カテゴリー : Travel

易武へ

西双版納

この日は友人たちに会いに易武へ。
易武は景洪から見ると勐海とは逆方向の勐腊县、ざっと120kmの距離にあります。
友人たちには景洪まで迎えに行こうか?位に言われていたのですが
レンタカーで景色を見ながら行くから大丈夫とだけ話していました。
まぁGoogleMapでも2時間半から3時間とあったので
勐海よりちょっと遠いかな?位のノリだったんですよね・・・(^^;

景洪は勐腊县側に行くとすぐに山の中に入ります。
とはいえ道は整備されていて、建設途中の高速道路などを通って
最初は快適に進んでいたものの、ほどなく高速道路になるであろう道が無くなります。
ちなみに半年後にも同じ道を通りましたが工事が進んでいる様子はなく
途中で予算切れでもしたのかと思われます。中国ですから。(^^;

西双版納

で、田舎街や村などの舗装されてるんだか、されていないんだか分からないような
悪路を進んで山の中に入るとこんな状態に。
中国、よくあります。この光景・・・orz
これは土砂崩れによる通行止め状態で、このまま数時間。
中国各地でこんなことは普通にあるので、もう慣れましたけど、かなりのタイムロスが。
ちなみにこうして車が動くのを待っている間は地元のみなさんと意思疎通に励むか寝ます。
この時は易武の茶農家さんとお茶についてお話したり(訛がすごかった・・・)
普通語が殆どできない少数民族の方に鶏を買うように勧められたりして(生きてる)
外国人で旅行中だから生きている鶏は無理だということを説明するのに悪戦苦闘していたり
典型的な中国の田舎あるある状態でした。(笑

西双版納

ようやく車が動いて先に進めるということで、
更に山の中の道を進んでいくと、今度はトラック同士の事故とか。(^^;
勐海への道がかなり整備されていて綺麗だったので油断していましたが
対して易武への道は本当に単なる山道の場所が多いです。
比較的平坦な道が多かった勐海と比べても雲泥の差で易武は「山奥」です。
こんな感じで想定の倍以上の時間がかかりました・・・
ちなみにこの時はトラックは動けない状態で何時間かかるか分からないので
崖っぷちの路肩を、あと数センチで落ちるかもという状態でぎりぎり通って抜けました。(^^;;;;

西双版納

そんな感じでようやく易武郷に着いたのがもう夕方近く。
本当ならお昼前には到着している予定だったのですが大誤算。
友人の1人はほど近い易武古鎮なので訪問することができましたが
もう1人はもっと奥にある麻黒寨なのでちょっと無理でした・・・
まだ麻黒寨までは道が良い方なのですが、帰りも通ってきた山道しかないので
何時間かかるか分からず、易武で泊まるつもりもなかったので
戻るのであれば山道は日が暮れる前に抜けたいところなので時間が厳しく・・・

西双版納

かつて易武といえば普洱茶の代名詞とも言える名産地だったのですが(今もですけど)
ここ最近の中国国内では人気が下がってきています。
逆に勐海はその分、人気が上がってきているという状態です。
品質が低下したとかそういうこともあるかもしれませんが、それを言うなら勐海も同じ。
肥料を与えてしまったり、大量生産に走ろうとする生産者は易武だろうが勐海だろうがいます。
自然のままに丁寧に生産を続ける生産者はどちらにもいます。

