カテゴリー : 成都・雅安2012

银杏川菜酒楼 再訪

银杏川菜酒楼
银杏霸王鱼片

成都到着翌日は旅の疲れをとるべくゆっくり。
大西南茶城に行って自宅用の蕎麦茶などを購入して
(大西南茶城については鈴茶堂ブログにアップしています)
夜はやっぱり絶対に外せない银杏川菜酒楼を再訪。

やっぱりここは本当に美味しいです。

银杏川菜酒楼
樟茶仔鸭
银杏川菜酒楼
麻酱凤尾
银杏川菜酒楼
竹荪鸽蛋汤
银杏川菜酒楼
麻婆豆腐
银杏川菜酒楼
干煸辣子鸡
银杏川菜酒楼
卤肉锅魁
银杏川菜酒楼
锅巴肉片

红杏酒家も美味しかったですが、ここにはやっぱりかなわない美味しさです。
樟茶仔鸭にいたっては、ここより美味しいお店を知らないです。
というか、銀杏川菜以外で樟茶仔鸭を食べようという気が無くなってきたような。

しっかり美味しいものをいただいて元気になったところで
翌日はまた移動です。

MUNCHEN 1810(水井坊店)

MUNCHEN 1810(水井坊店)

MUNCHEN 1810(水井坊店)
成都市锦江区锦官驿街9号(香格里拉大酒店大堂入口处对面)
028-84441810

ここは戒めも兼ねてエントリ。(^^;

四川入りしてからかなりの期間を経過していたことや
甘孜、阿壩とまわってきて、バリエーションは違うものの
連日の四川料理に飽き飽きしてきたこともあって
香格里拉大酒店の向かいにあったこちらへ。
ドイツ系のビアハウスです。

中国の地方都市でこういった西洋系のお店って結構危険な感じがします。
この時も嫌な予感がしていたのですが、どうしても行きたいと夫が主張。
案の定な感じで、すぐさま退散しました。(やっぱり)

写真はとても美味しそうに見えますが
これらはドイツ系のソーセージではなく、見事な中華系腸詰です。
むしろ完璧な中華系腸詰の方が全然美味しかったと思います。

沿岸部の外国人が多い都市部の西洋料理ならまだしも
内陸部の地方都市の西洋料理は危険です。
何と言ってもオリジナルを誰も食べたことがないので
微妙に似て非なるものになっていることが殆どです。

お値段はかなり強気。内装が結構洒落ているからでしょうか。
日本と大して変わらない価格で、現地ではかなり高級です。
人気もあまりないようで、ポツポツいるお客さんは
みなさん、この雰囲気でお金を使うということが好きそうな現地の方。
香格里拉大酒店にはかなりの数の欧米人が宿泊しているにも関わらず
欧米人のお客さんは誰もいませんでした・・・

香格里拉大酒店に宿泊していると、とても便利な場所にあるのですが微妙です。

川剧变睑(川劇変瞼)

皇城老妈(皇城店)

成都に戻ってきたら、まずは火鍋!ということで
以前にも行った皇城老妈 皇城店へ。
今回は川剧变睑(川劇変瞼)鑑賞も合わせてということで
2階のショー用の席を予約していきました。

皇城老妈(皇城店)

ここの火鍋はあまり辛くないので安心していただけます。
ただ、ちょっと1階で食べた前回の方が美味しかったような・・・?
どうやら2階は变睑ショーを見るお客さん、つまり観光客(ほぼ外国人?)が多いので
クレームを言う人が少ないからなのか、新人さんの教育場所と化しているようです。
なのでオーダーもちゃんと通ってないし、サービスも微妙な。
最後は今後のことにも期待して、責任者に苦情を伝えて来ました。
(日本人はホテルなどでも文句を言わないことが多いですが
英語でも何でもいいのでクレームはちゃんと伝えたいですね。お互いのためにも。)

皇城老妈(皇城店)

四川料理で美味しいのは、こういった蒸し野菜も。
そのままか、塩やスパイスをつけていただきます。
中国本土の野菜って結構美味しいんですよ。

皇城老妈(皇城店)

羊肉は普通に美味しいです。
普通といっても日本で食べる羊肉とは全然レベルが違うもので
まったく臭みはありません。

皇城老妈(皇城店)

