カテゴリー : 青島2016

高速鉄道 商務座

青島

あっという間の青島滞在も終わり。
北京に戻るのに今度は高速鉄道です。
北京から青島までは国内線利用という手もありますが
中国国内線はとにかく遅延、欠航が多いということや(スケジュール変更になる可能性大)
空港まで行く時間や保安検査(中国は厳しいというか日本が緩い)が混み合うので
結果的には大して時間が変わらないようにも思います。
高速鉄道は殆ど遅延がないんですよ。

青島

古くからある青島駅は雰囲気も良くて結構好きです。
イメージ的には来る時に乗った寝台列車がこの青島駅利用で
この高速鉄道は青島北駅利用かと思うんですが
なんか青島は逆みたいなんですよね。
列車にもよるのでしょうか?

青島

なんと今回は商務座。日本で言うところのグランクラス。
これは私でも初めてです。
特別出演で兄2号。
このシート、フルフラットになるので身体も楽に
北京までゆっくり移動できました。
ちなみに結構なお値段がしますが満席。
中国はお金持ち多いですからね〜・・・(^^;

青島

向こうに見えるのは1等座。
正直、2等座との価格差が凄い割には魅力を感じないように思います。
座席がちょっと広いのとミネラルウォーターもらえる位の差しかないのに
ええ?という位の価格差なので・・・
いや、それを言ったら商務座の価格差の方が凄まじいですけど。
(一応ソフトドリンク、お菓子付き)
まぁ今回はご案内した友人のリクエストでもあり
私自身も一度乗って見たかったのもありますし、良かったです。
しかし、きっと最初で最後の乗車となるように思います。
フルフラットシートでも寝台列車の方が好き。(^^;

青島

快適に昼寝をしてたり、ゴロゴロしながら北京南駅へ。
思えば南駅は結構使っているので慣れてきたというか
どこに何があるか分かって使いやすくなってきました。
逆に日本の新幹線には滅多に乗らないので
日本人なのに日本の新幹線の駅とかうろたえるという事態になっています。
国内線も同様だったりして・・・ちょっと問題かも。(^^;;;;

蒜蓉生蚝

青島

あっという間に青島最終日。
帰りは高速鉄道で北京へ戻るということで、青島駅へ。

青島駅といえば、前回偶然見つけて大当たりだったこちら。
翠华活海鲜菜馆に行かずに青島を離れられません。
相変わらず小さな街の食堂的なお店ですが(そしてボロい)
やっぱりここは美味しいです。
常連さんらしき方もいて、日本の話で盛り上がるなども。

青島

食べ納めの辣炒蛤蜊は美味しくて実はおかわりしたという・・・(笑
いや、本当にここは美味しいのですよ。
原浆啤酒もあるし、駅前で電車待ちの時間潰しというよりも
このお店を目当てに電車の時間を決めたほど。

青島

今回は人数が多いこともあって、こちらも。
蒜蓉生蚝。牡蠣です。

小ぶりですがプリプリしていて、これもまた絶品。
火の入り具合といい、味といい美味しいです。
初めて青島で食べましたが、また食べたいと思う位ですね。

青島

前回もオーダーした伊勢海老。
これも絶品。いや〜美味しい。
一度揚げてから調理しているので香ばしくて美味。
思い出すだけでも、また食べに行きたいと思います・・・
やっぱりここのお店は美味しいですね。

青島

他にも炒飯やトマトの卵炒めなどの定番家庭料理などをオーダーして満腹&大満足。
基本的に料理人の腕が良いのか、どれも美味しいです。
見かけは古びた街の食堂なので決して綺麗なお店でもなく
実際、最初に行った際には中国人の兄2号が
「汚い・・・」(不潔とかではなく古びていると汚いと言います;)
と嫌がったほどでしたが、今ではそんな本人もこのお店はお気に入りという。
ちなみに別に不潔ではなく、普通です。(中国華北標準)