ここ最近、集中してこの2箇所を訪れて思ったのが物流の問題が大きそうな気がします。
勐海は道が整備されているのでアクセスしやすく
そのせいかそれなりの規模の茶業さんも多く見られます。
対して易武は道が険しく、整備しようとしているもののアクセスは非常に悪く
小規模な茶業さんが殆どという状態です。
中国ではブランド化と派手な宣伝が大きく売上を伸ばします。
特に投資対象として見られることの多い普洱茶は余計その傾向が強いです。
今やお茶に詳しくもない主婦が投資対象で普洱茶を買っている位なので
(一体、家庭に普通に保管(放置)しておいて誰に売るというのか・・・)
派手に宣伝、誰もが知っているブランドが人気を集めています。
多くの茶商さんなどは「今は易武よりも勐海だよ」なんて言いますが、これは飲むのではなくお金。
「高く売れる」という意味です。
きちんとお茶を知る人達、私の老師などは勐海も易武もそんな目では見ていませんが少数派。
殆どの茶商さんたちは売りやすい、高値がつきやすい勐海や冰岛をすすめます。
もちろん易武も十分に高いのですが(特に今年は天候理由で高いです)・・・
私は基本的に飲んで楽しむためのお茶と思っているので、高くてもいいけど
正当な理由もなく高いのは納得できないんですよね〜(^^;
易武は元々優しく美味しいということもあり、私のお気に入りでもあります。
このまま変に流されることなく良質なお茶を作り続けて欲しいです。

お茶の周囲には純粋に品質という以外の要素も絡んでくるので、なかなか難しい問題です。
ただ、この物流の弱さは今後の易武の発展に障害になってきている様に思います。
他にもまぁ色々思う所はありますが、それはまた追々に。

曼飞龙烤鸡3

曼飞龙烤鸡3

この日の夜はもう一度旅館の人におすすめを聞いてこちらに。
先日の曼飞龙烤鸡の新店舗です。

曼飞龙烤鸡3
景洪市告庄西双景赶摆街1-1101号
13988178919

ちなみに「2」はありません。(^^;
数字的に縁起が良くないからですかね?

曼飞龙烤鸡3

メコン川沿い(といっても河原が広い)にあるレストランで
この並びは最近、観光用に新しく作られた区画のようです。
若い旅行者に人気のカフェなどもあります。
夜市にも近くてザ・観光地という立地。
しかしながら、旅館から徒歩2分という好立地でもあります。

曼飞龙烤鸡3

現地の西双版納、傣族料理のお店も並んでいる場所ですが
地元の人はこの曼飞龙烤鸡しか行かないよ!と言う位に納得。
この曼飞龙烤鸡3だけはいつでも大混雑。
しかも観光客だけでなく地元の人でも賑わって宴会していたりもします。

曼飞龙烤鸡3

本店よりもメニューが豊富なのが人気のようです。
おそらく本店は厨房に制限があって、あれもこれもは作れないのでしょうね。
これは日本で言う厚揚げの中にネギと鶏挽き肉を挟んで
串に挟んで焼いたものです。
シンプルですが、香ばしくて美味。
日本人にも馴染みやすい味です。

曼飞龙烤鸡3

お約束の菠萝饭。パイナップルご飯です。
本店と変わらず美味しいです。
おこわ状態でモチモチ。
他のお店とはやっぱり違います。

曼飞龙烤鸡3

で、これは中国家庭の定番、西紅柿炒蛋です。
メニューにはありませんが、お願いして作ってもらいました。
というのも、この店舗は材料さえあればメニューにないものも作ってくれるんですね。
これが卵の味の濃さといい、トマトの美味しさといい
なにより料理人の腕が良いのかシンプルで絶品に美味しいのです。
景洪に滞在中、何度食べたか分からない位にハマりました。(笑

曼飞龙烤鸡3

烤鸡は前日に本店でもいただいていたので、ここでは五花肉を。
豚バラ肉です。
焼き方も素材もいいんですね。これも絶品。
むしろ烤鸡よりも美味しいかもしれないほど。
というか選べない・・・(^^;

曼飞龙烤鸡3

本店では茹でただけの蕨もここでは炒め物に。
やっぱり料理人の腕がいいんですね。
味付けが良いです。

本店と違って野菜料理が豊富で、なにより「これ食べたい。出来る?」と聞いて
材料があれば作ってくれるというのが嬉しいです。
景洪では今のところ、一番のおすすめです。
他にもいくつか行きましたが、結局ここが一番美味しかったです。(^^

