カテゴリー : Travel

孔明灯

泼水节

鈴茶堂ブログにもアップしていますがこちらでも。

泼水节(水掛け祭り)前夜ということで、この日の夜は大騒ぎでした。(笑
メコン川の川岸には巨大ステージ。
若者向けなバンドから、演歌風な歌手の方やイベントなどがずっと行われています。
実は意外と宿から近くて、音が部屋でも恐ろしいほどに聞こえてくるのですが
夜中になったら終わるだろうと思いきや、朝までやってました・・・
まぁお正月だから。(^^;

泼水节

騒がしいのはちょっと辞退して、特設された屋台を見ながらブラブラしていたら
物凄い人だかりの露天が・・・孔明灯(ランタン)を販売していました。
どうやら行政が販売しているようです。

日本だと台湾で有名なランタンですが、中国語では孔明灯と言います。
諸葛孔明が発明したからなんだとか。
何か歴史を感じますね〜
ということで、私たちも1セットを購入、人が少ないところでやってみました。

泼水节

現地の人には当たり前のものだからか、やり方の説明などは全くありません・・・
なので、周囲のやり方を見たり、聞いたりしてやってみるものの
なかなかどうして難しい。
遅れてきた現地の友人に改めて説明してもらって、何とか点火。
これも飛ばすタイミングを間違えると墜落するとか、本体が燃えてしまうとか。
実際、結構燃やしてしまっていたり、墜落させてしまっている人も多いです。
まぁ地元の方は家から複数持って来ていたりするんですけどね。

泼水节

あーでもないこーでもないと大騒ぎしながら孔明灯をあげました。
実は旅のスケジュールを決めるのに泼水节(水掛け祭り)を全く認識していなかった私。
茶農家さんたちは傣族ではないので、あまり盛り上がらないんですよね。
これはあくまで傣族のお祭りで、あー学校とか会社とか休みだなぁ位の認識のようです。
なので、こちらも気にせずに、何か宿が高いなぁと不思議に思っていたりしたのですが
泼水节だったら当日まで参加してみたかったですね。
実はこの翌日、泼水节本番の朝に景洪を発つ予定だったのです・・・

泼水节

それでも思いもがけず、こんな美しい景色を見ることができて
しかも参加することができたりして、とても良い経験をさせていただきました。
本当に綺麗でしたよ。
台湾とはまた違う雰囲気の孔明灯で、これもまた美しいのです。
いつか、泼水节(水掛け祭り)当日にも参戦したいですね。(笑

玉米粑粑

曼飞龙烤鸡3

景洪で1日ゆっくりお休みを。
で、やっぱり食べに行くのは曼飞龙烤鸡。(笑
お約束の烤鸡(ローストチキン)はやっぱり美味。
これほど美味しい烤鸡は初めてで、日本のブランド地鶏も敵わないというほど。
このお店に行く目的だけで雲南西双版納まで行ってもいいかもという位です。
(私の中で。ですが;)

曼飞龙烤鸡3

昼間なので西瓜汁、スイカジュースを。
(基本的に昼間はアルコールを飲まないのです。)
当然、オーダーしてから作ってくれます。
西双版納の西瓜は味が濃くて甘いので
台湾のそれのように砂糖大量添加ということもなく
自然な味わいで美味しいです。
飲み納めとばかりにピッチャーで。(笑

曼飞龙烤鸡3

滞在中、何度も来ているので、ちょっと違うものもオーダーしてみようと
頼んでみたのがこちら。玉米粑粑です。
玉米(トウモロコシ)粑粑(ババ)と、そのまんまですが
粑粑(ババ)というと麗江のように揚げパンのようなものや
景洪の市場にあるような焼きピタパン(というか餅というか)を想像していたので
出てきた時に店員さんに確認してしまったほど。
想像していたビジュアルと違う。

曼飞龙烤鸡3

トウモロコシの皮で包まれていて蒸してあるようです。
基本的にトウモロコシの粉を練って蒸し上げただけのシンプルなもの。
それだけにトウモロコシの甘味が優しくて
これはこれで美味しい!と粑粑(ババ)好きにはまた楽しい食事に。

チベット文化圏の「モモ」が場所によってはパンだったり、水餃子だったりするように
粑粑(ババ)というのは主食の意味なのですかね?
今度調べてみようと思います。

曼飞龙烤鸡3

やっぱりどうしてもお願いしてしまう西紅柿炒蛋。
本当に美味しいんですよ・・・ここの。
トマトが本当に赤くて自然な酸味と甘味があって素晴らしいのです。
メニューにはないので、その時によって他に野菜が入っていたり
ちょっとアレンジが違うのですが、それがまた飽きないんですよね。

