カテゴリー : 成都2013

成都双流国际机场からラサへ

成都双流国际机场

チベットへ向かう日の早朝、まだ日も昇らないうちに空港へ。
朝が早いというのもありますが、成都は西にあるのに時間は北京時間。
体感的に北京とは1~2時間位の時差があるような気がします。

早朝の空港は予想以上に人が多かったです。
建替えになってピカピカになった成都双流国际机场は綺麗ですが
また無駄に広くて移動が大変です。
中国の空港には良くあることですけど・・・(^^;

成都双流国际机场

上海から成都に来る際の飛行機の中に家人がiPodを忘れていたのですが
無事にこの時に受け取り。戻ってきました。
実は私自身も北京の街中の食堂で忘れ物をしてしまったのですが
これも後日無事に戻ってきました。
この旅ではちょこちょこ忘れ物をしていたのですが
何と全て戻ってきたという嬉しいこともありました。
忘れ物が戻ってくるのは日本だけじゃないんですね。(^^

成都双流国际机场

ラサ行きのセキュリティチェックは一般のセキュリティチェックとは違う場所にあります。
分からずに近くにあったセキュリティチェックから入ろうとしたら
ラサ行きは違う場所から!と中国語で言われるものの良く分からず・・・
指を指された方向に向かって移動するも、本当にセキュリティチェックがあるの?と思う程の距離で
かなり不安になった頃にセキュリティチェックに到着するという・・・
無駄に広すぎです。

ちなみにラサ行きのチェックはかなり厳しく
成都の友人が持たせてくれたお茶も残らず開封されたり
国際線並み?という感じでした。
厳しい分、チェックにも時間がかかります。
無駄に広くて移動に時間がかかることを考えても、早めのチェックインがお勧めです。

とまぁバタバタとしていましたが、何とかラサに向かって出発です。

鴨血

重庆江北火锅

茶城にある友人のお店を訪問した後は文殊院に戻って夕食。
成都の文殊院に来たら絶対に外せないのが重庆江北火锅
この辺りはかなりの人気店で、この日も満席でした。
やっぱり美味しいんですよ。ここの火鍋。
おかげで四川以外で火鍋を食べる回数がかなり減ってしまいました。(^^;

重庆江北火锅

辛さ耐性が成都人よりも強くなった(笑)現在は、鍋底は麻辣一択。
どっちにしてもこのお店の鍋底は2色を選んでも
辛くない方はかなり迫害された大きさなので
(レードル置き位の大きさしかないような?)
2色も1色もあまり変わらないような気がします。

重庆江北火锅

で、大好物の鴨血。このお店のはフレッシュな美しいルビー色。
この鴨血が私の大好物なのですが、FBなどに写真をUPしていたら
女性のみなさんにドン引きされたという食べ物です。(笑

大好物だけあって、全くそんな認識はなかったのですが
この鴨の血を固めただけのシンプルな食材は、中華圏各地で親しまれています。
日本人が大好きな台湾でも良く食べる食材で
レバーのようと称されることも多いようですが
新鮮な鴨血はレバーとは全く違う、臭みも何もないプルプルな旨みの塊です。
多くは加熱済のグレー色のものですが(工場などで作られるものが殆ど)
自家製の鴨血は加熱していないので見事なルビー色。
こういった鴨血は風味も味わいも触感も素晴らしいんです。
鮮度が命の鴨血はルビー色に限ります。(^^

感触として台湾あたりの南方の鴨血は臭みのあるものが比較的多いような気がします。
気温が高いのとグレーの加熱済が殆どだからかなとも思うのですが
それでもかなり美味しい食べ物なので
台湾旅行などで見かけた際には是非チャレンジしていただきたいです。

久しぶりの成都で絶品鴨血をしっかりいただいて、
チベットへ向けて暫くは美食とお別れです・・・

友人のお店訪問。

友人ご夫妻

鈴茶堂ブログにもアップしていますが、午後は成都の大西南茶葉市場へ。

久しぶりに来た大西南茶葉市場は随分とお店が変わっていました・・・
厳しいんですね。家賃とかバブルだけに大変なんだと思います。

以前に訪れたセンスの良い茶器を扱うお店は跡形なく違うお茶屋さんに。
なかなか良い茶葉を扱う雲南の茶業さんが経営する普洱茶のお店は
新規取引の話ができればと思って訪ねてみると
お店の外観も名前も同じなのに中身は全く違うお店になっていたり。
お茶屋さんの居抜き状態って結構あることなのですが・・・(^^;
結構美味しいお茶を作る茶業さんだっただけに残念。

お目当てのお店が全滅ということで、とたんに用事が全く無くなってしまい
予定よりも早い時間に友人のお店へ。
とてもセンスの良い茶室のあるお店で、素敵なお店です。
写真は友人ご夫妻。顔にモザイクをかけるのが残念な位に美男美女カップルです。