南糯山の市場

南糯山の市場

麓の市場に行きたいから一緒に車に乗せてってという茶農家さんと一緒に下山。
別にいいんですけど、帰りはどうするの?(標高2000mまで徒歩で?)と聞くと
市場で誰か見つけて帰りは乗せてもらうんだとか。
それがあんまり知らない人でも乗せる方も乗る方も気にしないという
こういった山の村に住む人たちの助け合いなのかも。

で、市場到着。
野菜や日用品、肉や魚と色々並んでいます。
農家さんが収穫したものを持ち寄って売っている市場です。
野菜の種類が豊富なのと鮮度が良いのに驚きます。

南糯山の市場

その場で食べられる竹筒飯などのお店もあったりして
小規模ながらなかなか楽しいです。
鶏が随分勝手に歩いていましたが、これも売り物なんでしょうか?(^^;
ちなみに市場に並べられた野菜を勝手に食べていて・・・万引き?(笑

お茶も販売していました。
ただし、いつから並べられているか分からない位にホコリで煤けた餅茶や
微妙・・・と思う外観の散茶とか、大変安いのですが
身体を壊しそうな気がするので眺めるだけ。(笑

南糯山の市場

茶農家さんに教えていただいた豚干巴のお店です。
このあたりでは冬瓜豚という有名なブランド豚があって
ここでは真空パックにして販売しています。
生鮮食品は持ち帰れないと断念していたのですが、これなら北京まで持ち帰れる!と
北京の友人たちへのお土産や自分の食べる分をガッツリ購入。
茶農家さんが顔見知りということもあって、かなり安くしてもらいました。感謝。
ちなみに北京で食べましたが、味が濃厚で美味しかったです。(^^
脂が美味しいんですよね〜

南糯山の市場

果物も色々あります。これは日本で言うザボンとか文旦とか晩白柚っぽい。
バナナも色々な種類があって、味がみんな違うんですね。
色々な種類のものを買って試してみました。

西双版納は市場が面白いです。
景洪の市場も面白いですが、一番面白いのはこうした田舎の集落にある市場。
雲南では色々な市場も行ってきました。

南糯山半坡老寨

南糯山半坡老寨

鈴茶堂ブログにもアップしていますが、こちらでも・・・

賀開で老師と分かれて南糯山へ。
南糯山は勐海から景洪まで戻る途中にあります。
麓にある市場を抜けて山に入っていくと、いくつかの村を通り過ぎて
ようやく目的地の半坡老寨へ。
しかし、傾斜がきついですね。このあたり。

南糯山半坡老寨

大陸のお茶の師から紹介していただいた茶農家さんを訪問してきました。
この茶農家さんの紅茶は本当に美味しくて品質が良くて
私も雲南紅茶はこれしか飲まない位なのですが
他の業者さんの半額以下で下ろしてくださっているという・・・老師恐るべし。
そんな事情もあるので、お礼も兼ねて初訪問。

南糯山半坡老寨

茶農家さんの意向で写真は公開できないのですが、とても小さな製茶場でした。
散茶しか作ることができない、いわゆる本当に茶農家さん。
(餅茶にする時には親戚の製茶場に持ち込むそうです)
1つ1つの製茶を丁寧にしたいし、家族だけでやっているから
この位の大きさで十分なんだよ〜なんて笑いながら説明してくださいました。
とても真面目でお茶に正直、なによりちゃんと理論的に考えて作っているのが素敵です。
私の場合、感覚だけでお茶を作る茶師さんとはどうも長続きしないのですよね。
理論的にちゃんと答えられる人じゃないと私も納得できないからかもですが。(^^;

南糯山半坡老寨

村の外れにある茶園なども見せていただき、これがちょっとした登山。(^^;
茶王樹までどの位?と聞いた所、15分かなぁという答えだったのですが
いや、もう絶対に30分以上歩いてるけど!みたいな状態で
また山深くて太陽が陰ってきたので最後までは行かずに断念。

