カテゴリー : Travel

万平ホテル The Bar

万平ホテル The Bar

メインダイニングで食事をした後は楽しみにしていたバーへ。

非常に素晴らしいバーで、肝臓と睡魔に勝てるならば
ずっと居座りたいと思う位でした。(^^ヾ
ここまで思うバーってなかなか無いです。本当。

この日はチーフバーデンダーの小澤さんが対応して下さいました。
小澤さんとのお話もすごく楽しいのですが
出されるお酒も魔法の様に美味しい。
次元が違う位に美味しかったです。
これが30年以上プロとしてやってこられた方の力なんでしょうね。凄いです。

とにかくお腹一杯だったので1杯目はウンダーベルグ。(笑
ウィルキンソンの辛いジンジャーエールで割って下さいとお願いしたのですが
その際に少しお話させて頂いただけで完璧に好みのものを出してくださったのも驚き。
今まで飲んでいたもののどれよりも美味しい。(^-^
何が違うのか素人には全く分からないのですが、違うんですよ。これが。

万平ホテル The Bar
Unicum

薬草酒好きならと出して頂いたUnicum。
これを使ったカクテルも美味しかったです。

万平ホテル The Bar
霧の軽井沢

夫にと作って下さった霧の軽井沢というカクテル。
驚きなのはクラッシュドアイスがグラスの下の方にあるのですが
15分位しないと全く浮き上がって来ないという事。(^^;

万平ホテル The Bar
ペルノ水割り

この時は他にお客さんがいなかったので遊んで頂きました。
ばっちりペルノが入っているのに透明。凄いです。
(ペルノというお酒は加水すると普通は白濁します)

万平ホテル The Bar

小澤さんのご好意でクローズしたメインダイニングに入れて頂きました。
大感動です。
記念撮影をして頂いたり、本当にお世話になりました。

このバーだけではないのですが、地元の方も多くいらしていました。
平日なのもあってバーのお客さんの半分以上は地元の方です。
遠くの人にも地元の人にも愛されるバーって凄いと思いますし、
その理由も良く分かります。
素晴らしいバーです。
また小澤さんに絶対に会いに行きたいです・・・

カクテルだけでなく、モルトなどのハードリカーの品揃えも素晴らしいです。
通好みのツボをきちんと抑えた品揃えになっています。
ちなみに1ショットが通常のバーの1.5〜2倍はあります。
1瓶からそんなに杯数は取らないんだよ
と小澤さんがおっしゃってましたが、嬉しいですね。
そしてチェックアウト時に気がついたのですが、お会計が凄くお安かったです。
かなり飲んだ筈なのですが・・・ご好意だったのかどうかは謎です。

Chambolle-Musigny 2002 DOMAINE A.-F.GROS

Chambolle-Musigny 2002 DOMAINE A.-F.GROS
Chambolle-Musigny 2002
DOMAINE A.-F.GROS
Appellation Controlee

万平ホテル・メインダイニングのワインリストは
なかなかお目にかかれない位に素晴らしいワインリストでした。
ホテルとしてもレストランとしても
殆どのゲストの予算、好みに合わせて対応出来る
素晴らしいリストだと思います。
ワインの金額も非常に良心的なのも驚きました。

この日はソムリエの方がお休みだったのですが
ダイニングのメートルの方に素晴らしいワインを選んで頂きました。
夫が好みを告げてお勧めして頂いたのがこのワインです。
普段から、この日はお休みだったソムリエの方と一緒に色々飲んでおられるそうで
本当にワインが好きで選んで薦めてくれているのが分かります。
こういうのって一番嬉しいです。
そして選んで下さったこのワインが本当に素晴らしいものでした。
夫婦共々驚きました。

香りも素晴らしく、絶妙なバランス。
簡単に言葉に表すことが出来ない位に美味しい。

ワインも当然ながら素晴らしいのですが
このワインを勧めてくれたメートルも本当に素晴らしいと思います。
ソムリエという資格を持ち、その役割として接客する人でも
こちらが詳しく好みを告げてもなかなか外してくれたりする事も多いのですが
彼は普段の私達が好みを説明する内容よりもずっと簡素に告げたに関わらず
完璧なワインを提供してくれました。
プロの仕事ですね。