曼飞龙烤鸡3

食後は連日の移動で疲れていたことも合って
歩いて30秒の旅館へ戻って休憩。(笑
こうしてみると庭が雰囲気のある感じでいいですね。
4月が一番暑いという西双版納なので(茶山に比べて当然ながら景洪は気温が高い)
昼間は動きたくないというのが正直なところです。

蒸汽石锅鱼

告庄西双景

普洱を出て景洪へ戻ってきました。

車での往復で公共交通機関よりは遥かに楽なのですが
意外とぐったり疲れていて宿の徒歩圏内にしか出る気力がない状態。(^^;

ということで、近所にあって気になっていた蒸汽石锅鱼へ行ってみることに。
要するに石鍋を使った蒸し鍋なのですが
ここ数年、雲南発祥として中国国内で流行りつつある鍋料理で
(実際は貴州などにもあったりします。まぁそのあたりのものかと。)
以前、四川蒙頂山の茶師さんにご馳走していただいたことがあります。
四川雅安で、でしたけど。
その時に凄く美味しくて、これは四川料理?と聞いたところ
雲南料理だけど、まぁ四川風かな?というお返事。
魚は雅魚(雅安名物の川魚です。とても美味)でアレンジされているとはいえ
忘れられない位に美味しかったのです。

告庄西双景

ただし、雲南料理といっても、どうもこの石锅鱼という料理は
四川や貴州の境目に近い方の地域が発祥のようで
西双版納からは全然遠いところの料理になります。
雲南省広いんですよ・・・恐ろしいほどに。(^^;
なので意外と石锅鱼のお店は少なめ。昆明の方があるかと思います。

で、まずはビール。せっかくなので地元のビールを。
周囲を見るとこれが人気のようで、じゃあ、これ、ということで。
珍しく中国なのにちゃんと冷えてるということが高ポイント。
でも、お約束の水ビールです。ちょっと味は濃い方かもしれませんが・・・

告庄西双景

基本的に中国で魚の鍋となると魚は時価、実際の個体を選んで
その重量で価格が決まります。
店員さんと相談しながら魚を決めますが、お約束に巨大な魚しかいないという。
で、魚をおろしている間に他の店員さんが食器の消毒を。

テーブルに埋め込まれている石鍋を綺麗に洗って
私たちが使う食器も一緒に入れて
まずは蒸気で高温殺菌するという感じです。
最近、こうやって気にするというか、気をつかうお店が増えましたね・・・

告庄西双景

蒸気消毒が終わったら一旦食器を取り出して
改めて鍋を綺麗にして再度蒸気で加熱、予熱を行います。

いや、もう感心するくらいに何度も綺麗にしていました。
全然汚れてないのに・・・
#どちらかと言えば、死なないレベルの細かいことに気にしない日本人なもので;

告庄西双景

十分に予熱が進んだらスープを投入。
蒸気のおかげで、あっという間に沸騰します。
久しぶりに蒸気の威力を思い出したという位に凄い勢いの蒸気です。
テーブルに座っていて、たまに身の危険を感じるほど。(笑

スープが沸騰したら、メインの魚を投入。
これは桂魚です。
2人でこの大きさだったりします・・・
一番小さな個体にしてもらったのですが、このサイズ。(^^;

告庄西双景

魚にある程度火が通ったら一度蒸気を止めます。
というのも、蒸気の勢いが凄くて
止めないと鍋に手が出せないのですね・・・(笑
魚以外にオーダーした野菜やキノコなどを投入して
再度蒸気を出して加熱します。

真ん中にあるのは日本でよく見る折りたたみ式万能蒸し器かと。
なぜか閉めたまま最初からいます。
まだこの時までは鍋の部品と思っていたりします・・・

告庄西双景

中国では鍋のときに別に主食をオーダーするのが普通です。
最後に麺を入れるということもありますが
同じように饅頭や焼餅などを頼みます。
この時はお勧めの饅頭をオーダーしましたが、巨大。
赤い液体は鍋のタレです。かなり辛め。

告庄西双景

こうして完成したのが、こんな感じ。
真ん中の万能蒸し器は最後に開きます。
なんと万能蒸し器の中はスープとして楽しめるように
棗やスパイス(というか漢方?)、湯葉が入っています。
最初にこの万能蒸し器の中からスープをすくって飲みます。
このスタイル、意外と多いのですが
最初に身体に良いスープをいただきましょうという文化なんですね。

