カテゴリー : China

北京三环路

北京

承徳で足止めされたりと、ちょっとしたトラブルもありましたが
無事に友人たちが日本へ帰国する日。
夕方の便に乗るべく、市内でお茶を買ったりしてから空港へ。

空港へ向かう机场高速(機場高速)走行中にどうも車の調子が・・・
この時は兄1号のビュイックだったのですが、どうやらギアがおかしい模様。
致命的に動かないとかではなく、スピードが出ないという現象で
異常を知らせるランプも警告、でも走行可能という表示なので
まずはみなさまを時間通り空港へお送りしました。
で、ちょっと安心。

北京

その後、車の持ち主である兄1号や修理工場へ連絡して
まずは自走可能だから乗ってきてということで向かった訳ですが
とうとう三环路(三環路)のところで走行不可能に。(^^;
しかも渋滞中の真ん中の車線でというおまけつき。
そのままにする訳にもいかないので、おりて車を押して路肩に寄せることになりました。

いや、きっと普通の旅行者よりは変わった経験をしている方なんだとは思いますが
まさか三環路のど真ん中で車を押す日が来るとは全く予想してませんでしたよ。(^^;
運転手の兄2号と私しかいないので、基本的に私が押す訳ですが
ビュイック商務車、重い・・・しかも絶妙に上り坂。

ただ、押し始めて1分もしないうちに、周囲の車の人たちがおりてきて
一緒に車を押してくれたのは本当にありがたかったです。(^^
女性なんだし、寒いから(当時は真冬)車に乗ってなさいとか言っていただいたり
(結局最後まで一緒に押したけど)
お菓子や飲み物までくださったり、こういう時の中国の人たちって優しいんですよね。
ありがたいなぁと感謝。

北京

路肩に無事に寄せてから、2時間ほどレッカー車を待って(寒かった・・・)
そこから修理工場へレッカー車に車ごと乗って移動。
レッカー車を待っている間も渋滞中の他の車から
「大丈夫?」とか声をかけてくれるんですね。
ここでもお菓子いただいたりとか。(笑
あとレッカー車のドライバーさんから暖かいお茶をもらったりとか。
(色々お話して面白かった)

修理工場で持ち主である兄1号と合流。
走行可能の警告ランプに関わらず走行不可になったビュイックについての文句と
日本車買えとか一通り文句を言って、ちょっとすっきり。(笑)
いや、でも普段から聞いてるけどビュイック、整備性とか悪いと思う。

と、貴重な経験をしました。
次の日は見事な全身筋肉痛・・・(^^;

石锅孜然羊肉

长安壹号

色々とトラブルに見舞われた承徳を後にして北京へ。
高速道路の通行止め解除に時間がかかったり
路面状況が悪い場所(日陰はまだ凍結してたり・・・)もあって
北京に戻ったのは夜になろうかという時間。
予約していた长安壹号には間に合ってちょっと安心。
やっぱりここの料理は本当に美味しいのです。(^^

长安壹号

グランドハイアットの中にあるというのに
相変わらず予約が通っていないというのが普通にあります。(^^;
ネットで予約するとまず通っていない・・・
宿泊する際でも宿泊予約と一緒だと予約が消えてたり
時間変更だけお願いしたのにキャンセル扱いになってたりと
予約は直接店舗で言うか、店舗に直接電話じゃないとまず通っていません。
ここは改善されないですね・・・(^^;

长安壹号

この時は店舗に行った際に直接予約していたので問題なし。
むしろ、直接予約しておくと色々と融通も聞いてくれたりしていいです。
この時は人数が多いので個室を確保してもらい、しかも利用料無料。
開始時間もざっくりで、当日近くなったら電話して時間確定でいいことにしてもらい
承徳から北京へ戻る車内から到着時間を伝えて向かいました。
こういうの楽でいいですね。

