茶葉を使ったシリーズを
绿大树系列として1999年からリリースしていますが
生産開始10年を記念し、数量を限定して作られたのがこのお茶です。

易武正山老樹茶 2009年十年経典回顧

かなり気合の入った作りのようで、原料茶葉から厳選しているとのこと。
叶炳怀氏自ら製茶に携わっているそうです。

少し落ち着きを見せてきたとはいえ、まだまだおかしな高値をつけている普洱茶の中で
C老師がこれはお勧めと教えてくださいました。
現地で試飲させていただきましたが、美味しさといい、価格といい
流石老師と思わせるセレクトで、すっかり気に入ってしまいました。(^^

易武正山老樹茶 2009年十年経典回顧

黒褐色を基調にした艶やかな餅面です。
自然な艶が非常に美しく、白毫の銀色が混ざって余計光って見えます。
爽やかな陳香が感じられ、嫌な香りは感じられません。

易武正山老樹茶 2009年十年経典回顧

外面と里面(内部)の配方は同じです。
適度に茎も配方されているようで、崩した時の印象はまずまずの好印象。
緊圧の程度は普通、気持ち柔らかいといったところ。
里面の方が更に艶やかな感じです。

とても上質なものなので鑑定杯は使っていません。
ただし、味わいをきちんと確認したいので、茶壺ではなく蓋碗で。

易武正山老樹茶 2009年十年経典回顧

褐色の美しい水色です。
透明度、亮度共に高く、琥珀のような色合いになっています。
心地よい軽めの陳香に花香、微かに樟香もあります。若干、棗のニュアンスも。
そして味わいの甘さに驚きます。
優しい柔らかい甘味がしっかりと驚くほどに出ています。
柔らかい酸味と合わさって、まさに果汁系のバランス。
ミネラル感もしっかりあって、
大地にしっかりと根ざして育った果物の果汁をいただいているような感覚です。

煎をすすめていくとさらに酸味と甘み、ミネラル感のバランスが際立ってきて
これが絶妙に複雑で美味しい。
さすがだなぁと唸りたくなるような美味しさがあります。
凄い。
少し湯温が下がるとまた表情が変わって、底力のあるお茶だなぁと感心させられます。
ちょっとここ数年でこのレベルでは一番のCPの良いお茶かも。

易武正山老樹茶 2009年十年経典回顧

褐色の葉底です。
しっかり熟成が進んでいますね。
みちっとした密度の高い、しっかりと肉厚の茶葉ですが
柔らかさと弾力はしっかりとあります。
芯の部分も茎の部分もバランスよく配方されているような印象です。
いくつかの葉脈を確認してみましたが、しっかりと太く
話通りに老茶樹から作られていると信じて良さそうな感じです。

葉底を見ても真面目にちゃんと、そして気合を入れて作られているのが伝わってきます。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:12 PM
6月 042015
 

明前 云栖龙井

杭州の茶業さんAの明前 云栖龙井(雲栖龍井)です。
2015年3月23日の摘み取りです。

先日エントリした無農薬・無肥料 明前 云栖龙井と同じ作り手さんのもので
こちらは普通に(といってもとても良い場所ですが)栽培されたもの。
なかなかの自信作とのことで、既に完売していたのですが
ご自身が保有していた分を分けてくださいました。感謝。

黄緑をベースに新緑のような明るい緑黄が混じった茶葉です。
ちなみに中国では(というか評茶?)では黄緑は黄色が強い黄緑を
緑黄では緑が強い黄緑を指します。
他にも砂色は黄色だったり、ちょっと日本の感覚と違います。(^^;
大きさは均一、砕けも殆ど確認できません。
綺麗な扁形に仕上がっています。

貴重なものなので鑑定杯は使用しません。

明前 云栖龙井

金色の透明度、亮度の高い水色です。
香りは甘い花香が強く、遅れて豆香があります。
この花香の素晴らしさはちょっとあまりないかもという位の素晴らしさ。
すっきりとした甘味と遅れて深みのある旨味とミネラル感がしっかりと。
余韻も長く、粘性を感じる茶水だけに強くも感じます。
流石という感じの美味しさで、格の違いを感じます。
凄い。(^^

煎を重ねていっても香りも味も衰えることなく6煎まで。
とても良いお茶ですね。
龍井はやっぱり凄いなと思うのは、こういったところにもあるのかも。

明前 云栖龙井

とても美しい葉底です。
柔らかさも弾力も十分。
芯も多く、嫩度も高く、大きさも揃っています。
摘み取った切り口が綺麗なのも特徴的。

良いお茶をいただきました。
龍井は避けていたのですが(不当に高いと思ってしまうので;)
やっぱり銘茶なんだなと再確認しました。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 10:08 PM
6月 012015
 