鍋も美味しくいただきました。
四川でご馳走になったものとは味もかなり違うもので
こちらは西双版納特有のハーブ的な野菜が入っていて、かなり独特な香りです。
苦手な人は本当にダメかも。私は大丈夫でしたが。
とはいえ、四川で食べた方が好みでした。(笑

普洱茶城大道

普洱茶城大道

相変わらず更新が止まってました・・・
すっかり1年が経過してしまい、もう諦めて地道に時間を見つけて更新していきます。(^^;

鈴茶堂ブログにもアップしていますがこちらでも。

鈴茶堂のブログの方では普洱茶源広場としていますが
正式名称が合っているかどうかが不明です・・・(^^;
というのも普洱のこのあたりで茶城というとここだけのようで
普洱茶城大道の茶城としか言ってくれないんですよね。地元の方。
普通語を話すのが面倒くさいのかもしれませんが
結局そんな感じで正式名称が不明です。

土砂崩れで茶農家さんの茶山に行けなかったので
茶市場を色々見せていただきながら、近所の店舗の方も含めて懇談会。
多くの方には初めて見た日本人だったそうで、なかなかおもしろかったです。(^^

普洱茶城大道

見事に玄人向けの市場で、ここまで潔いのは初めてかもしれません。
茶市場といっても現地のお茶好きな個人客向けに
(それでも1キロとかは普通に買うので茶市場利用してもマナー違反ではないのです)
茶葉の展示をしていたり、こんなお茶あるよ的な看板があったりするのですが
そういった個人客、一見さんフレンドリーなお店は通り沿いに少しあるだけ。
あとはダンボール積み上げたままで
奥に試飲スペースなんだか休憩所なんだか分からない茶盤があったりする状態です。
昆明の茶市場とは同じ雲南でも全然違いますね。

雲南では基本的に1キロ単位での購入になります。
これは昆明の茶市場でも茶農家さんでも同じ。
言えば1キロ以下の単位にもしてくれるとは思いますが
相当個人客向けにやっている店舗以外では微妙かもしれません。
まぁマナー的にもあまりお勧めしませんが・・・(^^;

普洱茶城大道

本当は茶山に行きたかったなぁと
心の中は結構悔しい思いでいっぱいだったのですが
話を聞くと、途中の山道は相当厳しい上に土砂崩れは珍しいことでもないとか
到着後に土砂崩れになって陸の孤島になってしまうと帰国もできなくなるし
まぁ仕方がない、良かったんだと思うことにして
茶農家さんが紹介してくれる茶市場のみなさんお勧めのお茶で大試飲大会。
おかげで友人も増えたり、地元の人ならではの知識もいただいたり
最後は結構有意義で楽しかったです。(^^

傣泐园傣味餐厅

傣泐园傣味餐厅

景洪を出て普洱へ。
車で数時間ほどの場所にある普洱に
いつもお願いしている雲南緑茶の茶農家さんを訪問しに行きました。

まずは普洱市内で案内役の茶農家さんの娘さんに合流、おすすめのお店で昼食です。

傣泐园傣味餐厅
普洱市思茅区八益商贸城金鸡美食城旁
15125553511

おすすめの傣族手抓饭を。
傣族料理では有名なものですが、実はこの時は初めてという。
景洪ではあまり目に入らなかったんですよね。(^^;

白米や紫米などのご飯の上に色々なおかずが乗っているという料理で
みんなでこれを手で食べるのが本来の食べ方。(慣れていないので箸使用・・・)
私たちは人数が少ないのでこの大きさですが
周囲のテーブルは巨大とも言える大きさだったりします。

これは美味しいというものもあったり、まぁまぁかなというものなど
おかずのバリエーションが豊富でなかなか楽しいです。
紫米がかなり美味しくて、これは単独で楽しめるという。

傣泐园傣味餐厅

スープは優しい鶏スープに野菜が入ったシンプルなもの。
身体に染み入るような美味しさで、かなりツボでした。

茶農家さんの娘さんと色々お話しながら楽しく食事させていただきました。
娘さんは普段は普洱市街地にお住まいで、茶市場のお店を管理しています。
結構訛が強くて聞き取るのが困難なのですが
とても可愛らしい方で、普洱の普段の生活などについて色々お伺いしたり
逆に日本のことを聞かれて答えたりと楽しかったです。(^^
余談ですが、娘さん(というか茶農家さん)は傣族ではなかったりします。彝族。

普洱

南国だなぁと思うのは、市街地にこういったバナナが普通にあったりすること。
かなり立派なバナナですよね〜。
福建省あたりでもバナナは作っていて見かけるのですが
街中にドンといきなり生えてるとかいうことはなく(基本は畑)
あってもサイズが全然違います・・・

