カテゴリー : 杭州2009

外婆家 再訪

外婆家

今回の旅行の目的の1つである外婆家へ再訪。
ここのお料理の美味しさが今も忘れられない程だったりします。

上の写真は辣仔鶏のアレンジみたいです。
見た目程は辛くないのですが(どちらかというと麻味が効いてます)
緑のピーマンと思いきや青唐辛子だったり、ちょっと気が抜けないお料理です。
しかし、後を引く美味しさです。絶品。
底の部分にキャベツが敷いてあって、それと一緒に頂くとまた美味しいです。

外婆家

メニューの写真を見てセロリかと思っていたのですが、実際は何だか不思議な野菜でした。
食べてみると芋っぽい食感。
未だに何という野菜だったのか不明ですが、美味しかったです。

外婆家

やっぱり杭州に来たら絶対に食べたい脆炸響鈴。(湯葉素揚げ)
前回は中に少しだけ中に豚肉や椎茸の具が入っていた様に思いましたが気のせいだったかも。
相変わらず絶品です。

外婆家

きのこの炒め物です。
日本では馴染みの無いきのこがいくつか入っていました。
この食感が日本のきのこにはない感覚で絶妙に美味しいです。

他にもなども頼んで、お昼から満腹状態でした。(^^;

2年前と変わらず沢山の人が行列して待っている様な状態で
相変わらずの人気店であるのが良く分かります。
相変わらず美味しいですし、コストパフォーマンスも凄いです。
(2人で1500円もしませんでした)
残念だったのは念願の東坡肉(トンポーロー)がまたもや売り切れだった事。
2年前にも売り切れだったのに・・・どれだけ美味しいんでしょうか?
どうやら上海や北京にも支店がある様子。
今度はどちらかの都市でまたチャレンジかなぁ?(^^;
できることなら、日本支店も作って頂きたいです。

早朝散歩と野鳥観察

早朝散歩と野鳥観察

西泠印社まで散歩した後はホテルに戻って、お庭を散策しました。
色々な鳥の鳴き声が聞こえてきて、ジャングルにいるみたいです。

かなり大きめの鳥がいて、しかも見た事も無い鳥だったのもあって
夫と盛り上がりながらバードウォッチングしていました。(^^;

上の写真が、その大きめの鳥です。
大きさはカラス位か、一回り小さい位の大きさです。
かなり大きな声で鳴いていて、どうやら繁殖するために巣材を探している様でした。

この鳥、日本にもいるんでしょうか?
名前が分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。(^-^;
(サンジャクという鳥でした。教えてくださったみなさま、ありがとうございます。)

他にもキジバトがダンスを踊っていたり(フラれてましたが)
セキレイや沢山のツバメなど、野鳥満載状態で楽しかったです。

早朝散歩と野鳥観察

お庭はこんな感じで緑が気持ちよいです。
写真の車道の右側には小川もあって、周辺の木には良く見るといくつか鳥の巣もありました。
シャングリラに泊まって良かったです。(^-^

西泠印社

西泠印社

朝食後は朝の西湖を散歩しながら、西泠印社まで。
ホテルからゆっくり歩いても10分かからない距離にあります。

西泠印社は篆刻の学術団体で、篆刻だけでなく朱肉も有名です。
(何でも色あせない高品質なものらしいです)

敷地内には色々な篆刻が飾られていました。

西泠印社のある場所は孤山という島ですが、名の通りにちょっとした山になっています。
階段を上って行くと、頂上がちょっとした広場になっていて西湖を眺める事ができます。

西泠印社

しかし、ここまで来る階段が自然の岩や石を使ったものなので歩きやすいとは言えません。
昨年怪我して以来、左膝を痛めてしまった私にはかなりハードで
しばらく足を引きずる羽目になりました・・・(^^;
健常者向きです。

この階段で、しっかり膝を痛くしてしまったので
大人しく、ゆっくり朝の西湖を眺めながらホテルまで散歩して戻りました・・・

西泠印社

香格里拉咖啡苑 CoffeeGarden

香格里拉咖啡苑 CoffeeGarden

香格里拉咖啡苑 CoffeeGarden
西湖区北山路78号香格里拉大酒店西楼2楼
0571-87977951

2日目は早朝の西湖を眺めたくて、朝5時に起床。(笑
西湖

予想以上に朝の西湖は綺麗でした。(^-^

ひとしきり西湖の眺めを堪能した後は朝食をいただきに咖啡苑(CoffeeGarden)へ。

香格里拉咖啡苑 CoffeeGarden

ビュッフェ形式になっていて、中華や洋食、味噌汁までありました。
(流石に味噌汁は別物になっていそうだったのでパス)
点心や中華粥、ベーコンやオムレツなどをいただきました。
特に中華粥は美味しくて(鶏粥、白粥、小豆粥がありました)おかわりしてしまった程。
薬味のザーサイが絶妙に美味しかったです。
意外に点心も美味しかったですね。(^-^

お天気が良かったのでテラス席にて緑と野鳥を眺めながらの食事でした。
気持ちよかったです。

朝食のお値段は日本のホテルよりは若干お安いといった所で
現地の物価を考えればかなり高いと思います。
が、内容と環境、サービスを考えれば満足です。(^-^

花园酒吧 Garden Barのライチマティーニ

花园酒吧 Garden Bar

麻辣火鍋で満足した後はホテルに戻って、花园酒吧でゆっくりしました。

今回のホテルを杭州香格里拉饭店にしたもう1つの理由はこの花园酒吧で
下手な日本のバーよりも美味しいお酒が楽しめます。

このライチマティーニはライチ含有量?がとても多くて美味しいです。
モヒートもお願いしたかったのですが、ミントが無いとの事でありませんでした。
残念ですが、一昨年の同時期に来た時より気温が低いので
まだミントが育っていなかったのかもしれません。