大西南茶葉市場

素敵な茶器も沢山揃っていて、これ欲しいと心の底から思うようなものばかりなのですが
殆どはご主人のコレクションという・・・orz
残念。

ご主人は蒙頂山の茶業さんがご実家ということもあり茶師さんでもあります。
友人である奥さまは評茶師。
シーズンになると雲南に赴いて少数民族と製茶を行っています。
これがまた凄く美味しい普洱茶なんです。
恐ろしく高価でしたが、今年の相場を見ると全然安かったという・・・

沢山美味しいお茶を飲ませていただき、友人価格で割引で譲っていただいたり
更には明日からチベットへ行くという私たちに
高山病にならないようにと絶品普洱茶をプレゼントしてくれたり。
(普洱茶や蔵茶などの黒茶は高山病予防になるそうです)
他にもお土産と紅茶などもどっさり持たせてくれました。
荷物が一気に増えたんですけど。(^^;
ラサで困ったら訪ねなさいと友人の友人が営んでいるお茶屋さんを教えていただいたり
いつも現地のみなさんには良くしていただいています。感謝。

陈麻婆豆腐のお皿

陈麻婆豆腐

成都2日目。
この日は成都で茶商兼茶業をしている友人のお店を訪問する予定のみ。
宿泊している文殊院は友人のお店と陈麻婆豆腐骡马市店との丁度中間にあります。
つまり、骡马市店に行くのには友人のお店と正反対の方向・・・
ちょっと移動が面倒なのですが、やっぱり骡马市店に行きたいということで
お昼はこちらで。(^^;

ちなみに成都市内には「陈麻婆豆腐」というお店が沢山あります。
文殊院のホテルから歩いていける距離にもあるのですが
お店によって味がバラバラ。
文殊院の陈麻婆豆腐は美味しくないので有名だったり。(笑
やっぱり骡马市店が美味しいです。

陈麻婆豆腐

陈麻婆豆腐よりも成都には美味しい麻婆豆腐があるとか
意外と美味しくなかったとかという評判も日本人旅行者の間ではあるようですが
庶民的な美味しさという意味でも私の基本はやっぱり陈麻婆豆腐(骡马市店に限る)です。
もちろん、银杏川菜酒楼の麻婆豆腐は絶品ですし上品な美味しさですが
この一般の人たちが美味しいと普通に食べられる(価格的にも)
麻婆豆腐の美味しさが基本だと思うのですよ。(^^

陈麻婆豆腐

陈麻婆豆腐の麻婆豆腐が入っているお皿は大概どこか割れています。
最初は中国らしく壊れても気にしないのかと思っていたのですが
他のお皿は割れたり欠けたりしていないんですね。
これは調理法上、どうしても割れてしまったりするんだとか。

麻婆豆腐は別の調理用鍋で煮込むのではなく
なんとこのお皿ごと加熱、煮込んでいるそうです。
なので運ばれてくる時にグツグツになっているんですね〜
で、どうしてもそういう調理法だとお皿が割れてしまうんだとか。

陈麻婆豆腐

今回かなり気に入ったのがこちら。
名前は失念してしまったのですが、粟のお粥に青菜がたっぷり入っています。
いや、青菜の軽い煮込みに粟が入っているというべきでしょうか?

粟はとても胃に優しいので、中国では良くお粥にして食べています。
素朴な味わいで美味しいんですよ。
大概は粟のみですが、たっぷりの青菜が入っているのもいいですね。
優しい味わいで美味しかったです。
今度自分で再現してみたいお料理でした。(^^

麻辣土鸡

またもや中国出張で北京・福建省と回ってきました。
溜まりがちな旅行ブログですが、再開します・・・昨年のを早く終わらせないとですね。(^^;

锦江

成都に来たら絶対に外せないのが银杏川菜酒楼
夕食は久しぶりの锦江を眺めながらお店に向かいます。
锦江の流れを見ると成都に戻ってきたなぁと実感します。(^^

今回は大きな宴会が入っていたようで1階の席でした。
サービスも変わらず良い感じで、楽しく美味しい時間が過ごせました。
やっぱりこのお店の美味しさは普通じゃないですね。

银杏川菜酒楼
樟茶仔鸭
银杏川菜酒楼
干煸辣子鸡
银杏川菜酒楼
竹荪鸽蛋汤
银杏川菜酒楼
  
银杏川菜酒楼 银杏川菜酒楼

どうしても毎回似たようなオーダーになってしまいますが
いや〜美味しかったです。

银杏川菜酒楼
麻辣土鸡

四川料理で有名な口水鶏。
私も大好物なのですが、なぜだか成都ではメニューにその名前を見たことがありません。
というか、四川省でその名前を見たことがないです・・・
この银杏川菜酒楼で口水鶏に近い料理といえばこの麻辣土鸡。
もちろん美味しいです。
口水鶏よりソリッドで複雑な味わいで絶品。

しかし、口水鶏は一体どこがオリジナルなんでしょうねぇ。
四川以外の都市、北京や上海などの四川料理店では見かけるので
日本の創作四川料理という訳でもなさそうです。
何で四川省では見かけないのでしょうか・・・(^^;