长安壹号

人数が多いと色々頼めていいですね。
しかも、みなさん結構食べるので
むしろ途中から足りないじゃないかという状態。
見事です。(笑

长安壹号

基本的に東北家庭料理ですが、その洗練度は相変わらず素晴らしいです。
家庭料理にこの値段?という意見もありますが
日本人にしてみれば都内で高級中華料理に行くのと
それほど変わらないか、ちょっと安い位で
この美味しさはやっぱり外せないです。
私の場合は毎回行く訳ではないですが、たまに行きたくなります。
美味しいから。

长安壹号

5人で北京ダック1羽は少なかったです・・・(^^;
あっという間に無くなったという。
やっぱりここは美味しいんですよね。
色々な北京ダックを食べましたが、
私の中でここを超える北京ダックはまだ無いです。

长安壹号

日本人に絶大な人気を誇る大董烤鴨あたりで食べるなら
殆ど価格は変わらないか、もしかしたらこっちの方が少し安いかも。
味は大董烤鴨より全然美味しいですし
(むしろ大董烤鴨が美味しいというのが分からない)
サービスの悪い大董にお金払いたくないですしね・・・(^^;
最近の大董は日本人はお金をあまり使わないので結構対応が悪いです。
まぁオーダーの仕方も北京ダックだけとかやる人も多いみたいで。
それもマナー違反ですが、サービスが悪いのもどうかと。

长安壹号

北京ダックをオーダーしたにも関わらず
掟破りの餅系もオーダー。(^^;
全然量が足りてなかったんですね。
このあたりは私の点菜の至らないところです・・・
途中で叫化雞もオーダーしようとしたのですが、これは事前予約が必要とか。
そう言われると機会があったら叫化雞を予約してみたい。(笑

长安壹号

そんな中、思い出したのが石锅孜然羊肉。
羊肉好きなメンバーでもあったのと、ここのは美味しいので。
孜然はクミンの意味で、熱々の石鍋に羊肉をクミンで炒めたものが出てきます。
ちょっと見かけはビビンバみたいですね。
ここの羊肉は柔らかくて美味しいです。
久しぶりにオーダーしたなぁ。

长安壹号

で、まだまだ足りないということで、更にオーダー。
一般的には中華料理の場合、人数分のメニュー+1皿で十分というか
その程度がベストとされているのですが
いや、このメンバー食べるわ・・・(^^;
デザート抜きで9皿。ちなみに人数は5人。凄いな。

长安壹号

で、普通のメニューだとまだ足りなそうだったので(恐ろしい)
最後に禁断の炭水化物炒め系を。
これは饅頭(マントウ)をスライスして焼いたものを
野菜と炒めるという、お腹いっぱいになるメニュー。
こういうメニューの場合、饅頭の味でかなり変わるのですが美味しかったです。

长安壹号

で、お約束のデザートプレート。
人数がいるとあっという間に無くなります。
五粮液が入ったチョコレートもあったそうですが
いつもながら、どれがそれだったか分かりません・・・
普通に美味しい。

天安門

帰り道は天安門広場の前を通って。
夜はライトアップしています。
このライトアップも時間が決まっている訳ではなくて
日によっては全くやっていないこともあったり
早々に終了したりと、さすが中国様的な運営形態です。(^^;

新乾隆酒楼

新乾隆酒楼

ちょっと前後しますが、承徳で足止めということで
市街地の雲山飯店へ緊急避難的に宿泊。
で、夕食に良さそうなお店を急遽捜索。当たりのお店でした。

新乾隆酒楼(帝景园店)
承德双桥区新华路帝景园大厦一楼底商(近帝景园大厦)
0314-2072222

まずは地元のビールから。四海啤酒。
北京でも見たことないですね。近いのに。

新乾隆酒楼

地元の人が家族や友人たちと食事に来るといったようなお店で
殆ど満席という位に人気の高いお店でした。
かなり大きな店舗で個室もたくさんあるのですが。
で、たまたま個室に空きがあってそちらに。
個室料も最低消費額の設定もないのは承徳だからですかね。
で、まずは砂鍋の獅子頭スープから。