この南糯山は賀開と違って山深いという感じの地形だからか
豚があんまり放し飼いになっていません。(笑
これは村にいた豚さん。なんかほのぼの。

南糯山半坡老寨

賀開とはそんなに距離はないのですが、気候や地形が全然違うんですね。
これは実際に行ってみないと分からないですね。
賀開は開放的で太陽が照りつけてる位の勢いなのですが
南糯山は山深い森林のイメージ。
傾斜がきついといっても斜面が広いので豚も放し飼いに出来るくらいの賀開でしたが
南糯山は基本的に森なので豚も放し飼いにしたら帰ってこないのかも。
放し飼いになっているのは鶏位ですね。(笑

南糯山半坡老寨

民族も変わるので建物も変わります。
たくさんの少数民族が暮らしているそうですが
拉祜族(ラフ族)がこの村は多いようです。
ちなみに、この時に新しく友人になった別の茶農家さんは漢民族でしたが
(といっても混ざっているのではないかなと思われます。戸籍上は漢民族)
本人曰く、ここでは少数民族は漢民族なんだとか。(笑

賀開古樹製茶場

賀開

鈴茶堂ブログにもアップしていますが、こちらでも・・・

お昼ごはんを食べに行こうという老師に、こんな山の中に食堂でもあるのかな・・・?と
不思議に思いつつもついていくと山の途中にある製茶場へ。
まぁ確かに食堂どころか売店すらも無いですよね。このあたり。(^^;

入り口にお茶の花が咲いていた製茶場へお邪魔させていただきました。

賀開

この製茶場の茶師さんというか、小さな家族経営の製茶場なので老板(社長)ですが
ご本人曰く、老師に色々教えてもらっているということで
この日も私には色々製茶場を案内してくださりつつも
一緒にいる老師に色々相談していたりして、かなり熱心な方でした。
特にこれから紅茶を作ろうとされているので
製茶の無い12月に大規模な製茶場の改修をしてるということもあったようです。

賀開

不思議な茶器でここで作られたという普洱茶をいただきながら
みんなで色々歓談。というかお茶談義。
やっぱり賀開のお茶はかなり好みで、ここのお茶も美味しかったです。
なんと古樹専門の製茶場だそうで、そういえば老班章あたりが有名になる頃以前は
地域の区分けは今のように細かく詳細に言われることがなかったのですが
その当時、古樹茶の産出量はここ賀開がかなり大きな比率を占めていたのですよね。
そんなことを思い出しながら、何故か私にも製茶についてアドバイスを求められるという
途中から苦行のような懇談になるという。
私に普洱茶の製茶を聞いてどうする。
とりあえずは遠慮なく感想と改善案を出してきましたが。一応。(^^;

賀開

お茶菓子は立派なドラゴンフルーツ。
この中が赤いのって、意外となかなか見ないのですが
(インドネシアでは良くいただきました)
さすが南国、西双版納では中身が赤いのがゴロゴロあります。
自家製のドラゴンフルーツなんだそうで、甘くて美味しかったです。
西双版納は果物も本当に美味しい。

賀開

茶師さん家族のお昼ごはんであったであろう食事を一緒にいただきました。
素朴で美味しかったです。(撮影できず)
いきなり人数が増えて大丈夫なのかと心配になりますが
こちらでは、こうして人がご飯を食べに来ることはよくあることなんだそうで
全く気にしないし、対応可能。凄いな。日本だったら陰口叩かれそう。(笑

茶師さんの趣味の絵画。
製茶が忙しくない時期は板や壁に色々な絵を書いているそうです。
どれもつい笑顔になるような、素朴で暖かいお茶に関する絵でした。

賀開

見学させていただいたり、食事をいただいたりして
更にお土産にお茶までたくさんいただいたりも・・・
なんか本当にすみません状態。

山をおりる道でも豚が出てきます。
本当にこの山は豚が多いです・・・(^^;