Chambolle-Musigny 2002 DOMAINE A.-F.GROS

万平ホテル メインダイニング

万平ホテル メインダイニング

夕食はホテルのメインダイニング。

メインダイニングの雰囲気が素晴らしくて
足を踏み入れた時から感動してました♪
夫の誕生日である事を伝えていたからか良い席に案内して頂きました。

万平ホテル メインダイニング

メートルの皆さんのタイミングが完璧でした。
ここまで素晴らしい対応をするレストランはなかなか無いと思います。
食事も物凄く美味しかったです。
ここまで真面目に作っている&美味しいレストランはなかなか無いと思います。

万平ホテル メインダイニング
金目鯛のポワレ バジリコソース

どれも物凄く美味しかったのですが(一部の料理は撮影し忘れる程・・・)
特にこの金目鯛のポワレは絶品。
フレンチを含めた洋食で魚料理が美味しいと思った事はあまりないのですが
これは文句なしに素晴らしいものでした。
今まで食べた洋食の魚料理では最も美味かったです。
衝撃でした。

万平ホテル メインダイニング
信州・蓼科牛フィレ肉のグリル マデラ酒ソース

蓼科牛も凄く美味しいです。
特筆すべきは付け合せの野菜。
これが驚く位に甘くて美味しい。
野菜がこんなに美味しいとは・・・という感じでした。

万平ホテル メインダイニング

デザートも絶品。
このソースがコーヒーのソースで甘くなく、香りが非常に良いもの。
満腹に丁度良い甘さで本気で美味しかったです。

メートル・ド・テルの合図でハッピー・バースデーのピアノ演奏。
夫の誕生日をゲストのみなさま、スタッフのみなさまに祝って頂きました。
当事者の夫は恥ずかしそうでしたが・・・(^^

万平ホテル メインダイニング

このワインも素晴らしかったです。
最近頂いたワインの中では一番美味しかったと思います。
このワインについては別エントリーで。(^^ヾ

– another entry –
2007.10.19 万平ホテル 朝食
2008.10.14 万平ホテル メインダイニング&バー

万平ホテル

万平ホテル

宿泊予定の万平ホテルへ。
今回の軽井沢旅行のメインです。

万平ホテル
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
0267-42-1234

予約の時から感じていましたが
到着時のベルボーイの方、
チェックイン時のフロントの方、
メインダイニングのメートルの方、
バーのバーテンダーさんなど・・・
出会うスタッフの方々、みなさんが素晴らしいホスピタリティをお持ちでした。
凄い、素晴らしいホテルでした。(^-^

万平ホテル

部屋が驚く位に広くて快適でした。
普段ホテル暮らしの夫も驚く広さです。
(別にスイートではないんですが)

万平ホテル

窓から見える景色も綺麗で、少し紅葉が始まっていました。

一休みしてからホテル内とその周辺を散策。

万平ホテル
カフェテラス横のステンドグラス

ロビーの周囲にあるステンドグラスがとても綺麗です。(^-^
しかも本物・・・

資料室に展示されているものはどれも面白かったです。

万平ホテル
昔のプレートなど。

碓氷館の廊下はギャラリーになっていて
昔のパンフレットやジョン・レノンのサインなどが飾られていました。

万平ホテル
ジョン・レノン、オノ・ヨーコの写真とサイン

他にも三島由紀夫の名が記された宿帳などもありました。

その後はカフェテラスでお約束のロイヤルミルクティーとアップルパイを。

万平ホテル

カフェテラスは有名なので事前に色々な写真で紹介されているのを見ていたのですが
それらの写真よりも実際はとても明るくて気持ちの良い場所でした。
(確かに私も撮影しましたが暗く写りがちなのかも)
全館を通してですが、非常に清潔感があふれているというのもあるかも。

他のホテルも候補にしていたのですが
万平ホテルに宿泊して本当に良かったと思います。
スタッフの皆さん1人1人が誇りを持って働いておられるのが分かります。
素晴らしいサービスでした。
普段、ホテル住まいの夫も絶賛していました。(^^

