カテゴリー : Travel

勐海 傣族普洱茶製茶場 2

勐海

鈴茶堂ブログにもアップしていますが、こちらでも・・・

一般的な普洱茶の成形も見せていただきました。
機械を使っていることが殆どとのことですが、この日はちょうど石磨圧延の日だったようで
一通り見せていただきましたが、同じ石磨圧延でも地域によってちょっと違いますね。
とはいえ、殆どは機械を使っているのが現状。

勐海

感覚的には勐海は特に機械化が進んでいるような。
何か勐海は栄えてて生活に余裕ありみたいな感じなんですよね。
なので機械化が進む位に簡単に機械を買えますみたいな感じなのです。
もちろん全部じゃないですけど、地形的にも道路も整備されていてアクセスしやすく
悪路もそんなに無いので出荷し易いとか、勐海は恵まれてる気がします。
発展しやすいんじゃないかなというのが正直な感想。

勐海

熟茶も勐海といえば有名です。
この地域の熟茶は他の地域とちょっと違う発酵の仕方をするのですが
そのあたりも色々質問させていただいて勉強になりました。
実は翌年に勐海茶厂を訪問する機会があって、その時にも社員さんに
色々質問したのですが答えられず・・・(^^;
やっぱり現場に出ている老板(社長)は違うなぁと納得していたり。(笑

勐海

ここの製茶場のお茶は正直、凄く良いお茶という訳ではありません。
この12月の時期に稼働している工場を老師が探してくれたという。
普段、私が老班章を飲む時はこの老師のお茶なのですが(物凄く美味しいけど高い;)
最初の紹介時に老師がそのことを言ったせいか
良くあるお茶買わない?攻撃がなかったのが助かりました。(^^
むしろ勝手に生えてたバナナもらってたりして。

勐海

どちらかというと成形場という感じの工場なのですが
実際にお付き合いのある老師や易武の友人たちの成形と比べると
やっぱり雑なんですよね。(^^;
元々のお茶のレベルが違いすぎるから仕方ないのかなとも思うのですが
こだわり方が違うというか、ここはこだわりがあんまり無いというか。
やっぱり成形場なんでしょうね。
他から持ち込まれるお茶の方が多いそうですし。

勐海

とはいえ、職人さんたちの手作業は大変です。
機械化しているところもあるとはいえ、大益のように完全機械化ではないですし。
なので殆どは手作業が必要・・・
お茶の価格の上昇が言われ続けていますけど、お茶自体の価格上昇よりも
こうした人件費の上昇にどう対応していくかが大変です。
安く人を使えばいいじゃないかと思いがちですが、実際、中国の物価はここ5年で3倍です。
人件費を抑えても限りがありますし、そんな搾取みたいなことが健全とも思えません。
お茶が高すぎるということの前に、こうした製茶従事者の生活についても
ちょっと考えないといけないですね。
正直、今までのお茶の価格は都市部の人件費と農村部の人件費の差でカバーしていたような部分があります。
今後、これらをどう解消していくかですよね。

勐海 傣族普洱茶製茶場

勐海

鈴茶堂ブログにもアップしていますが、こちらでも・・・

ミカン狩りの後は老師のお姉さんのお宅で老師作の老班章普洱茶をいただきながら
勐海の状況や普洱茶について色々とお話を伺いました。
普段老師は老班章の方に住んでいますが(自宅はそちら)
製茶のない時期は都市部?のお姉さんのお宅に泊まっていたりするそうです。
この街はあきらかに最近整備したんだろうなぁという感じで
やはりお茶に関わる仕事をしている人が多く住むようです。
しかし、12月というのに空が夏のようです。(^^;

勐海

そこから車で30分ほど。
物凄く細い農道だの、集落の中を恐ろしいスピードで行く老師の車について
到着したのは傣族の女性が経営する製茶場。
老師の昔からの友人なんだそうで、この時期は固形茶の成形をしているからと
連れてきてくださいました。
建物の屋根が傣族の形式になっています。なんかかわいい。

勐海

柑橘類の収穫できる12月は陈皮普洱茶や青柑茶の雲南版をちょうど成形している時期で
ちょうど流行っているということもあって、凄い量を生産していました。
熟茶の渥堆はこことは別の場所で行っているということで
残念ながら見学はできなかったのですが
成形工程のお手伝いをさせていただいたり(いや、邪魔か・・・)
普通語を殆ど話せない傣族のみなさんと何となく意思の疎通をしながら
かなり楽しませていただきました。(笑
結構難しいんですよ。