食事ももう終わるかなというころにショーが始まります。
まずは中国伝統楽器の演奏から。

皇城老妈(皇城店)

そして何故かはじまるマジックショー。
日本人的には何だか懐かしいような。
中国の方、特にお子さんは釘付けになっていました。
日本も昔はそうでしたよねー(^^

皇城老妈(皇城店)

お次はカンフー茶芸。
あまり上手な方ではないようで(多分、アルバイトでしょうしね;)
3パターン位の同じ動きを延々と繰り返しています。(^^;

皇城老妈(皇城店)

やっと川剧(川劇)。
夫婦漫才的な内容で、まぁ面白い・・・かな?(^^;;;

さらにセクシーお姉さんダンスショーや再度マジックショーやカンフー茶芸などが繰り返され
(時間調整・・・?)
ちょっとうんざりしてきたところでトリの变睑(変瞼)が登場。

皇城老妈(皇城店)

日本では変面と呼ばれることの方が多いでしょうか?
顔が変わる瞬間は本当に早く、やっぱり(当然)わかりませんねー。凄い。
けど、あっという間に終わりました・・・

变睑以外はあまり見るべきところもあまり無い感じですね。
一度見たらもういいかなぁという感じで、とりあえずは見れて良かったかと。

ちなみに周囲のみなさん(除く外国人)の一番人気はやっぱり变睑ですが
次はセクシーお姉さんダンスショーでした。
身を乗り出さんばかりに見ていたおじ様たちが印象的でした。(笑

成都香格里拉大酒店

成都香格里拉大酒店

悪夢のような悪路を通って成都へ到着。
成都市郊外では交通警察に捕まったりしてヒヤヒヤしましたが
(車窓のスモークフィルムが取締対象でしたが、言いがかりに近いような・・・)
何とか無事に戻ってくることができました。

もう一度、圓和圓佛禪客棧に宿泊することを考えていたのですが
とても人気のある宿ということもあり、予約が取れず・・・・
というよりも、この時期の成都のホテルはどこも満室。
何か会議でもあったのかもしれません。
山の中に行ってきた後は文明的なホテルがいいよねということで
かなり豪勢に成都香格里拉大酒店(シャングリ・ラ ホテル 成都)に宿泊。

成都香格里拉大酒店
成都市锦江区滨江东路9号
028-8888-9999

成都香格里拉大酒店

客室は適度な広さもあって快適。
バスルームも広々と使えて、なにより綺麗なのが嬉しかったです。
シャングリラだったら当然ですが、何せ山の中から降りてきたので
気分は「ただいま文明!」状態です。

成都香格里拉大酒店

部屋は丁度角部屋で成都の街が一望できます。
夜は残念ながら、この建物に向かってライトアップされているため
あまり良く見えず・・・

成都香格里拉大酒店

とても快適な滞在でした。
さすが経済発展の勢いのある成都でも一番のホテルともあって
ロビーラウンジのセラーには高級ワインがずらり。
(保管状態は不明ですが・・・)

成都香格里拉大酒店

ロビーラウンジにはバーテンダーさんがいらっしゃらないようで
サービスを担当してくれるスタッフがカクテルなども作ってくれます。
なので、このスタッフの技量はとても大事・・・
私たちは結構センスの良い女性に出会うことができたので
滞在中はずっと彼女をご指名でお願いしていました。(^^

麻辣牛肉

麻辣牛肉
麻辣牛肉

雅安最後の夜の食事も西康大酒店の中餐厅で。

屋台で買い食いしていたせいもあって若干お腹いっぱい。
少し少なめに(でもお酒と蔵茶は多め?)でいただきました。

雅安川菜 雅安川菜
雅安川菜 雅安川菜

やっぱり外せないのは麻辣牛肉。
四川に来たら一度は食べておかないとという料理です。
辛いだけじゃなくて深みのある旨味で、ここで食べると本当に美味しいです。

それともう1つ、3月に来た時にいただいたナスの鉄板ホイル焼きみたいなお料理が
本当に美味しくてもう一度食べたかったのですが、メニューに見当たらず。
スタッフの方に聞くと、どうやら当時の「その日のお勧めメニュー」だったらしく
一体どんな料理か正確に分からない状態。
諦めていたところ、多分これじゃない?と出してきてくれたのがまさにコレ。
一番右下の写真のお料理です。
どうやら当時のメニューをスタッフの方たちが一生懸命思い出してくれて
厨房へ伝えてくれたようです。
嬉しかったです。どうもありがとうございました!(^^

