カテゴリー : 北京2011

宏源涮肉城(天坛店)

宏源涮肉城(天坛店)

宏源涮肉城(天坛店)
崇文区永内东街东里13号楼-1-2号(近天坛公园南门)
010-67017030 67032141

最終日。
通関書類の一部をいつものお茶屋さんに忘れたことに気が付き、再度お店へ。
本当に最後の日までお店でお茶を飲んでいました。(^^;

特に観光もせず、とにかく仕入れや打ち合わせばかりで
食事処の紹介しかありませんでしたが、最後も涮羊肉のお店です。
羊肉のしゃぶしゃぶのお店で、友人たちが普段行くお店なんだとか。

天坛公园の南門前にあります。
結構人気があるようで、混んでいます。少しですが待つことに。
公園に観光にきた帰りに良さそうな立地ですね。

ここは炭火ではなくガスを使用しているようです。
考えてみればガスを使う涮羊肉は初めてです。

宏源涮肉城(天坛店) 宏源涮肉城(天坛店)
宏源涮肉城(天坛店) 宏源涮肉城(天坛店)
宏源涮肉城(天坛店) 宏源涮肉城(天坛店)
宏源涮肉城(天坛店)

美味しいです。
やっぱり北京に来たら一度は涮羊肉を食べないとなぁとしみじみ。
キノコの盛り合わせも美しく、野菜もしっかりいただいて満足でした。
つい昼間から白酒もいただいてしまったほど・・・

とはいえ、涮羊肉は爆肚金生隆を超えるお店は今のところ出会えていないですね〜
一番は爆肚金生隆。その次は满福楼涮羊肉、ここはその次位でしょうか?
とはいえ、観光時の立地を考えるとかなり使い勝手の良いお店だと思います。

– another entries –
2015.06.16 南门涮肉(天坛店)

沸腾鱼乡(建国门店)

沸腾鱼乡(建国门店)

沸腾鱼乡(建国门店)
朝阳区建国门外大街乙24号华侨村燕华苑内
010-65159600

北京滞在最後の夜は夫と2人でホテル裏の四川、水煮鱼の専門店へ。
このお店は少し前に相当流行ったのか
北京の友人たちが口を揃えて「美味しい」と薦めていました。

沸腾鱼乡(建国门店)

このお店に限らずですが、基本的に水煮鱼などの場合は魚ごとお買い上げです。
1匹何グラムで幾らという形式ですので、まずは魚選びから。
ホールスタッフの女の子がとても感じがよく、アドバイスしてくれます。
(日本でもここまで良い接客はそうそう出会わないと思うレベル)
魚の種類は忘れてしまいましたが、5〜6種類位あります。
フロアにある水槽から魚を選んで調理してもらいます。
私たちの場合は2人しかいないので、なるべく小さな魚ということで選びました。

沸腾鱼乡(建国门店)

選んだ魚はあっという間に水槽係?のお兄さんによって絶命。調理場へ。
すぐに水煮魚になって運ばれてきます。

流石に小さめとはいえ、かなりの量でした。
味は結構美味しいです。CPも普通に良い感じで、かなり好印象。
夫と量との戦いになってしまったのが仕方ないとはいえ残念ですが
人数がいたら、相当楽しく美味しい食事だったと思います。

沸腾鱼乡(建国门店)

せめて野菜が食べたいと思ってオーダーした白菜の炒めもの。(確か)
これも結構な量なんですよね・・・2人だと辛いです。
美味しいのですが、食べきれないどころか、全然減ってない状態で申しわけなかったです。

今度は大人数でリベンジしたいお店です。

私たちは閉店間際の時間帯だったので空いていましたが
人気店のようで、早い時間は混んでいそうです。

茶马古道(工体店)

茶马古道(工体店)

茶马古道(工体店)
朝阳区工人体育场北桥58栋1楼(近工体西门)
010-85804286

この日の午前中はいつものお茶屋さんに置きっぱなしにしていたお茶や茶器を引取りに市場へ。
老板のご好意で他のメーカーさんから仕入れたものなども置かせてもらったり
輸出入書類の作成を手伝ってもらったりと、
まるで自分の事務所のように使わせてもらっています。
このお店の老板以外にも市場には馴染みのお店がいくつか。
そういったお店をまわって帰国のご挨拶などをしながらお茶をいただいて
あっという間にお昼時間。
一度行ってみたかった雲南料理の有名店、茶马古道(茶葉古道)へ。

