カテゴリー : China

嘉和一品粥

嘉和一品粥

家庭料理をメインに食べていると、日本の中華料理と違って
北京ではそれほど油が強いとかはないのですが
(地域にもよりますが、基本は野菜メインなので)
それでも食べ疲れてきたなぁとか
なんかあんまりお腹が空いていないという時に恋しくなるのがお粥。
で、良く行くのが嘉和一品粥です。

北京市内だけでも50店舗以上あるチェーン店ですが
基本的に綺麗でメニューもそれなりにあるし
安いし普通に美味しいので(凄く美味しい訳ではない)
結構重宝しています。

嘉和一品粥

私のお気に入りは皮蛋瘦肉粥です。
ピータンと鶏のササミ(?)が入ったお粥でさっぱり美味。
たまにお茶の試飲や評茶がヘビーで胃が辛い時があるのですが
そういった時に凄く助かったりします。お粥。
他にも摘める系の一品料理をちょこちょこオーダーして
それらをおかずにお粥をいただきます。

ちなみに锅贴もあります。肉餡のものもあれば野菜のみのものも。
私の好みは野菜のみ。
そういえば锅贴は焼き餃子じゃないそうです。
中国人曰く锅贴は餃子ではないと・・・
認識の違いが。
まぁお粥も「食べる」じゃなくて「飲む」ですしね。中国では。(^^;

嘉和一品粥

馅饼もあります。
このメニュー自体は同じチェーン店なら老家肉饼の方が遥かに美味しいですが
お粥だけだと寂しいなぁという時にオーダー。
なんせお粥は「飲む」ものなので、別に主食系をオーダーするのは
全く普通のことなんだそうで・・・ちょっと理解しにくいですね。(^^;

この馅饼も牛肉餡とニラ玉餡とあったりしますが
やっぱりニラ玉餡が美味しいと思います。
餃子、馅饼系は野菜だけが結構美味しいですよ。

匹夫涮肉城(黄村店)

匹夫涮肉城(黄村店)

北京と言えば涮羊肉。
元々日本のしゃぶしゃぶは北京とその周辺がルーツで
本来は北京のように羊肉だったそうです。
本家本元だけに北京の涮羊肉は結構美味しいのですが
中には驚くほどに美味しいお店もちらほら。
ここ数年は爆肚冯 金生隆の羊肉のレベルの高さに通っていたのですが
どうも最近価格も、え?という位に値上がってるし
それでも美味しければいいのですが、サービスも低下しつつあって
(というか金にガツガツしているのが何か伝わってくる・・・先代の時は無かったけど)
何となく使い勝手が下がってきて、足が遠のいている状態。(^^;
あんなに通っていたのですけどね。
で、今年になって発見したこちらが、殆ど同じレベルの羊肉と美味しさの上に
良心的な価格だし、サービスもいいし、具材の種類も豊富で
もうすっかりここ以外で涮羊肉は食べていません。

匹夫涮肉城(黄村店)

匹夫涮肉城(黄村店)
黄村镇清源西路55号
010-69263191

冷凍していない羊肉が、しかも種類豊富にあって嬉しいです。
爆肚冯と全く変わらないか、むしろこっちの方が美味しい気がする位に美味。
私の中では北京で最も美味しい羊肉のお店です。
いや、本当に美味。
羊蠍子のお店も敷地内に併設されているのですが、そっちも美味。
味のバランスがいいだけでなく、肉質が凄く良いのが分かります。

匹夫涮肉城(黄村店)

タレも色々選べます。
一番おすすめはお店オリジナルの胡麻ペーストベースのタレ。
作りたての辣油もここでは無料サービス。
唐辛子の香ばしい香りのする辣油を少し入れて食べるのがおすすめです。
(爆肚冯は有料です)
鍋底も普通のお湯(?)もありますが、色々あるので
この時は薬膳風のキノコベースのものを。
なかなか美味しいです。ていうか、かなり美味。

匹夫涮肉城(黄村店)