贺开 曼弄老寨

贺开 曼弄老寨

鈴茶堂ブログにもアップしていますが、こちらでも・・・

勐海2日目は老師の案内で贺开(賀開)へ。
老師の老班章へ行くのかと思ったのですが、老班章はちょっと遠いことや
12月に行っても製茶していないしねということで
改めて春に来なさいと、この時は私が好きな賀開で。
覚えてくれていたようです。賀開の苦味が本当に美味しいのですよね。
しかし12月の空じゃないですね・・・(^^;

贺开 曼弄老寨

賀開茶山も上の方まで上っていき、いや、これが凄い傾斜の山で
車が登れるかなぁ位に思う位だったのですが、無事に到着。
曼弄老寨で茶王樹を見せていただき、全員で記念撮影大会。(笑
茶王樹について、茶樹の状態の見方や通常の製茶と変えるべきポイントなど
老師から色々教えていただきました。

贺开 曼弄老寨

12月でも新芽が出ているんですよ。
これは樹齢800年という茶王樹のもの。
(この後に食べましたが、なかなかしっかりしていて美味)
春茶もいいですけど、谷花茶(秋)もいいですよね。
香りが春よりもずっと良い谷花茶が好きなのですが、
さすがに12月は谷花茶の時期ではないですし・・・製茶しないですね。(^^;

贺开 曼弄老寨

鈴茶堂ブログの方に大きくズームアップした写真をアップしていますが
豚がたくさんいます・・・
このあたりの豚は黒豚なんですね。
基本的に放し飼い。鶏もアヒルも放し飼いで、飛び出してきます。
車でひいちゃいそうで怖い。
豚はかなり大きくて、放し飼いだとちょっとビビります。(^^;

曼飞龙烤鸡

曼飞龙烤鸡

景洪で夕食。ということで、旅館のスタッフにお勧めを聞いたところ
教えてもらったのがこちら。
地元の人たちには、この付近で一番美味しいのはこのお店なんだそう。

曼飞龙烤鸡
告庄西双景景勐寨5-101室
13988178919

で、名物の烤鸡(ローストチキン)。
これは確かに!という位に絶品でした。
何度も通ってしまった位に美味。鶏肉の味の濃さがぜんぜん違う上に
皮はパリパリ、身はジューシーで絶品。

曼飞龙烤鸡

他にも蕨菜、要するに蕨を茹でたものや笋子(筍を茹でたもの)などもオーダー。
蕨菜は白いピーナッツソースを付けていただきます。
ほんのり甘くてさっぱり。
日本の蕨のようにアクというか癖がないので面白いです。
食べやすさといったらこちらの蕨ですね。
どうも西双版納では蕨を常食するようです。
通年を通して採れるようです。

曼飞龙烤鸡

笋子は赤いチリソースというには結構辛いソースを付けていただきます。
基本的に茹でただけなので、やっぱりさっぱり系。
暑い気候にあった食べ方ですね。

2人なのでこれで結構お腹いっぱい状態に。
それでもチキンの美味しさに、おかわりしたい衝動にかられてました。
いや、本当にここは美味しいんですよ。

曼飞龙烤鸡

チキンの他にこのお店が絶品なのがこの菠萝饭。
パイナップルご飯なのですが、これは西双版納名物。
色々なお店でも食べられるのですが、殆どのお店はパイナップルと糯米を
普通に炊いていると思われるのでべちゃべちゃ系なのですが
ここは日本のおこわのように蒸しているようで、つやつやでモチモチ。
色々なところで食べましたが、結局ここが一番美味しかったです。

曼飞龙烤鸡

大金塔というお寺を中心とした観光エリアにあるのですが
ここを中心として夜市や飲食店、お土産屋さんなどがひしめいています。
評判の良いと言われているお店は結構試してみましたが
屋台での食事もあわせて、やっぱりいちばん美味しいのは曼飞龙でした。
地元の人のおすすめも曼飞龙が一番みたいですしね。
夢に出てきそうな位に美味しいチキンでした。ああ、食べたい。(笑

実は曼飞龙はもう1店舗あって、ここは本店。
他の店舗はまたメニューが違うので、そこは改めて。

– another entries –
2017.07.05 杂菜汤

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com