また青島には行きたいですね。

原浆啤酒

青島

中国雲南西双版納へ旅をしていたため更新が滞っておりました。(^^;
ということで青島編再開。

ビール博物館前にあるお気に入りのお店といえばこちら。海蛤蜊
本当はタイプの違う別のお店と悩んだのですが
この時の青島は滞在時間が短いので食事の回数が足りず
ビール博物館に近い&移動時間が短縮できるということで、こちら。
さすがにビール博物館前だけあって原浆啤酒の種類がたくさんあります。
写真は海藻ビール。別におすすめしませんが・・・(^^;
他にも結構な種類があります。
単なる普通の原浆啤酒だけでなく、色々楽しみたいのなら面白いと思います。

青島

このお店も基本的にメニューはないので
並べられた食材と調理法を選んでオーダーしていくスタイルです。
中国はこのタイプのオーダー形式が多いので言葉が出来ないと苦労しますよね。(^^;
ちなみにこれは茶葉。
青島近くでもお茶の栽培が行われていて
その影響か何故かこのお店には大抵食材としての茶葉があります。
でもコンディションはその日によってバラバラ。
この日はちょっと硬くて美味しくなかったですね・・・

青島

人数が多い(4人だけど)ので、かなり色々オーダーできました。
いつもは2人とかなので、目当ての蟹と浅蜊で力尽きるところですが
この日は海老もオーダーできたという。
結構青島の海老も美味しいですよ。
なにより味付けが美味しいのが嬉しい。
ビールにちゃんと合う塩加減なのがいいですね。
(同じ海辺でも厦門あたりは砂糖で味付けするのですよ・・・)

辣炒蛤蜊も定番の美味しさ。
これは本当に飽きない美味しさですよね。
日本でもこの調理法は受けると思います。
ピリ辛よりちょっと辛いですがあとを引きます。
これは青島の定番ですね〜

野菜もということで、空芯菜炒めを。
シンプルな料理ですが、中国でのこれは美味しいです。
青島は北の方なので普通に美味しいですが
この料理だけは福建省などの南が素晴らしく美味しいです。
やっぱり気候の違いによる食材の力が違うんでしょうね。

珍しく魚も。
ヒラメですが、これが意外とヒット。
青島では基本的に貝類や甲殻類が多いのですが
魚もどうしてちゃんと美味しいのに驚き。
しかもこの調理法だと揚げ焼き状態になっているので
表面の胡麻とあわせて香ばしくて絶妙に美味。

お目当ての蟹は今回2種類をオーダー。
人数が多いからできることで、これは嬉しいですね。
こちらは普通に炒めたもの。
なかなか美味しかったです。

こちらがお目当ての香辣蟹。
青島で香辣蟹といってもお店によって微妙に調理法が違うのですが
ここは一度揚げてから炒めるので、香ばしさがダントツに良いんです。
味付けも美味しいので、ここの香辣蟹はお気に入りの1つ。
もう1店舗、気に入っているお店もあるのですが
今回は時間がないので、それはまた次回に。

青島

茶葉はいつも卵焼きをおすすめされます。
しかしながら、先にも言っていたように今回の茶葉は硬い・・・
成長しすぎの状態だったので
次回からは選ぶ時にちゃんと確認しないとダメですね。
前回の茶葉は美味しかっただけに残念。

恐ろしい位にたくさん食べて、色々な種類の原浆啤酒も楽しめて
楽しい時間を過ごすことができました。
青島ビールって工場周辺では結構たくさんの種類のビールがあるんですね。
いつもは普通の原浆啤酒ともう1種類位で力尽きているので良かったです。
でも普通のが一番美味しいな・・・(^^;

3回目の青島ビール博物館…

青島

青島をご案内となると、やっぱり青島ビール博物館。
もうかれこれ3回目です。
ここまで何度も来るとは最初に来た時に思うはずもなく
今となっては、どこに何があるのか
覚えようとした訳でもないのに覚えてしまったという。(^^;