工人体育場の西門を入ってすぐの場所にあります。
なかなか小奇麗でいまどきの感じの建物とインテリアです。
少し前の日本にもこういう感じのレストラン、結構ありましたね。

茶马古道(工体店)
特色三拼
茶马古道(工体店)
易門水豆鼓拌薄荷
茶马古道(工体店)
酸辣酥豆腐
茶马古道(工体店)
竹筒飯?
茶马古道(工体店)
過橋米線
茶马古道(工体店)
干煽洋芋絲
茶马古道(工体店)
梅菜扣肉
茶马古道(工体店)
過橋米線

ちょっとびっくりする位に美味しかったです。

特色三拼は雲南の山菜盛り合わせ。
易門水豆鼓拌薄荷は水納豆とミントのサラダ。これが絶品。
その他の料理もとても美味しく、
そして意外とかなり辛く
友人も含め全員再訪を決心しながら食べていました。
お値段もこの内装にありがちな高級すぎという訳ではなく
安くはないけど高すぎもなく、この雰囲気と味だったら全然OKなお値段です。
これは現地友人も同意。

サービスも良く、なかなか良かったです。
今度は夜にバー利用も含めて楽しみたいです。
結構ワインが合いそうな感じです。雲南料理。(^^

– another entry –
2012.08.04 易門水豆鼓拌薄荷
2013.04.07 昭通洋芋焖鸡(昭通洋芋燜鶏)と香格里拉葡萄酒

朱记天津包子王

朱记天津包子王

朱记天津包子王
崇文区龙潭路13号(龙潭湖正门对面)

北京滞在5日目。
しっかり睡眠をとって、購入したばかりの蔵茶や岩茶も意識的に大量摂取して
体調もかなり回復。
#私の場合はかなり酷い体調の場合は蔵茶、回復してきたら岩茶の肉桂を飲むことで
#体調をコントロールすることができます。
そんな訳でこの日は念願の炒肝を食べに友人に連れて行ってもらいました。

炒肝というのは北京小吃の1つで、豚の大腸とレバーを醤油味で煮込んで餡状にしたもの。
片栗粉あたりでとろみをつけていると思いますが
ちょっとしたゼリー並みな硬さでニンニクたっぷりのなかなか美味しいものです。

有名なお店はガイドブックなどにも紹介されている姚記炒肝店ですが
北京人の友人曰く、生粋の北京人は行かないんだとか。(本当か?)
ということで、連れて行っていただいたのは龙潭西湖公園近くのこのお店。

人気のあるお店のようで、店内は常に満席。
といっても長居するようなお店ではないので、回転は異様に早いです。
ひっきりなしに人が入ってきます。
カウンター?で注文を伝えて支払、横から料理を受け取るシステムです。
中国語ができないとハードルが高そうですが、指差しでも何とかなりそうです。

朱记天津包子王

炒肝はもちろん。包子もかなり美味しいです。
今までで一番美味しい包子かも。

朱记天津包子王

雲呑も絶品。
朝なので炒肝か包子だけしかないと思っていたのですが
聞いてみたら大丈夫とのことでお願いしました。

また是非行きたいと思うお店です。
美味しかったです。(^^

#お店を間違えていたため修正しました。

牡丹苑

牡丹苑

牡丹苑
朝阳区建国门外大街26号长富宫1楼
65125555转62

この日は体調を崩してしまい、夕方にはかなり具合が悪くなっていました。
心配してくれた現地友人たちからは
白酒を飲めば治るよという温かいお言葉をいただきましたが
流石に食事に出る気にもならず、宿泊ホテルのレストランへ。
お粥でもいただこうと思って行きました。

粤菜=広東料理なので期待したのですが、お粥はありません。
どちらかというと東北料理系のようなメニューですが
意外と、というか結構美味しいです。

牡丹苑 牡丹苑

とても美味しくいただいて満足なのですが、1つ残念なのはホールの接客。
このレストランは中心にテーブル席のエリア、
それを囲むようにして半個室席があります。
テーブル席のエリアにはドリンクカウンターのような
スタッフがオーダーを揃えたり、お茶を淹れたりする微妙なカウンターがあり
分かる気もしますが、どうしてもそこにスタッフが溜まってしまっていました。
また、そのカウンターが絶妙な死角になっていて
おそらくホールの殆どの状態が見えなくなる位置にあります。