以前はあったPretzelは無くなっていました。
客層も変化していましたから、色々と変わりつつあるんでしょうね。(^^;

花园酒吧 Garden Bar

この日はテラスの方でいただきました。
とても綺麗な庭園になっていて、気持ちよかったです。

花园酒吧 Garden Bar

花园酒吧でほどほどに楽しんだ後は部屋で西湖を眺めて
翌日のためにも早く寝ました。(^-^

川味观

川味观

湖滨28餐厅では満足に食事が出来なかったので
もう1つ行きたかった麻辣火鍋のお店へ向かいました。

川味观 庆春店
下城区庆春路161号中河大厦
0571-87246728

ここは火鍋では現地で一番人気のお店との事で楽しみにしていました。

川味观

北京オリンピックの鳥の巣みたいな建物です。派手ですね。(^^;

遅い時間にも関わらず、店内は結構込み合ってました。

川味观 川味观

初めて見る青島ビールの「原生」と大好物の西瓜汁(西瓜ジュース)をまずはオーダー。
西瓜汁は台湾の方が甘いですね。時期的なものかな?

川味观 川味观
川味观 川味观

牛肉、羊肉、野菜、きのこ、湯葉などをオーダーしました。

現地で一番人気だけあって本当に美味しかったです。(^-^
激辛でもなく(見た目はすごいですが)、丁度良い辛さで後を引く味です。
東北料理っぽい味付けですが、これは美味しい。
特に湯葉が美味しかったです。

お値段は現地価格なのでとてもお安いです。
(2人で2000円しなかったんじゃないかな?)
日本ではこの味をこのお値段じゃ食べられないですよね。
薬膳だけに翌日の体調も良く、これなら毎日食べてもいい位ですね。
写真を見てるだけで、また食べたくなってきました・・・(^^;
今回の旅行で最も美味しかったレストランの1つです。

湖滨28餐厅

湖滨28餐厅

夕食は予約していたハイアットの湖滨28餐厅でいただきました。
日本の杭州を訪れた方のブログをはじめ、
現地版食べログみたいなサイトでも高級レストランで2番目に人気のお店との事で
評判が高いのを知って、楽しみにしていました。

湖滨28餐厅
上城区湖滨路28号凯悦酒店1楼
0571-87791234

内装はちょっと残念な微妙な感じ。(^^;
そして店内を見渡すと見事に日本人のお客さんしかいませんでした・・・
しかも結構な人数で、杭州にこんなに日本人いるんだと思った位。
何となく嫌な予感がして、様子を見ながらオーダーする事に。

上の写真は湯葉の揚げ浸しみたいな料理です。
美味しいですが味付けが随分クラッシックです。

湖滨28餐厅

とある(プロの方の)ブログで、ここのフカヒレは香港のものより美味しいとあったので
フカヒレのスープを2種類オーダーしました。
・・・香港の方がはるかに美味しかったと思いました。(^^;;;
姿煮にしなくて良かったです。(恐ろしいお値段だったりします)

湖滨28餐厅

お店の方にお勧めをと聞いてオーダーした、牛筋と豆腐の料理です。
これは麻辣味で結構美味しかったです。
が、また食べたいと思う程ではないですね・・・
ホテルのレストランにある高級中華というより、一般のレストランの味付けという感じです。

他にも青菜炒めやお勧めしてもらった鶏肉の炒め物などをいただきましたが
後者の鶏肉は非常に(ちょっと堪え難い位)冷凍臭くて食べられませんでした。

食事もそこそこに出ましたが、お会計を聞いてびっくり。
何と2人で日本円にして2万円位。
(別にお酒を大量に飲んだとか、沢山オーダーした訳じゃないです)
日本でも高級中華の価格です。
現地の金額じゃないですよ・・・
どうりで日本人しかお客がいない訳です。(最後まで見渡す限り日本人のみでした)
しかも、その金額のお味とは絶対に思えません。(全然洗練されていない田舎風広東みたい)
正直なところ、お金返せ〜と思いました。(^^;

現地食べログ(みたいなサイト)の評価が高いのは、その金額の高さから
行った事があるというステータスによるものなのかと思います。
日本で言えば、ダブルネームの頃のタイユバン・ロブションに行って
料理がまずいと言う様なもの?(^^;(一人10〜15万位の感覚ですか)
日本人にとっては、何となく広東風の味付けなので食べやすいという事かもしれません。
現地の美味しい料理を食べたい方には絶対にお勧めしません。
何よりコストパフォーマンスが異常に悪いです。
(この金額を日本で出した方が余程美味しい中華料理が食べられると思います;)

中国に慣れていなくて、安心して食べたいという旅行者にはいいかもしれません。
何と言ってもホテルですし、日本人には食べやすい味になっています。
また、乞食鶏をちゃんと泥で包んでいるのも杭州においては少ないので
(ここはちゃんと泥で包んでいました)
そういったものをオーダーする目的であればいいかもしれません。

しかし、本気で食べて飲んでいたら、一体いくらになったんでしょうかね・・・(^^;;;;

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com