また是非泊まりたいホテルです。

フレスガッセ

フレスガッセ

フレスガッセ
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東29-15
0267-42-8169

お昼ごはんという事でフレスガッセへ。
こちらも15年以上ぶりです。
(10年前位に通った時はお休みだったので・・・)

ここもかぎもとやさんと同様に高校生の時に初めて来ました。
タクシーの運転手さんに教えてもらったのがきっかけです。
地元の人が通う自家製ソーセージ・ハム屋さんで
ご主人は脱サラしてドイツまで修行に行かれたと聞いています。
(25年位前当時に聞いた話ですが)
サイトを拝見すると開業24年とありますから
私が初めて伺ったのは開店当初だったんですね。
でも変わらずにありました。
(当時は屋根の上の看板が無かった様な・・・)

当時、魚しか食べられない人で
肉製品が食べられなかったのですが
こちらのハムやソーセージを食べて認識が変わりました。
自然で美味しいんですね。ここのは。
素朴で素直な味と香りが楽しめます。

朝食に食べた蕎麦がまだお腹を圧迫していたので
定食は諦めてソーセージ盛り合わせとピカタを単品で頂きました。
ソーセージやハムは持ち帰りが出来ますが
ピカタはここでしか食べられないのでお勧めです。
これがもの凄く好きなんです。
おかげで写真を撮るのを忘れて食べてしまいました・・・(^^;;;

不定休なので、翌日も営業しているかどうか確認して
帰る間際にベーコンを買いました。
このベーコンを軽く炙って食べると美味しいです。

お値段もほぼ昔のまま、
お店のおばちゃんも変わらずお元気で嬉しかったです。(^-^

雲場の池

雲場の池

軽井沢蒸留所を出て軽井沢に戻りました。
ホテルのチェックインまで時間があったので雲場の池を散策。
初めて池を一周しました。(^^ヾ

期待していた紅葉はまだまだという所。
今年は遅れていると聞いていましたが・・・残念。

でも観光営業部長の様に人懐っこい鴨の撮影で楽しみました。
雛も結構いて楽しかったです。
それと水が素晴らしく綺麗でした。

雲場の池

雲場の池

雲場の池

軽井沢蒸留所

軽井沢蒸留所

中軽井沢の「かぎもとや」さんを出て、再度しなの鉄道に。
しなの鉄道は1時間に1本しか列車がないので時刻表の確認は必須です。(^^;
今度は御代田駅を目指します。

軽井沢蒸留所
とてものどかな御代田駅

御代田駅を出て周囲を見回すも軽井沢蒸留所の場所が分からず。
タクシーで向いました。

軽井沢蒸留所メルシャン軽井沢美術館と同じ敷地にあります。
紅葉が始まっていると期待したのですが
今年は遅れているとかで、まだ始まったばかりという感じ・・・
それでも一部のツタは紅葉を始めていて綺麗でした。

軽井沢蒸留所

蒸留所見学ツアーまで時間があったので場内を散策。

軽井沢蒸留所

軽井沢蒸留所
浅間山が綺麗に見えました♪

蒸留所はとても小さくて見学自体もあっという間でしたが面白かったです。

軽井沢蒸留所

貯蔵所の壁や近くの白樺が黒くなってしまう話(酒焼けするそうです)など
楽しく見学できました。
ちなみにツアーの解説のお姉さんもとても可愛らしい方でした。(^-^

ここで蒸留されているウィスキーやメルシャンのワインは併設のショップで試飲可能です。
モルトはビンテージ指定(一部のみ)の有料試飲もあります。
(無料試飲はヴァッテッドモルトの軽井沢17年)
ワインの有料試飲が無かったのが残念です。
売価1000円位のワインを試飲よりも城の平カベルネとか桔梗ヶ原メルローを試飲したかったです。
買ったかもしれないのに・・・(本気
モルトは我が家の好みに合わなかったので購入は控えました。
それと・・・ショップ店内の日当たりの良さと室温の高さが気になりました。
お酒に直射日光が当たってましたし、暖房も入って暑かったです。残念。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com