私たちは2人ということもあり、
中心のテーブル席でスタッフの方から見えやすい場所にいたので問題なかったのですが
スタッフの方々から見えない場所にいるお客さん達が次々苦情を言い始めている状態に。
ちょっと尋常じゃないです。(^^;
死角となっているカウンターにスタッフがすぐに戻ってしまうので
オーダーをしたくても放置されてしまうお客さんが殆どの状態になり
各テーブル、個室から苦情が出始めると、今度はその対応にアタフタすることになって
余計スタッフが回らない悪循環になっていました。
(しかし、そんな状況でもすぐにドリンクカウンターに戻ってしまうんですね;)
ここのスタッフも1人1人は一生懸命に対応していてかなり好印象なのですが
ホールスタッフとしての動きを教わっていないために、何ともかわいそうなことに。
お客さんに怒られていたりしましたが、
何で怒られているか分からないんだろうなと思います。
このホテル全体の問題だと思います。

#全聚德烤鸭店のエントリと写真が混同してしまっていたので修正しました。

全聚德烤鸭店(鸿坤店)

全聚德烤鸭店(鸿坤店)

全聚德烤鸭店(鸿坤店)
丰台区广安路1号鸿坤国际酒店3楼(西站南广场东南侧)
010-63285756

北京滞在4日目は馬連道でメーカーさん巡り。
馬連道でいつも悩むのは食事場所。
もちろん沢山お店はありますが、流石に場所柄なのか福建料理が多いです。
昔は全く平気だったのですが
ここ数年は南の中華があまり好きではなくなってしまったので、毎回少し困っていたり。
そんな時に近くに全聚德があるのを知って行ってきました。

結婚式場にある支店です。
店舗もまさに宴会場の作り。
式が入っていない時だけ一般営業する形態のような感じです。
観光客は皆無といって良い程で、殆どが地元の方のようです。

実は北京で全聚德に行くのは20年以上ぶりです。
あまりに有名で敬遠していましたが、美味しいですね。
友人の話では観光客が行く全聚德は味が落ちるので避けた方が良いとのこと。

このお店の料理は北京ダック以外もとても美味しかったです。
やっぱり全聚德はスタンダードに美味しいんだなぁと再認識。
馬連道巡りの際の昼食に良い立地でもありますし。(^^

– another entries –
2016.07.28 全聚德烤鸭店…

手作り水餃子

手作り水餃子

手打ち炸酱面をいただいた後もお茶を飲みながらお喋りしていたり
(北京の方は男女問わず良くしゃべる方が多いです・・・本当)
友人に持っていったMac Bookの使い方などの説明などをしていたら
あっという間に夜に。
夜は手作り水餃子とのことで、炸酱面の時は見ていただけの私たちも参加することに。

手作り水餃子

と言っても実際は生地を練って餡を作るところまでは友人が仕込み済。
私たちは友人が切った生地を伸ばして餡を包むところから。(だけ?)
結構難しくて綺麗に広がらないのと、綺麗に包めないのと
慣れない作業でぐったり疲れてきて
お手伝いどころか、すぐに撤退して見学モードに。(笑
彼らは普通に普段から作っているので、本当に手際よく綺麗でした。凄い。

手作り水餃子

凄い量の水餃子と奥様お手製の料理をいただきながら宴会を再開。
白酒好きの私のために友人が買ってきてくれた牛栏山白酒をいただきました。
しかも途中で飲み尽くして急遽追加で酒屋さんに行った程。

写真にもあるように、実際の中国では野菜を沢山食べます。基本は熱を通した野菜です。
どれもシンプルで凄く美味しいです。
手前の白と黒の料理は山芋とキクラゲの炒めもの。かなり美味しかったです。
中国に行くと日本の倍以上は野菜摂取していますね。

手作り水餃子

メインの水餃子は絶品でした。
今まで食べたことのある水餃子の中では一番美味しいですよ。本当に。
こんなに美味しいと北京といえどもお店で食べたくなくなってしまいますね〜・・・困った。

昼過ぎから遅い時間まで作って、食べて、飲んで、おしゃべりして
本当にとても楽しく、嬉しい1日でした。
みんな、この日のために仕事をキャンセルしたり、休んだりして集まってくれて
本当に感謝してもしきれない程です。
一番の宝物のような思い出です。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com