勐海

みなさん、楽しそうに作業をしているのが印象的でした。
ここでのメインは熟茶ということで、色々飲ませていただいたのですが
なんと20種類以上も一気に評茶させていただいたこともあって
熟茶の鑑定についてや、仕上がり具合の違いなど
かなり勉強させていただきました。ありがとうございます。
老師も熟茶は分からんと一緒になって勉強。(そんなはずはない・・・)
勐海あたりでは行く先々で製茶について教えを請われるような名茶師なのですが
実際に老師と呼ぶと大哥(お兄さん)と呼べとか
言ってしまうような気さくな方だったりします。(^^

勐海

実際にこうした固形茶の成形ができる製茶場は意外と多くはありません。
これは勐海でも易武などでも同じ。
茶畑を所有しているとか、荒茶、散茶までは製茶できるという所は多いのですが
固形茶に成形するとなると製茶器具が必要になりますし
またその技術も別のものになります。
この後は一般的な餅茶の成形について見せていただきます。

勐海でミカン狩り

勐海

お腹いっぱい食べた後は(当然ながら食べきれず・・・)
老師が果物を食べようと言い始めて何故かみかん畑へ。(^^;
どうも12月の西双版納ではミカンの季節なのと、この時期にしか採れないということで
果物満載の西双版納にあって特別な果物扱いをされているようです。
私たちとしてはバナナとかの方が自生しているのが珍しくて
バナナ狩りとかの方が楽しそうな気がするのですが
どうも一年中バナナは採れるので珍しくもなんともないみたいな扱いです。

勐海

ということで、30分ほど車で山の方に行ったと思えばミカン畑。
茶畑はまだか、とか思ったりするのですが
誰よりも老師と奥様が楽しそうだったりして。(笑
地元の人もこれだけ集まってきていて人気なんだなと妙に感心。
ちなみにミカン狩りをしなくても購入できるようですが
入園料の10元を払えば袋(これが肥料袋を流用しているので大きい)いっぱいまで
好きなだけ採って良い太っ腹システム。
みんな袋と鋏を持ってミカン畑に出陣しています。

勐海

採りやすい場所はほぼほぼ取り尽くされていて
結局、ミカンの木によじ登ったり、枝に飛びついたりして確保。
老師には「これだけ?」とか言われましたが、そんなに食べきれませんって。(^^;
(3キロ確保)
実際、雲南各地でミカンを配って歩くという。

ミカンはデコポンっぽい種類で、かなり甘くて美味しいです。
西双版納って果物も本当に美味しいですね。しかも安い。

勐海

農園は勝手に鶏親子が歩いていたり、何故か猿もいたり
なかなか賑やかで、そして景色が綺麗な気持ちのよい場所でした。
なにより地元の人の娯楽になっているようで
私たちより何倍もの情熱を持ってミカン狩りに励む光景を見ていたりして
本当にミカンは別格な果物なのだなと妙に納得。

ミカン確保したら、ようやくお茶を見に行くことになります。

雲南西双版納傣味 2

云南西双版纳

まずは兄2号がリクエストしたほうれん草。
(兄2号はほうれん草好き)
単に炒めただけのシンプルなものですが、ほうれん草の味が濃くて美味。

こちらは当地の名物?炒苦豆。
おそらくタイ料理のマクア・プワンに近いもので
こちらの人は良く食べます。この苦味が後を引くんですよ。美味しい。
実際、茶畑の端っこなどにも生えていたりして結構自生している模様。

こちらも当地ならではの臭菜と漬物の炒め物。
臭菜は卵焼きに入っていることも多いのですが(レストランには多い)
老師の好物なんだそうです。
ちなみにこれは傣族料理ですが老師は哈尼族(ハニ族)・・・

先ほどの芭蕉の花のスープです。
鶏豚の混合白濁スープで、見た目に反してさっぱり。
おかわりする位に美味しいです。飲めちゃう。

こちらは鶏の腸をカリカリに揚げ焼きしたもの。
一瞬何だか分からない位にカリカリになっていますが
旨みの塊のようになっていて、ビールが飲みたくなる味です。

これは北京でもおなじみのモツ。
下処理して茹でてあるだけでシンプルなのは同じですが
タレがさっぱり酸辛系でこれがまた美味しい。
この気温にはこの味なんだなと妙に納得。

4人しかいないのにこの後も大量に料理が出てきます・・・
一体どれだけオーダーしてたんだ。(^^;
テーブル全体の写真はこれ以後もう諦めて食べに専念していきます。(笑