新乾隆酒楼

これは大扁两吃。要するにナッツ、杏仁なのですが
何でだかこの料理(?)が人気が高いということでオーダー。
確かに美味。
蜜掛け、胡麻つき、塩味と三種類。
シンプルながら後を引く味で、残りはお持ち帰り。
翌日の車内でみんなでボリボリ食べてました。(笑

新乾隆酒楼

こちらは白蘑菇炒柴鸡蛋。
名前の通りマッシュルームの地鶏卵炒めです。
これがシンプルながらかなり美味しくて
一瞬マッシュルームではないのかと思ったほど。
こういうシンプルな料理が美味しいお店は腕がいいですね。

新乾隆酒楼

このあたりは鹿肉も食べるようです。
まぁ北京でも宮廷料理とかで出るけど。
红参鹿肉という名前の人参と鹿肉の煮込みです。
これも肉がホロホロと柔らかくて美味しい。
ここのお店、味がいいですね。

新乾隆酒楼

こちらは高压山药。
圧力鍋で加工した山芋ってことですかね?(^^;
山芋の蜜がけですが、これも美味しいです。
よくあるのは蜜が飴状になるまで、こってりパリパリですが
ここは甘さ控えめ、サラサラの蜜で丁度いい感じでした。
人気あるの分かります。

新乾隆酒楼

このお店の名物、大包子。
大きいです。ものすごく・・・(^^;
中身の餡は色々選べるのですが、みなさんが選んだのは茴香と卵。
見事だ。さすが私のお友達(笑

新乾隆酒楼

潔い位に茴香が多いのは包子ならでは。
冬だったので香りが弱いですが、美味しかったです。
皮の作り方がいいですね。フカフカしていて美味。

しかし、日本人は茴香が苦手な人も多いのに私の回りは大抵大丈夫なんだな・・・
さすがだ。

新乾隆酒楼

人数も多かったこともあって何となく足りないっぽかったので餃子も。
メニュー名は乾隆饺子。
といってもまぁ普通の三鮮餃子です。でも悪くないです。

行き当たりばったりで見つけた割にはかなり良いお店でした。
なにより地元の人でいっぱいというのが良いですね。
北京あたりに比べると決して高くはないのですが(普通かな)
承徳ではもしかしたらちょっと高級位の位置づけなのかもしれません。
家族でちょっと良いところに外食しようという感じで来ている人が多かったです。
ここも承徳に行ったら再訪したいですね。美味しかった。(^^

雪の承徳

承徳

お昼ごはんを食べている間に雪がだんだんと酷くなってきて
金山嶺長城をちょっと見学して北京に戻ろうと言っていたのが
なんと高速道路が雪で通行止めという事態に。(^^;
雪が降り止まないということもあって、高速道路はダメだと
一般道で北京に向かうことを考えるも
完全山道になっているようで、既に同じことを考えた大型トラックが
この先でスリップ、立ち往生してしまい実質通行止めという。

完全な東北地方、豪雪地帯であればスタットレスやチェーンを装着すると思いますが
実際、北京やその周辺では装着する習慣がありません。
元々夏場以外は殆ど降雨がない(=雪も降らない)し
降っても積雪までいくことはあまり無いので(といっても年に数回はあるような)
そういう習慣も規制もないんですね・・・
なので路面凍結したらすぐに高速道路は閉鎖されるんだそう。
ノーマルタイヤで走行しているのが前提なので。(^^;

承徳

ということで、承徳で足止めされてしまった私たち。(^^;
まぁ帰れないものは仕方がないので、急遽宿を確保。
交通網が遮断されたとなったら宿の確保は時間の勝負となります。
(同じことを考える人が多いから)
動きやすい市街地のホテルで、外国人が宿泊可能な場所(地方は外国人不可が多い)
かつ、中国慣れしていない友人が一緒なので衛生面がちゃんとしていること
という条件で市街地へ戻る車の中で確保したのが云山饭店(雲山飯店)。
設備は古いけど、安くて清潔度もちゃんとしていました。
ただし、オンシーズンの夏はそれなりの価格になるみたいで、
その価格なら別のホテルにするかなぁという程度。
まぁ緊急避難的に宿泊するには場所もいいです。
高速道路の入り口も遠くないし、いざという時の鉄道駅にも近いので。

