カテゴリー : 北京2016

血旺

北京

中国出張でしばらく更新をお休みしておりました。
徐々に再開していきます。(じゃないと追いつかない・・・)

東京にも進出してきたという海底捞火锅
別にすごく美味しい訳でもないのですが(普通)
そこそこ安くて、店舗が比較的清潔、サービスも良い方なので
中国に慣れていないお客さまをお連れするには良い火鍋屋さんです。
この時も友人を連れて行きました。で、兄1号がここで歓迎会を。
そういえば久しぶりの海底捞でした。
で、それ以降行っていないという・・・(^^;
日本のお客さまを連れていくのには適しているのと
中国でもあまり辛くない方なので食べやすいので
そういう理由じゃないと、あんまり行かなくなりましたね。
旅行などで現地に行く時には安心なお店だと思います。
なんせ中国全土にあるので。

北京

私の大好物は血旺。血豆腐です。
写真にも右側に写っているグレーっぽい物体がそれです。
意外と血旺が無い火鍋屋さんが多いのですが
ここにはメニューにリストされているのが嬉しいところです。
ただし、四川などと違って他の地域では自家製が少ないので
基本的に工場などで生産された加熱済のものです。
自家製は美しいルビー色で、味も食感も違います。
血旺(血豆腐)というと嫌がる日本人は多いですが、実際は臭みもなく
癖のないレバーのような旨みの塊です。
が、海底捞は加熱済の工場生産品なので、そこまで美味しくはないですね。
頼むけど。(^^;

なんでも日本の海底捞は油条とかも具材にあるとか(台湾の火鍋は入れるのが流行ってます)
大陸の人が見たら、え?とか言われそうな感じみたいですね。
しかもタレが有料とか怒られそうな。(当然大陸は無料です。)
機会があれば日本の海底捞にも・・・行かないだろうな。(^^;

麻团

一碗居老北京炸酱面

北京に戻ると水餃子と並んで食べないと気がすまないのが麺。
麺自体の美味しさが他と全然違うので
最近はもっぱら一碗居にしか行きません。(^^;
残念ながら蒲芳路店が閉店してしまって
(おそらく人気は合ったので家賃高騰か建物建て直しあたりかと)
农展馆店の方ばかりですが、ここの打卤面はやっぱり美味しいのです。

一碗居老北京炸酱面

炸酱面が有名なお店なのですが、もう飽きるほど食べているので
もっぱらこちらの打卤面で。
メニュー名を毎回失念するのですが、尖椒と豚ひき肉、卵の餡で
これが一番大好物。(^^
#今度メニュー名をちゃんと確認しておこうと思います・・・

尖椒は日本ではピーマンとされることが多いようですが
細長い万願寺唐辛子みたいな野菜で夏は辛いものが多いです。
シシトウみたいに当たりがある感じですね。

一碗居老北京炸酱面

で、最近一緒に必ずオーダーするのがこの麻团。
いわゆる胡麻団子です。
ここの麻团は甘すぎず調度良い感じで結構美味しいのです。

面白いのが日本人的にはデザート的な位置づけに認識する胡麻団子ですが
中国的には食事の1つという認識です。
なので普通に食事の最初とかに出てきますし
みなさん食べる時も食後になんて思っていません。
そういえば甘いものは食後にということは結構少ないかも。
文化の違いなんでしょうね。面白いです。

炒合菜戴帽

北京

2016年の年末。
雲南省を回って麗江から北京へ戻りました。
さすがに北京の気温は低いですが快晴。
そして北京は冬が一番食べ物が美味しい季節です。
まぁ寒いといっても湿度が低いので
体感気温は日本の方が寒いと思うことが多いのですが。
あと室内は断然北京の方が暖かいですね。

北京

北京に戻ったら、やっぱり食べたいのは水餃子。
いつもの溢香居饺子へ早速行ってきました。
最近は地元の人で混み合っていて
時間をずらさないと満席ということもも多くなってきました。(^^;

大好物の炒合菜。
単なる野菜炒めという意味で、そのままですが
これに卵焼きを被せたものが私の大好物だったりします。
正式名称は炒合菜戴帽と言うそうですが
街中のお店のメニュー的には炒合菜とだけ表記している方が多いように思います。
ただし、お店によっては卵無しの野菜炒めで炒合菜になっている場合もありますが。

ニラ、もやし、豚肉、春雨、このお店は豆腐干なども入っていて
優しくて旨みの塊のような料理です。
また、卵焼きも合わせて食べると本当に美味しくて
超庶民的な料理ですが、好きなんですよね。(^^

北京

もちろん水餃子も美味。
大陸の水餃子はかなり食べ慣れないと、その美味しさが分かりませんが
(外国人が大して美味しくもない日本のラーメン屋さんに行列&大絶賛するようなものですかね)
皮の作り方が細かく空気を含んだような、もっちりしていながらフワッと感も感じるという
家庭の水餃子には敵わないものの、かなり近いところまで実現しているところとか
最近流行りのバランスの悪い大餡餃子のようなこともなく
多すぎず少なすぎずの絶妙なバランスで、地味にかなり優秀です。
なにより餡の味付けもいいですね。
黒酢無しでも十分に美味しいです。

やっぱり水餃子を食べると北京に戻ってきたなぁと実感できます。
それと日本の焼き餃子とか本当に食べなくなりました。(油っぽくて・・・)
やっぱり餃子は華北、東北に限りますね。
華南とか南の方で餃子を食べたいとか思わなくなります。(^^