無農薬っぽくて、美味しそうです。(笑

西双版納式ジンギスカン

星光夜市

おかげさまで仕事が猛烈に忙しくてなかなか更新が思うように進まず
滞ったまま、とうとう1年経過しそうです・・・(^^;

4月は泼水节(水掛け祭り)、傣族のお正月もあって街も盛り上がってきています。
春節よりも大事な時期ともあって、地元の人、観光客も含めて
普段の倍以上の人が景洪にも集まっているように思うほど。
宿の近くの星光夜市も普段より人もお店も増えていました。

星光夜市

お気に入りのレストランや食堂は軒並み大混雑なので
それならば夜市に行ってみようと夕食に。
そこで見かけたのがこれ。
食べ放題の屋台で、結構賑わっています。
同じシステムの屋台がいくつかあったので、そのうちの1つに決め
屋台の老板に代金を支払って席を用意してもらって着席。
時間制限はないようです。

星光夜市

その食べ放題屋台のメインがこれ。
西双版納式ジンギスカンとでも言う感じのこの鍋です。
何とも合理的で、真ん中で焼肉。いや、魚でもいいのですが。
で、周囲の縁がジンギスカン鍋よりも幅広、深めになっていて
ここでしゃぶしゃぶを楽しむという。
焼肉をした肉の旨みが周囲のしゃぶしゃぶに入って
スープも美味しくなるし、一石二鳥状態です。
これには感心。良く考えますよね〜

星光夜市

基本的に焼肉やしゃぶしゃぶの具材が多いのですが
一品料理的な焼き魚やフライドチキン的なものもあります。
肉の種類も豊富で羊から豚、牛、鶏まで様々。
野菜なども現地ならではのものが多かったり
凄く美味しいという訳ではないのですが、結構美味。
まぁ屋台は味よりも雰囲気を楽しむのがいいですしね。

星光夜市

食後は夜市をざっと見学。
普段の倍以上のお店が出ていて
まぁ基本的には不思議なお土産屋さんなのですが
色々見ている分には面白いかなと。
観光客向けか普洱茶販売の屋台もあったりして
(購入したいものは全くありませんが、恐ろしいほど激安)
泼水节直前の雰囲気を楽しめました。

星光夜市

この時にしか見かけたことがないのですが
なんと按摩の屋台も。(笑
これは足湯をしながら肩の按摩をしているところで
足裏マッサージをする椅子も別に用意されていました。
屋台用とかではなく、近くのお店が店内の備品ごと引っ越してきた感じ。
面白いですね〜

西紅柿炒蛋

曼飞龙烤鸡3

市場でちょっと見かけない種類のトマトがあったので買ってみました。
(写真を撮るのを失念・・・)
日本や北京あたりで見かけるトマトと種類が違うのか
かなり赤く、深紅という感じの色合い。
欧州のトマトとも違う形で(形は良く見かけるトマト)
なんだか凄く美味しそうということで、市場で買い込んだトマトを持って
夜は安定の曼飞龙烤鸡3へ。

中国の地方では知り合いのお店に食材持ち込みはアリです。
すっかり顔を覚えられているので、快く料理してくれました。
お任せしたら、お馴染みの西紅柿炒蛋になって出てきましたが(笑
トマトの味が濃くて美味。
人生の中でこれほど美味しいトマトは初めてかもという位。
日本のトマトのように妙に甘いとかではなく
程よい甘みと酸味、でいて、旨味が濃いんですね。

他にはお約束の菠萝饭。パイナップルご飯や(ここは絶品)
五花肉(豚バラ肉)をオーダー。美味しかったです。

曼飞龙烤鸡3

本来は鶏のお店なのですが、豚肉などもあります。
素材がいいのと焼き方が上手いので本当にこのお店は美味しいです。

しかし、この日は泼水节(水掛け祭り)直前。
地元の人と観光客でカオスになる程の混雑っぷりで
お店の方が私たちを覚えていてくれたので無理を聞いてくれたんですね。
なんだか申し訳ない&感謝。
しかし、凄い混雑でした。
一度お店に行って席待ちが1時間以上ということで
トマトを渡して一旦宿に戻って、席が空いたら連絡をもらうという感じで
お店の至近距離の宿にしておいて良かったと本当に思いました。
(それでも持ち込み食材を使ってくれたのは感謝)
泼水节はとても楽しかったのですが、この時期に行くのは微妙ですね。(^^;

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com