青島

前半には昔の青島ビールにまつわる展示物や
今は使われていない昔のマッシュタンなど
ちょっとノスタルジックな印象の展示物があって面白いです。
ただし、占領下時代の展示物もありますが
反日色はないので、その点は安心です。
まぁあったとしても仕方ないんですけどね。

青島

不思議な展示もあったりします。
この豚・・・展示物としての価値があるのだろうか?(^^;
もしかして並べればいいとか思ってる?(笑

これ中国のですかね?
なんとなく昔の日本の貯金箱っぽいなぁといつも思って見ています。
ちなみに、これが置いてある場所は別に豚は関係ないです。
確か麦の説明だったような・・・

青島

展示はそこそこに、やっぱり後半の試飲がお目当てですよね。
ビール博物館では中国とは思えないほど
日本であっても相当にキンキンに冷えているというレベルの
冷たいビールが試飲できます。
中国でここまで冷やしているのって珍しいですよ。
サーバーの洗浄も徹底しているようで、いつもちゃんとクリアに美味しいのが嬉しいですね。

見学後は目の前のビール街です。(笑

鲅鱼水饺

青島

青島といえば魚の水餃子。
おすすめの船歌鱼水饺へ今回も友人夫妻をご案内。
相変わらず人気のあるお店で、店内は大抵いつも混んでいます。
まぁわかりますけど。
ここの水餃子は確かに美味しいですし、一品料理もなかなか。
お店も綺麗で、サービスも悪くないですしね。

青島

まずはお約束の青島原浆啤酒(工場周辺限定無濾過ビール)と
いくつか一品料理を。
相変わらず青島は入り口付近の商品サンプルを見ながらオーダーするので
料理名が良く分かりません・・・(^^;
でも外すこともなく美味しいのはいいですね。

青島

野菜もそうですが、貝が多いのが青島の特徴。
野菜料理の旨み付けにも貝などが結構使われています。
それと味付けが料理毎にちゃんと異なっていて
(南の海近くあたり、厦門などは全部味付けが同じとか平気であります・・・)
美味しく堪能させていただきました。
やっぱり青島は美味しい。

青島

さて、お目当ての水餃子。
まずは鉄板の鲅鱼水饺から。これは鰆の水餃子です。
これが塩加減といい、皮の柔らかさ、ふっくら加減といい
本当に美味しいんですよ。
いくらでも食べてしまえる位に美味しい。
そういえば、このお店、北京にも支店があるんだとか。
今度は北京でも行ってみようかと思います。
でも、北京は北京の水餃子が美味しいんですよね・・・(^^;

青島到着

青島

今回は青島駅ではなく、青島北駅へ到着。
中国で良くある最近できた新しい高速鉄道向けの駅のような感じで
郊外の周囲に何もないような場所にある巨大な新しい駅です。
あんまりこういった寝台列車が停まるイメージがないのですが・・・

青島

青島北駅からはタクシーで市内まで移動。
とりあえずはホテルを目指します。
通常、青島駅周辺のタクシーは申し合わせたようにメーター利用ができませんが
(基本的に価格が決められているらしい。おそらくドライバー間で勝手に決めている・・・)
北駅は郊外にあるせいか、メーター利用でした。
朝の渋滞に巻き込まれながら市街地へ。

青島

ダメ元でホテルにチェックインできるか聞いたところ
(中国では部屋が空いていれば早い時間にチェックインさせてくれることが多いです)
まだ部屋が空いていないとのことで
仕方がないので近くの海岸へぶらぶらと散歩。
久しぶりの青島です。天気良いですね〜

青島

スーパーで色々物色したりなど
適当に時間を潰しつつ、青島をさらっとご案内。
本丸のビール博物館は夕方に目指すとして
まずは早めのお昼ごはんと称して
おすすめのお店を目指しながら、ゆっくり散歩していました。(^^

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com