径山茶 2015

杭州の茶業さんBからサンプルにといただいた径山茶です。

茶業さんといっても、70歳を超えた茶農家さんで
とても腕の良いことで知られる有名な方なんだそうです。(すみません、無知で;)
先日、杭州方向に行った際に友人の紹介でお会いしました。
時間が無くて製茶場などの見学はできなかったのですが
旅の途中で飲みなさいと、最も出来の良い径山茶を少し分けてくださいました。
で、旅の途中では開封せずに大事に持ち帰ってきたのですが。(^^;

深緑を基本に白毫が多く差し込んでいます。
少し黄色がかった部分があるのですが、これは黄山毛峰で言うところの魚葉ですね。
嫩度が高い上に一番茶であるのが分かります。
縒りは強めで、砕けは殆ど確認できません。
大きさも均一です。
清涼感のある甘い香りが心地よいです。

上質なものなので鑑定杯は使用していません。

径山茶 2015
蓋碗使用

少し緑がかった金色の透明度の高い水色です。
亮度もしっかりあるので、ガーネットのような色合いです。綺麗。(^^
高い豆香と清らかな花香。
味わいは独特の丸い甘さと微かな心地よい苦みがアクセントとなっていて
実にすっきりしていながら、しっかり優しく甘いお茶という感じ。
最近、このタイプの緑茶を飲んでいなかったので新鮮な感覚です。
ミネラル感が非常に強いのが特徴的で
回甘の際に一緒にこの複雑な感覚が戻ってきます。
底が深い味わいといった印象です。

煎を重ねても逆に甘さが引き立つような
優しい印象ではあるものの、底力を感じるような
ちょっと凄いと思うようなお茶になっています。
複雑で言い表すのが難しいですね。(すみません・・・)
香りも衰えるどころか豆香はむしろ高くなってくるような。
凄いと素直に思う様なお茶です。

径山茶 2015

凄い。と見た瞬間に思った葉底です。
柔らかさはもちろん、弾力も十分どころか、かなりあります。
嫩度も高く、ほぼ均一。
砕けもありません。
葉底が答え合わせとは、このことですね。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:21 PM
5月 282015
 

メーカーさんVの白毫銀針です。
福建省の福鼎市点头镇柏柳村で作られたもので2014年のもの。
自分用にと可能な限り良いものをと入手してきました。
(ちょっと白毫銀針の入れ方を試行錯誤したいということもあって・・・)

白毫で覆われた芽のみで構成されています。
大きさは均一、ふくよかに肥えた芽で構成されています。
まれに黄山毛峰で言うところの魚叶が確認できます。
爽やかな甘い香りが感じられます。

非常に高価な茶葉ということもあって鑑定杯は使用していません。


蓋碗使用

薄い金色の水色です。
透明度、亮度共に非常に高く出ています。
香りは優しい花香。爽やかな清涼感を伴った甘い香りがあります。
味わいは柔らかく落ち着きのある深い甘味と圧倒的な複雑なミネラル感があります。
このバランスが厚みのある味わいに仕上がっていて見事といった感じ。
比較的発酵度が高いのと、時間を経た熟成もあるので
青臭さといったものは感じず、薄い紅茶のような甘い見事なお茶になっています。

煎持ちも非常に良く、白茶でも半日以上ずっと楽しめました。

良く肥えた若草色の葉底です。
発酵もそれなりに高めの感じで、大きさも均一。砕けも殆どありません。
柔らかさも弾力もしっかりとあり、非常に美しい白茶だと改めて思います。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 7:33 PM
5月 222015
 

特弐 黄山毛峰

C老師が安徽省黄山まで出向いて監修(?)して作らせた黄山毛峰です。
2015年3月27日の摘み取りです。

特弐とあるのは老師ご本人がまだ改善の余地ありと思っているからなんだそうで
通常であれば余裕で特1の品質です。

まるで黄山毛峰のお手本のような見事な外観です。
雀舌の形状と魚葉、象牙色の白毫と金片と見事。
大きさも均一、砕けもありません。
ここまで完璧な黄山毛峰って初めてかもしれません。
謝裕大だったら贡茶か特一でもおかしくないと思うのですが・・・

鑑定杯を使用するレベルではないので使っていません。

特弐 黄山毛峰
蓋碗使用

金色の透明度、亮度共に非常に高い美しい水色です。
若草のような香りと見事な蘭香。高さも持久性も文句なしに素晴らしいです。
凄いのは味わいも。
粘性のある茶水で柔らかく深い甘味があります。
その後ろに綺麗なミネラル感と複雑で品のある滋味があって
実に優しく美味しいお茶になっています。
この品の良さは本当に凄い。
煎持ちも非常に良くて、ずっと楽しめました。
思わず笑顔になってしまうような凄い黄山毛峰です。

特弐 黄山毛峰

本当に美しい若草色の葉底です。
艶やかで大きさも均一。見事に砕けもない完璧な形です。
クタクタに柔らかく、弾力もしっかりあります。
葉底を見てもお手本のようなお茶です。
流石老師。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:57 PM