結果的には翌日に高速道路が開通して無事に北京に戻れましたが
帰国日が翌々日になっていた友人たちを日本へスケジュール通り帰国させるには
いざとなったら車は兄2号にまかせて
鉄道で北京まで行って空港まで移動するしかあるまいとか
山越えをしないで北京まで戻れるルートがあるかとか何パターンか考えていたのですが
まぁ車で戻れて良かったです。(^^;

承徳

写真は云山饭店の部屋からの夜景。綺麗でした。
って、眺めながらルートの検討とかデッドラインは何時かとか
ぐるぐる考えてたんですけどね。(笑

以前、兄1号のチャーター車のお手伝いをしていて良く思っていたのですが
スケジュールに余裕がない旅行を計画する方って結構多いです。
特に中国などは日本から近いということもあって、日程が短く、無茶なスケジュールが多いです。
それと大陸の観光地の広大さが実感できないというのもあると思いますが。
飛行機は遅延、欠航が珍しくないですし(国際線・国内線共に。国内線は特に。)
鉄道はそれほど遅延はないですが、この時のように天候による影響も無くもありません。
中国に限らずですが、余裕のあるスケジュールと何かあった場合のリスケとリカバリ策は
ちょっとだけでも想定しておくと楽しい旅になるのではないかなと思います。
無茶だなぁというスケジュールを提示されて、厳しいですよとアドバイスしても
「やる気ないんだろう」とか言われて耳を貸さず、結局損をするのはお客さんとか多いんですよ。
まぁ中国はぼったくられるかもとか身構えているのかもしれませんが、残念なことでもあります。
優先順位をつけて無理のないスケジュールを組んで相談するのがベストです。
慣れればGoogleMapとかでも出来るけど。
想定の曜日と時間帯(重要)でMapの1.5倍位の時間にすれば丁度いいですかね。

承徳

翌日はお昼前位に雪が溶けたかもということで高速入り口へ。
大型トラックなどは前夜からそのまま停まって開通を待っていたようです。
最初は閉鎖されたままということで、こうして高速入り口に向かって
車の列ができていましたが、1時間ちょっとで開通。
こうなると金山嶺長城は諦めて(おそらく凄い雪であったと思われます)
北京へまっすぐ戻りました。
ちなみに大雪だったのは金山嶺長城、司馬台長城から先、承徳のあたりまでだったようで
北京では雪のかけらも残っていなかったという・・・(^^;

私自身はこういったトラブルというか、予定通りいかないとか慣れているので
(そもそも最近は自分だけなら予定をちゃんとたてない・・・現地で決める派)
ご案内していた友人たちはさぞかし不安であったかと思います。
お疲れ様でした。(笑

赫哲渔村

赫哲渔村

避暑山荘を見学後はお昼ごはんを承徳で食べて
金山嶺長城でも軽く見て北京へ戻ろうということで昼食。
(長城付近ではなるべく食事しないのです。美味しくないので。)
で、ネットで現地の食べ物屋さん情報を調べた所
避暑山荘からほど近く(歩いては無理だけど車だし)にお店発見。

赫哲渔村
承徳双桥区普乐北路兴盛丽水S5-3
0314-2566611

ちょうど少し前に行ってきた麗江で食べた鉄鍋料理の魚版です。

赫哲渔村

魚といってもここは東北地方のしかも内陸部。
もう少し、数キロも行けばモンゴルという場所なので川魚です。
このあたりの魚なのかと思いましたが黒竜江省の魚とのこと。
冬の時期は冬捕節といって黒竜江(アムール川)で採れる
鱒鰉魚(チョウザメ)や黑斑狗鱼(パイク)を凍った川から釣り上げることで有名です。
で、これらの魚もそっちのものなのだそう。
お店の人と相談して甘鱼にしたのですが、一体何の魚だったのか不明です。
普通に甘鱼と言うと鰤の意味なのですが、お店の人曰く黒竜江の川魚と言うし
そもそも見かけがもう鰤じゃない・・・(^^;
(一番上の写真の上から2番めの大きな魚)