奶奶秘制排骨

文氏奶奶小厨

束河古鎮に来たら、やっぱりここ。文氏奶奶小厨へ。
お店のおばあちゃんもスタッフの人たちも覚えていてくれて
また来たの!?と迎えてくれました。
で、おばあちゃんからいただいた松茸のスープ。
優しい味わいで美味。
こうして覚えていてくれて歓迎してくれるのは嬉しいですね。(^^

文氏奶奶小厨

基本的に何を食べても美味しいのですが
外せないのがこれ、奶奶秘制排骨。
おばあちゃん秘伝のスペアリブといったところでしょうか?
ホロホロに煮込んであって柔らかく
何より味が美味しいんですよね。

文氏奶奶小厨

それと絶対に外せないのが纳西炒饭。
このお店の炒飯は本当に美味しい。
それと铁板包浆豆腐でかなりお腹いっぱい。

食べている時もおばあちゃん、スタッフの人たちが次々と声をかけてくれて
そういうのも嬉しいですよね。
お店にいたシェパードの子犬もかなり大きく育っていました。
束河古鎮なら一番のおすすめはここですね。

炒合菜

北京

かなりの頻度で行っている好嫂子刀削面
最近は麺であれば一碗居の方が美味しいので頻度が落ちつつありますが
麺以外の家庭料理が美味しいのは断然、好嫂子刀削面の方です。

最近は北京でも皮蛋をレストランで見かけることが減ってきました。
理由は安くて儲からないから。
こういった庶民のメニューも変わらずにあるのが嬉しいです。(^^

北京

北京における大好物なのが炒合菜。
要するに野菜炒めというだけなのですけど、これが中国は本当に美味しい。
好嫂子刀削面の炒合菜はその中でもかなり美味しい方で
行くと必ずオーダーしています。
火の加減とか味付けとか野菜のシャキシャキ具合とか
大陸の炒め物って本当に美味しいんですよ。
北京でなくてもアベレージで大陸はどこも本当に優秀。
台湾や香港などのそれなりのレストランより
大陸の超庶民的な食堂のおばちゃんが炒めている炒合菜の方が美味しかったりします。
不思議なんですけどね。

北京

お約束通りに締めは刀削麺を。
刀削麺のお店も北京には色々ありますが(高級店から庶民的な食堂まで)
この刀削麺なら好嫂子が一番美味しいですね。
別に高級でもなく、どちらかというと安い方なのですが
味のバランスがいいんですよね。
いつも地元の人で満席というのは分かります。

老醋花生菠菜

北京

2016年12月はちょっと長く北京(とその周辺)、雲南とまわってきました。
まずは北京に到着。
スタンダードに家庭料理で行きつけのお店、溢香居饺子に。
特別美味しい訳ではないのですが、安くてちゃんと美味しいというのは
意外と貴重なお店です。

これは私の大好物、老醋花生菠菜です。
最近、料理人が変わってとても美味しくなりました。
ほうれん草とピーナッツの黒酢あえですが、ピーナッツの香ばしさといい
黒酢の効き具合といい、元々美味しかったのですが、もっと良くなりました。
ほうれん草以外の野菜が色々入っているのも嬉しいですね。
普通のお店はほうれん草とピーナッツ位なので。

北京

餃子もここはスタンダードに美味しいです。
以前は餡の味付けが少し濃かったのですが、今はそんなこともなく。
これも料理人が変わったからだと思いますが
残念ながらいくつかの餃子メニューは消えてしまって
五宝という春雨、豚肉、野菜数種類、卵という餡の絶品餃子があったのですが
今は食べられなくなってしまいました・・・残念。(^^;

最近は餃子のお店でも、なかなか普通に美味しいお店が少なくなりました・・・

久しぶりのサクララウンジ

サクララウンジ

ようやく2016年の12月まで来ました。(^^;
この時は久しぶりに羽田空港JALのサクララウンジを利用する機会があったので
しっかり楽しんできました。
自らビジネスクラスを取ることはまず無いですし
アップグレードをしていただくことは良くあるのですが
そういう場合、ラウンジ利用はできないので実に久しぶり。
クレジットカードに付帯しているサービスでもサクララウンジは使えないですしね。

サクララウンジ

日本酒が意外と充実していました。
あと日本のウィスキーなど。
これは外国人利用客向けでもあるのですかね?
日本酒は以前からですが、最近のジャパニーズウイスキー人気は凄いですね。
おかげで日本国内が品薄になっているとか。

サクララウンジ

前もこんな感じだったかなぁ?と久しぶりすぎて
何となく覚えているような、覚えていないような・・・
フロアによっては空いていて
結構ゆっくり堪能させていただきました。

サクララウンジ

お約束のJALカレー。これは食べておかないと。(笑
実はあまりお腹が空いていなかったのですが
せっかくのJALカレーは食べておきたいということと
この時はちょっと長めに日本を離れるので
カレーかラーメン、蕎麦は食べ納め。
これで1ヶ月弱の中国滞在も大丈夫な気がしてきます。
まぁ私の場合、1ヶ月以上中華料理でも全然ストレスにならないのと(大陸なら)
日本の食べたいモノってその位なんですよね。(笑

次はいつ利用できるかなぁですね。(^^;

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com