主食はお米。糯米です。
1人分ずつこの袋に入れて蒸しているようで
現地の人は基本的に手で食べます。
軽く鮨を握るような感じで一口分ずつ握って食べていくんですね。
また、このお米がモチモチしていて美味。

こちらは豚耳。
上にあるスパイスを付けていただきます。
柔らかくて味が濃くて、そしてこのスパイスがちょっと辛くて、物凄く美味しい!
このスパイス、西双版納では日本の醤油の様にメジャーな調味料なのですが
魔法の粉か!っていう位に美味しいです。万能。

魚も川魚とは思えない身の締まり方と脂の乗りで本当に美味しい。
焼く時にレモングラスで挟んで焼いているので
爽やかな香りもついていて、西双版納の魚が美味しいと開眼したのはここから。
また、景洪などの都市部よりこっちの魚が美味しいんですよね。

ローストチキンと言えばいいのでしょうか?(^^;
普通は地鶏みたいな小さな鶏なのですが、ここは烏骨鶏の丸焼き。
(をぶつ切りにして出してくれています)
皮のパリパリと肉のジューシーさと、とにかく味が濃いという
いや・・・本当に美味しかったです。

料理自体はシンプルな調理方法なのですが、西双版納の食材はとにかく味が濃い。
中国も色々な場所に行きましたが、西双版納の美味しさは凄いですね。
食材の美味しさといい、自然の美しさといい、お茶の美味しさといい
私にとっては天国のような場所でした。(^^
そして本当に食べきれない位のごちそうでもてなしてくれた老師に感謝。

雲南西双版納傣味 1

云南西双版纳

昆明から国内線を乗り継いで目的の西双版納(シーサンパンナ)へ。
昆明から500キロちょっと、飛行機だと1時間の距離ですが
気候が全く違うのに驚きます。
昆明は暖かい街だなぁ位だったのが、いきなり南国。
日差しの強さもこんなに違うのかと驚きます・・・
12月なのに夏状態。
北京から持ってきているダウンコートが恥ずかしい。(^^;

云南西双版纳

空港までは勐海の名茶師、高老師が老班章からわざわざ迎えに来てくださいました。
その車で案内してくれるとのことだったのですが
勐海以外にも行きたいし、自由に動ける方が良いので、ここでもレンタカー利用
(やっぱりレンタカーは便利ですね。行動範囲が広がります。)
まずは老師がおすすめの傣族料理を食べに行こうということで
老師の車の後をついていくことに。
老師、運転荒い・・・(^^;;;;

云南西双版纳

空港のある景洪から勐海へ向かう途中(景洪から勐海は意外と近いのです)
南糯山を過ぎて少し行ったあたりに老師のおすすめの食堂が。
食堂というより、屋根のある倉庫みたいな店舗ですが
このあたりのお店はこんな感じの殆ど野外というような形式が多いです。気候のせいですかね。
で、店先に並べられた食材を選んでオーダーしていきます。
基本的には地元の老師にお任せ。
食材が素朴なんですけど、鮮度が凄く良くてピカピカしています。

云南西双版纳

焼き場はこんな感じ。
思いっきり遠火の強火で焼いています。
炭というより薪ですかね?
この焼き場の横にも調理台などがあって、炒め物などはそちらで。
BBQみたいな感じです。

云南西双版纳

基本的に肉系は鶏肉か豚肉。
魚は当然ながら川魚です。
野菜の種類は本当に豊富で、見たことのないものも結構あります。
日本だったらハーブ扱いをされるような野菜や山菜も豊富。
あと、このお店に限らずですが卵の味が濃くて美味しいです。
殻が凄く硬い地鶏系のような卵です。

云南西双版纳

これは見かけてリクエストした芭蕉の花。
バナナの花かと思ったのですが、バナナではなく芭蕉なんだとか。
スープの具材にすることが多いそうで(他は炒め物など)
アドバイス通りに鶏と一緒にスープにしていただきました。

長くなるので続きます・・・

菌王松茸园

昆明

昼間は茶城などを訪問、さて夕食。
昆明でどうしても食べたいものがありました。キノコ鍋。
麗江あたりではどうも美味しくなくて、ならば昆明でリベンジとばかりに
ネットで評判の良いお店を調べて向かいました。

が、何か人気がない・・・(^^;

こういうお店は危険なので、周囲をフラフラしながら物色。
地元の人で賑わうキノコ鍋屋さんを発見、こちらに行ってきました。

菌王松茸园
昆明宝海路141号(近宝海公园)
0871-63575687

結論から言ってしまうと、大当たりでした。(^^
行こうとしていたお店は国内外の団体観光客向けのお店で(ツアーとか)
地元の人は行かないとのこと。
ネットの口コミってこういう団体観光客で票が集まるところが要注意ですね。