そして何より素晴らしいのが鲜鸭血があること!
北京で初めて見ました。
通常の鴨血は工場生産品なので既に加熱されているものなのですが
成都などは店舗によって自家製のフレッシュ鴨血を用意していたりします。
これが食感などが全然違って本当に美味しいのです。
北京にはさすがに無いんだなぁと諦めていたら、こんなところにあるとは。
大感動。

匹夫涮肉城(黄村店)

何より嬉しいのは鴨血以外の具材は全て半分の量からオーダーできること。
人数が多い場合はいいのですが、少ない場合や
食が細い日本人だと一皿の量に負けて種類が増やせないという事態に。
半量からオーダーできるので、色々選べて嬉しいです。
また、私の大好物である腐竹(中国湯葉)がフレッシュなこと。
通常は乾燥した腐竹を水で戻して使いますが、
ここはできたてをそのまま提供しているのだとか。
甘味が深くて美味しいです。
天国のようなお店です。(笑

匹夫涮肉城(黄村店)

烧饼も色々種類があって、選べますし、美味しい。
これも嬉しいポイント。

と、大絶賛していますが、残念ながら日本人観光客は絶対行かないであろう
大変に辺鄙な場所にあるのです・・・(^^;
近くに駅もないし。
ただ、支店が霄云路と西三旗(ここも普通行かないか・・・)にあるので
まだ霄云路は行きやすいと思います。
霄云路は空港の経路にも出来る立地なので、機会があったら行ってみたいと思います。
どうやら評判はいいので、同じように美味しいかも。(^^

元宵節の水餃子と湯圓

北京

春節最後の元宵節。
何だかこの日は毎年北京にいます。(^^;
爆竹もこの日で終わりということで、夜は外がちょっとした花火大会
(個人主催・・・でも規模がなかなか凄い)
その花火を眺めながら水餃子作り。

北京

普段は茴香の水餃子が大好物ですが
冬は白菜が美味しいので、この日は白菜と豚肉の水餃子。
日本で一般的に言われる餃子の餡と違って
結構隠し味的なアイテムが入って、なるほどと感心します。
家庭によっても違うのですが、こういった作り方をすると
小籠包も顔負け位にスープたっぷりの美味しい水餃子になるんですね。

北京

包むところからは私も参加。
だいぶ上手く早くなってきました。(笑
そろそろ餃子屋さんでバイトできそうな気がします。
皮の作り方もそろそろマスターするように頑張ってみようかなと思いますが
結構難しいんですよね。(^^;

北京

持っていった日本酒(中国の人は結構日本酒大好きです)と
北京のビールで茹でたての水餃子をいただきます。
黒酢をつけていただくことが一般的ですが
美味しい水餃子は何もつけなくても美味しいです。
当然なにもつけずにいただきます。美味。
水餃子なのでさっぱりしていていいですね。
最近は日本の焼き餃子が本当に食べられなくなってきました・・・
油が凄くてちょっと無理。(^^;

北京

食後は湯圓。
元宵節は湯圓を食べる日です。
(別に水餃子を食べる日ではないです・・・)

最近は色々な餡が増えていて、チョコレート餡などもありますが
私はオーソドックスな胡麻餡が一番好きです。
たまに食べると美味しいんです。
といっても冷凍食品とかで1年中湯圓は売っていますけどね。

红油肚丝

新兴园饺子馆

2月の北京は寒いですが、その分食べ物が美味しい季節でもあります。
春節明けを狙って出張。
で、楽しく餃子三昧をしてきました。(笑

お気に入りの新兴园饺子馆で、いつもオーダーするのは餃子の他には香菜炒肉丝ですが
たまにこれも食べたいなというのが、この红油肚丝。
元は四川料理ですが、今や華北、東北でもお馴染みの料理です。

猪肚、豚の胃袋を茹でて細く切ったものに
ネギと辣油を和えたというシンプルな前菜ですが、これが美味。
何度も言っていますが、モツ料理は処理の上手さといい中国の方が凄いです。
(ただし、華北、東北、四川あたりに限る。南方のモツは勧めません・・・)