赫哲渔村

お店の人と相談しながら魚と野菜、それと一品料理を少しオーダー。
テーブルに埋め込まれた鉄鍋でそのまま調理が始まります。
この方法は黒竜江省のあたりのやり方みたいですね。
どうも黒竜江付近の魚料理を調べると大抵がこの鉄鍋料理になっているようです。

赫哲渔村

一品料理の味も悪くないです。
モツと香菜(パクチー)のピリ辛和えみたいな前菜。
中国はモツが美味しいと毎回思います。本当。
そういえば日本は随分パクチーが流行っているみたいですが
パクチー山盛りとか中華料理に期待してもまず無いです。
ていうかベトナムでもタイでも山盛りなのは見たこと無いのですが
日本だけですよね・・・?(^^;

赫哲渔村

甘鱼投入。デカい・・・
いや、やっぱり絶対に鰤じゃないな。
でも結構身が締まっていて美味しい魚でした。
鰤とは違う食感ですが、名前の通りに甘味があって美味。
この甘鱼、地元でしか通用していない名前なんですかね〜
今度黒竜江省出身の友達に聞いてみようかと思います。

赫哲渔村

時間差で野菜も投入。
スープは麗江と違って辛くない系統ですが、味がいいです。
外は雪がまた強くなってきていることもあって
こういう暖かい料理が嬉しいです。
このあとにとんでもないことになるのですが・・・雪。

赫哲渔村

麗江でも食べた烀饼を焼いていきます。
トウモロコシの粉を練って鉄鍋の端で焼いたものですが
ここも小麦粉を混ぜて食べやすくしているようです。
まぁ昔ながらに食べにくくする必要はないわけで、甘くて美味なんですよ。これ。

麗江の鉄鍋料理よりも油少なめで好みとしてはこっちの方が好き。
というか、こっちの方が美味しい。
良いお店発見したな〜と思っているのですが
どうもエントリを書くにあたって調べたら閉店している可能性が。(^^;
美味しかったんだけど、場所が悪いんですよね。ここ。
避暑山荘に行くには通常通らない道だし。
今度行く時に復活しているといいのですが。また行きたい。

雪の避暑山荘

避暑山荘

2日目の承徳はもう1つのお約束、避暑山荘を軽く見学。
ということで避暑山荘へ。
基本的に承徳の観光は外八廟と避暑山荘といったところです。
夏ならもっと先の内モンゴルの草原観光ということもできますが
まぁ冬ですし、目的が前夜の食事ですし。(^^;

夜の間から降り続いていた雪が加わって一面真っ白です。
意外と人が多かったのは避暑山荘の中に天然スケート場がオープンしていたから。
冬の間、地元の人の娯楽になっているようで結構賑わっていました。
凍結した池でスケートとか、日本なら北海道位でしょうか。

写真は誰も写っていませんが、この反対側には見事なスケート場が作られていて
子どもたちがスケートやソリで遊んでいます。

避暑山荘

2度目の避暑山荘ということもあって、前回とはまた違って
今まであまり気に留めなかったところがあったのですが
避暑山荘の内部にある博物館というか展示室の意外とちゃんとしたクオリティの高さ。
そっけないほどに無造作に展示されているので(暗いし)
ガラクタ的なものばかりかと思っていたのですが
意外と結構ちゃんとした展示がされています。
もっと綺麗に展示すればいいのに・・・(^^;
さすがに四庫全書は国家図書館に収蔵しているようですが。