文殊院界隈 散策

文殊院界隈 散策

お目当ての小吃を堪能した後は、意外と結構夕方近く。
ここは夕食までに何とかして消化を進めたいところ。(笑
文殊院界隈をブラブラと散策することに。

文殊院界隈 散策

前回は工事中だった文殊院もすっかり綺麗になっていました。
それと入場が無料になっていたり・・・
無料ということもあり、前回工事中で断念した内部にあるという茶座を探して
中を除いてみることに。

・・・どうやら茶座復活は無かったようです。残念。

文殊院界隈 散策

この辺りは他に茶座がないんだよね・・・と残念に思いながら歩いていくと
何と道の両脇が茶座で埋め尽くされている通りを発見。
よく見ると両脇にお茶屋さん(茶葉屋さんではなく喫茶系)が連なっていて
それぞれ道に張り出した椅子とテーブルでお茶を提供しています。
みなさん、お茶を飲みながらおしゃべりしたり、トランプしてたり
・・・ギャンブル比率が高いのも四川ならでは。(笑
中国の中でも四川のギャンブル好きは有名で、一体いつ仕事しているのかと心配になるほど
お茶を飲みながらトランプや麻雀をしている人が沢山います。
ある意味羨ましいですねぇ。ギャンブルやらないんですけども。(^^

文殊院界隈 散策

ギャンブル人口の多さに何となく座りそびれた茶座を抜けていくと
今度は何だか人だかりが。
闻酥园というお菓子屋さん(というか中国ケーキ屋さん?)の行列でした。
このお店、人民中路にある闻酥园と同じなんでしょうか?
あちらも大行列ですけど、ここも凄いですね。
チベットに行く前に買っていこうと思いつつ、今回はそのまま忘れました;
美味しいのですが日持ちしないんです。ここのお菓子。

文殊院界隈 散策

この闻酥园が入っている建物がまたとても素敵でした。
上はアパートになっている建物ですが、中国らしい素敵なデザインです。
見た感じ、結構古そうなのもまた雰囲気があってよし。
また実際に住んでいる人たちが作り上げている空気もいいんですよね。

成都の中心部からは少し離れた場所にある文殊院ですが
やっぱりこのあたりの雰囲気の方が落ち着いていて好きです。
また成都に来ることがあったら、やっぱり文殊院に来ると思います。(^^

严太婆锅魁(文殊院店)

严太婆锅魁(文殊院店)

お目当ての小吃は锅魁。
成都名物の具材を挟んだパン、勝手に命名すると成都バーガーです。
この人気店の支店がここ文殊院にもあるんですね。
いい場所です文殊院。(笑

严太婆锅魁(文殊院店)
成都市青羊区人民中路三段19号(近地铁文殊院K出口)

地下鉄出入口のすぐ近くにあり、お昼時間でもないのに人が並んでいるので
結構すぐに分かります。
かなりの人気店のようで、なんと勤務中と思われる警察官の方も並んでいました。(笑

お店の方に写真を撮ってもいいか聞いたところ
快くというか「もちろん!」的な感じで快諾していただいたので
かなりしつこく撮影してました。(^^;

严太婆锅魁(文殊院店)

これが锅魁。パンです。
外側がパリパリの香ばしいパンで、これだけでも美味。
実際、陜西省あたりではもっと大きな锅魁が主食になっていたりもするとか。
四川の锅魁はハンバーガーサイズで中に具材を挾みます。

严太婆锅魁(文殊院店)

中の具材は色々選べます。
牛肉、豚肉、豚耳、筍、木耳、野菜のみ、ブラウンシュガーなどなど
辛い食事系から甘いおやつ系まで豊富です。

とりあえず肉系の辛いものを。
目の前で作ってくれるので、辛くしていいかどうか聞かれます。
もちろん辛くしていいですw

严太婆锅魁(文殊院店)

出来上がった具材を完全分業制な隣のおばちゃんが锅魁に挟んでいきます。
お椀が並んでいるのは、ちょうどこのお椀の1杯が
锅魁1個分の具材の量になるようで、これで中身を計っているんですね。
そして、おばちゃん、手際いいです。

严太婆锅魁(文殊院店)

隣では锅魁を焼いていました。
生地を丁度良い大きさにして整形、手前の丸い鉄板で焼いています。
実際、この丸い鉄板は窯の蓋になっていて
焼き上げるのはこの窯の中で、まるでタンドール状態で焼いていました。
蓋の上に並べているのは表面の焼き色を付けるためのようです。

昔は炭を使っていたそうですが、現在は使用禁止になっているため
(それで锅魁屋さんが減ったらしい)
現在はガスを使用しています。

严太婆锅魁(文殊院店)

出来上がったのがこちら。
思ったよりボリュームがあります。
日本人的には十分にお腹いっぱい。(^^;

辛さは激辛でもなく、でも私でも結構来るなぁと思う程度の辛さ。
なにより锅魁の香ばしさと辣醤のスパイスが爽やかでかなり美味。
これは美味しいです。
頑張って食べてみて良かったと心から思う位に美味しい。(^^

日本でもぜひ食べたい小吃です。
安いし、すぐ出てくるし、手軽だし、
中国の小吃は本当にいいですよね、こういうの。
これじゃファーストフードはいらないよね、といつも思います。

やっぱり成都は本当に美味しいです。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com