このお店の红油肚丝は結構レベルが高いです。
あと街の熟食屋(お惣菜屋)さんにも結構あったりします。

新兴园饺子馆

このお店は一品料理も、もちろんメインの餃子もかなり美味しいのですが
残念なのはスープが好みじゃないんですよね。
まず酸辣湯がないという残念な感じで(餃子と言えば酸辣湯なのです)
東北人は酸辣湯食べないのかなぁ位に思うほど珍しいと思います・・・
で、他のスープはいくつかあるのですが
またオーダーしたいと思うほどのスープがないのですよね。
全部制覇した訳ではないのですが。(^^;

ちなみにスープをオーダーすると、このような容器で来ますが
かなりの上げ底なので、ちょっとがっかりします・・・

新兴园饺子馆

たまには別の餃子をオーダーしようと思うものの
毎回同じものになってしまうんですよね・・・
茴香(フェンネル地上部)と豚肉。
たまにオーダーするのは野菜のみの水餃子。
やっぱり当地では主食ですから、肉料理をオーダーしたら
バランスを見て餃子は野菜だけとか普通にあります。
結構、野菜だけの水餃子って美味しいんですよ。

新兴园饺子馆

本当は羊肉の水餃子を食べたいのですが
何故かこの店は蒸し餃子にしか羊肉がないという・・・
オーダーしてから包むのは蒸し餃子も水餃子も同じなのに何故?と思いますが
なんかこだわりがあるのでしょうか?(^^;
仕方がないので羊肉と香菜は蒸し餃子で。
ここの蒸し餃子、皮の味わいが良くてバランスもよく
小籠包とかいらないなと思う位に美味です。(^^

金银馒头

北京

ちょっと長かった2016年の年末からの北京、雲南。
年が明けてからの北京と承徳とフラフラしていたのも終わり。
ということで、最後の食事は羊蝎子の德云轩羊蝎子火锅へ。

最近はかなり美味しいお店を見つけたので、ここにはあまり来ていませんが
市内中心部ならここが一番気に入っています。
(別にアクセスの良い場所ではないのですが)

北京

羊蝎子ってどうも塩っぱいお店が多いです。
有名なお店でも・・・なことが殆どで、そんなに差を感じないようで
実は結構違うのが鍋底の塩加減。
最初は良くても食べ続けるのが辛いお店が多い中で
ここは塩加減も辛さも地味になかなか調度良いのです。
そのせいか、以前は単なるマイナーなお店だったのに
最近はどうも人気が高くなってきたようです。結構満席もあったり。
あとお店の老板娘(っていうか、おばちゃん)の対応がいつも素敵なのもポイント高し。
江戸っ子みたいなおばちゃんで、サービスいいです。

北京

ここは餅系もなかなか美味しいのですが
そのせいなのか葱油饼とか羊肉饼が売り切れていることも少なくないのです。(^^;
で、そんな時にオーダーするのが金银馒头。
中に餡のない中華まんが馒头(饅頭)と呼ばれるもので
金银馒头というと、本来は蒸したままの白いもの(銀色)と
こうして揚げた揚げ饅頭の茶色(金色)が半々というものですが
私は揚げたものが好きなので、お願いして全部揚げてもらっています。(笑
別に羊蝎子のお店以外でも、結構色々な場所にある一般的な料理ですが
なんか好きなんですよね。
真ん中の練乳をつけて食べるようになっていますが、
私は基本はそのまま何もつけずにいただきます。
ほんのりと甘さがあって美味しいのです。

やっぱり華北、東北は米ではなく小麦料理です。(笑

蒜泥茄子

好嫂子

車が壊れたお詫びに兄1号が奢ってくれるということで、いつもの好嫂子へ。
やっぱり安定の美味しさです。
麺だけなら一碗居のほうがいいけど、こうして居酒屋的に使うにはベスト。
(もちろん北京で刀削麺なら美味しいのはここ)
ここは大好物がたくさんあります。(笑
皮蛋も色々食べると美味しいのと美味しくないのとあるんですよね。