それと建物や木材の素晴らしさは相変わらずです。
故宮も素晴らしいですが、避暑山荘の方もなかなかどうして素晴らしいです。
装飾などをじっくり見るには避暑山荘の方が
(この時期は)人が少ないのでゆっくりじっくり見学できます。
北京に観光に来て、なかなか行くことも少ない場所だと思いますが
意外とおすすめです。承徳。

鑫满园娟子骨头馆

鑫满园娟子骨头馆

承徳へわざわざ来たのは、実はこれが目的。
以前、私が承徳で食べた酱骨头が本当に美味しくて
その話をしていたら、わざわざ日本から友人たちが来ることになったという。
さすが我が友人たち。(^^;
一度ホテルにチェックインして身軽になってお目当てのお店に突撃。

鑫满园娟子骨头馆
承德北兴隆街北兴隆小区旁
0314-2272578

鑫满园娟子骨头馆

レストランというよりは田舎の食堂といったお店なのですが
人数も多かったこともあり、2階の個室に。(といっても単なる部屋・・・)
雪のちらつく、そして路面が全面凍結するような寒い夜だったこともあり
この日は他に殆どお客さんもいない状態でしたが
以前に来た時は結構お客さんが入っていました。
承徳に住む知人に聞いた所、結構美味しいお店で地元の人に愛されているようです。

酱骨头以外の料理も見事な東北料理で、なかなか美味。
一番上の写真は酱骨头ですが、こちらは地三鲜。
茄子とピーマン、じゃがいもの素朴な料理ですが地味に美味しいんですよ。
北は野菜が本当に美味しいのです。

鑫满园娟子骨头馆

東北料理らしいメニューを選んでオーダー。
人数が多いのはこういう時にいいですね。
なんせ田舎の典型的な食堂なので一皿の量がかなり多いので
2人とかで来ると量的には一皿で十分ということになりかねないのです。(^^;
中華料理では残して良いというか日本のように全て食べてはマナー違反ですが
だからといって大量に残すのもマナー違反です。
(大量残しの方が食べきるより重罪っぽい)

鑫满园娟子骨头馆

ちょっと一口かそれ以上位の量を、オーダーした皿のどれかを残すのがマナー。
なので結構オーダーは難しいのです。
それ故に中華圏では点菜はとても重要視されます。
オーダーの内容や量が良いとセンスのある育ちの良い人と一目置かれますし
逆もまた同じで育ちが悪いとみなされます。
なので、未だに点菜係は気を使います。
結構鍛えられたんですけどね。(^^;

鑫满园娟子骨头馆

地元の白酒も飲みながら楽しくいただきました。
やっぱりここの酱骨头は美味しいです。
探せば他にも美味しい酱骨头のお店はあると思いますが
(特に承徳あたりであればありそう)
北京あたりで食べる酱骨头はどうも美味しくないのです。
結構色々試してはみたのですが、パサパサになっていたり(煮方の問題かなと)
そもそも味が濃すぎたりして、どうにもよろしくない。
オーソドックスな料理だけに難しいんですよね。
ここは肉もしっとりと柔らかくて、味のバランスが良いです。
他の料理も味が良いので、料理人の腕がいいんでしょうね。

鑫满园娟子骨头馆

食い道楽なみなさんが多いせいか、なんとなく足りないっぽいので
最後は主食に家常饼を。
ここはもう東北地方ですから絶対に小麦料理です。
絶対に米系はオーダーしません。(笑

この家常饼もしっとり、小麦の甘さもあって美味でした。
中国ではここ最近まで西洋式のパンはあまり好まれていなくて
若い人以外は今でもあまり食べる習慣がなかったり、食事とみなさなかったりしますが
こういった「餅」をいただくと普及しなかったのが分かる気がします。
十分すぎるほど美味しいですし、
「餅」のバリエーションも恐ろしいほどあるので、パンいらないよね?(^^;
中華料理は本当に奥が深いです。

また承徳まで食べに行きたくなっちゃったな・・・(^^;

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com