雅安

お約束の静かな雅安の夜景。
目抜き通りだけが明るくて他は真っ暗です。
それでも以前よりは、たった半年なのに随分明るくなったように思います。

雅安

雅安って本当に素朴で面白い街だと思います。
ちょっと郊外では、こんなふうに車道を塞いで穀物を天日干ししていたり。
これには警察も文句が言えないそうです。(^^;

雅安

こんな市場もあったり。
どうやら近くの農家の方たちが野菜などを持ち寄って販売しているような。
このあたりは桃なども美味しくて有名なんだそうです。

しばらく雅安には行くことはないかなと思うのですが(多分)
こんな風景はもうみられないかもしれないですね・・・大都市になってたりして。(^^;

廊桥烧饼

廊桥烧饼

翌日からかなりハードな旅になるため
この日の午後はドライバーのSさんにはゆっくりしてもらうことにして
私たちは必要となる非常食や水の買い出しを。
ひと通り買い出しが終わった後は夫に人力三輪車に乗って荷物をホテルまで持って帰ってもらい
(雅安の町中では人力三輪車が現役の交通機関です)
私とardbegさまは雅安の繁華街見物へ。

やっぱり雅安に来て外せないのはこの廊桥烧饼(廊橋焼餅)。
写真撮影してもいいかどうか聞いたところ
何とポーズまでとってくれました。
ありがとうございます!(^^

廊桥烧饼

すぐ側の廊橋で早速いただきました。
やっぱり美味しいです。
お値段も変わらず安くて嬉しいですね。(2元=この時は26円位?)
ここの焼餅に匹敵するものはなかなか無いですね。
焼餅大好きの私でも大満足に美味しいです。
ずっとあの場所で屋台を続けて欲しいと思います。

茶座

その後はホテルまでブラブラと戻って、ホテル前にある川沿いの茶座へ。
(写真は上里古鎮の茶座です)
川から来る気持ち良い風と美味しいお茶をいただきながらゆっくりしていました。

茶座はエリアごとにお茶を販売している人が異なります。
仕切りはないけど、それぞれ色々なお店が並んでいるような感じです。
ぱっと見はどこでお店が切り替わるのか分からないのですが・・・

私たちが利用した茶座では結構良いお茶を扱っているようで
通常一般価格帯のお茶とそれよりも少し高めのお茶と両方ありました。
少し高めといっても違いは10元(130円位)程度なのでそちらを。
とても美味しい蒙頂黄芽をいただきました。

红烧牛肉挞挞面

兰师傅挞挞面

望魚古鎮で茶馬古道の跡を確認したあとは雅安へ戻ってお昼ごはんです。
雅安と言えば外せないのが挞挞面。
兰师傅挞挞面へ行ってきました。

红烧牛肉挞挞面
红烧牛肉挞挞面

やっぱり美味しいです。絶品と言っても良い位。(^^

流石に四川だけあって、紅焼牛肉麺はしっかり辛いです。
とはいえ、激辛ではないので(人によっては激辛かもしれないですが)
スープも普通に美味しくいただけます。

三鲜挞挞面
三鲜挞挞面

三鲜挞挞面に沢山入っている地元のキノコがまた絶品。
旨みが深くて、ちょっとここまで美味しい麺にはなかなか出会えないレベル。
美味しい。(^^

泡菜
泡菜

泡菜(漬物)はちょっと失敗。
化学調味料をかけないでと言うのを忘れました・・・(^^;
てんこ盛りの化学調味料を避けながらいただきました。
かなり美味しい泡菜なのですが、この最後の化学調味料だけ余計な。

拌山珍
拌山珍

こちらは干筍の和え物。辛くて絶品。
やっぱり頼んでしまいます。

雅安の街に来たら絶対にお勧めのお店です。
庶民的なお店で決して綺麗なお店ではありませんが、不潔ということもなく
(建物が古いです)
いつも地元の方で賑わっています。
場合によっては満席ですが、食べてすぐ出て行くような食堂なので回転は早いです。
びっくりする位に美味しいですよ♪

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com