好嫂子

地味に美味しいのが蒜泥茄子。
蒸し茄子のにんにくソース和えといったところでしょうか。
元は山東省の家庭料理で、シンプルなのですが、この上なく美味しい。
こういった野菜料理が美味しいのが華北、東北の凄いところですよね。
ビールがすすむんですよ。これ。

好嫂子

他にも好物ばかり一方的にオーダーさせていただきました。(笑
ここの猪皮冻(豚皮の煮凝り。ここはレベルが違う美味しさ。)は絶対に外せないし
シンプルな野菜炒めも美味。
しかし、本当にこうして見ると中国の家庭料理は野菜がメインですね。
主食にあたる麺とか餃子とかに気をつければ
毎食けっこう食べててもあんまり太らないんですよ。
野菜摂取量が大量。

好嫂子

締めは榨菜肉丝面。ザーサイの刀削麺。
基本的には西红柿牛肉面(トマトと牛肉の刀削麺)が好きなのですが
飲んだ締めには榨菜肉丝面の方が良かったり。
この塩気と旨みが後を引くんです。

そういえば最近はなかなか好嫂子に行っていないような。
すぐ至近距離に美味しい羊湯(羊スープ)のお店が出来てしまったりして
滞在時間に対して食事回数が足りないのですよね・・・(^^;

北京三环路

北京

承徳で足止めされたりと、ちょっとしたトラブルもありましたが
無事に友人たちが日本へ帰国する日。
夕方の便に乗るべく、市内でお茶を買ったりしてから空港へ。

空港へ向かう机场高速(機場高速)走行中にどうも車の調子が・・・
この時は兄1号のビュイックだったのですが、どうやらギアがおかしい模様。
致命的に動かないとかではなく、スピードが出ないという現象で
異常を知らせるランプも警告、でも走行可能という表示なので
まずはみなさまを時間通り空港へお送りしました。
で、ちょっと安心。

北京

その後、車の持ち主である兄1号や修理工場へ連絡して
まずは自走可能だから乗ってきてということで向かった訳ですが
とうとう三环路(三環路)のところで走行不可能に。(^^;
しかも渋滞中の真ん中の車線でというおまけつき。
そのままにする訳にもいかないので、おりて車を押して路肩に寄せることになりました。

いや、きっと普通の旅行者よりは変わった経験をしている方なんだとは思いますが
まさか三環路のど真ん中で車を押す日が来るとは全く予想してませんでしたよ。(^^;
運転手の兄2号と私しかいないので、基本的に私が押す訳ですが
ビュイック商務車、重い・・・しかも絶妙に上り坂。

ただ、押し始めて1分もしないうちに、周囲の車の人たちがおりてきて
一緒に車を押してくれたのは本当にありがたかったです。(^^
女性なんだし、寒いから(当時は真冬)車に乗ってなさいとか言っていただいたり
(結局最後まで一緒に押したけど)
お菓子や飲み物までくださったり、こういう時の中国の人たちって優しいんですよね。
ありがたいなぁと感謝。

北京

路肩に無事に寄せてから、2時間ほどレッカー車を待って(寒かった・・・)
そこから修理工場へレッカー車に車ごと乗って移動。
レッカー車を待っている間も渋滞中の他の車から
「大丈夫?」とか声をかけてくれるんですね。
ここでもお菓子いただいたりとか。(笑
あとレッカー車のドライバーさんから暖かいお茶をもらったりとか。
(色々お話して面白かった)

修理工場で持ち主である兄1号と合流。
走行可能の警告ランプに関わらず走行不可になったビュイックについての文句と
日本車買えとか一通り文句を言って、ちょっとすっきり。(笑)
いや、でも普段から聞いてるけどビュイック、整備性とか悪いと思う。

と、貴重な経験をしました。
次の日は見事な全身筋肉痛・・・(^^;

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com