まずはショーケースに並んだ食材から好きなものを選びます。
メニューは基本的に無いという中国スタンダードスタイルで
店員さんと相談しながら決めます。
松茸から見たこと無いものまで色々あって迷うのですが、なんとトリュフを発見。
黑松露というんですね〜

鍋の具材以外のものもあります。
雲南ならではの竹虫も・・・
香りが良くて美味しいらしいですが、どうにも虫が苦手なので辞退。
これはフライド竹虫になるようですね。

昆明

まずは鍋底を選びます。
基本は鶏のスープですが、鶏の種類が色々選べます。
普通のものから地鶏、烏骨鶏などがあったような。
私たちは地鶏を選びました。

昆明

こちらは雲南の地ビール。
といっても昆明ではなく大理のビールです。
基本的にお約束の水ビールですが、雪花などに比べたらまだいい方ですかね。

昆明

オーダーしたキノコはこちら。牛肝菌と黑松露です。
日本語だとポルチーニ茸と黒トリュフ。
なんと豪華な。(笑
松茸も頼んでしまおうかとも思ったのですが
2人ならもう十分な量だという、お店のおばちゃんのアドバイスもあって断念。
このおばちゃん、すっかり顔を覚えてくださって、4月に再訪した際にも
色々と良くしてくれました。(^^

昆明

他にも色々な具材があったのですが、一皿が多いので
人数が少ない場合は絞らないと恐ろしいことになります・・・
これは私の大好物の湯葉。
中国湯葉なので歯ごたえと味がしっかりしていて美味しいです。

昆明

野菜に雲南らしくミントをオーダー。
雲南は基本的にミントを野菜として普通に使います。
炒め物にも使いますし、和え物とかスープなどにも。
当然、鍋の具材にもあるんですね。さっぱりしていてツボにはまります。
が、ちょっと苦味が強いかな・・・

昆明

先にスープを飲むよう勧められます。身体に良いんだとか。
これがまた美味しいんですよね。
鶏の出汁が凄く濃くて美味しい。(^^

で、スープをいただいた後はキノコ投入。
このまま15分以上煮込みます。
野生のキノコは15分以上煮込まないと毒が消えないとか何とか・・・本当?(^^;
ということで、テーブルにタイマーを置いて暫し待ちます。

タイマーが鳴って、ようやくいただきます。
本当に美味しかったです〜!
こんなにトリュフとポルチーニを大量に食べたのは人生初ですし
意外と鍋にして美味しいんだなと納得。

昆明

中国の鍋の食べ方としては大体どこも同じですが、雲南も同じ。
最初にメインの食材をまずはいただきます。
ということで、今回はキノコを一通り食べてから
別にオーダーした湯葉やミントを投入。いただきます。

写真は忘れましたが、この他にも炒飯などもいただいて(美味しかった)
幸せな食事でした。
昼夜と鍋が続きましたが、昆明の鍋は美味しいので問題なしです。(笑
かなり豪華な鍋でしたが、1人5000円ほど。
現地では高級ですが、日本で同じものを食べたらこれじゃ済まないですよね。(^^;

雄达茶城

昆明

鈴茶堂ブログの方にもアップしていますが、昆明の茶城、雄达茶城を見学してきました。
まぁ実際、ここの茶城で仕入れる訳でも、お買い物をする訳でもないので
折角来たからには見てみようなノリと友人茶業さんが出店しているので
そのあたりにご挨拶ということで。

昆明

どうも北京の馬連道に慣れてしまうと、他の都市の茶城を見ても
その規模の小ささに、正直、しょぼい・・・とか思ってしまう癖があるのですが(^^;
この雄达茶城はまだ結構大きい方かと思います。
しかしですね、人気が本当に無いのが気になります。人がいない・・・

昆明

ここ最近の実質的な不景気や政府による賄賂禁止キャンペーンの効果で
馬連道も昔ほどの賑わいはないのですが、こちらの方が深刻な感じ。
12月という時期的なものもあったのかもしれませんが
谷花茶(最も香りが良い普洱茶です)も上がってきている時期なのに
ここまで人がいないって、家賃とか経営とか大丈夫?と思ったりして。
いや、実際、茶商さん、茶業さんの廃業って結構深刻なんですよ。
儲かっているところは儲かっているけど、そうじゃないところは結構大変で
茶業さんに至っては良心的なほど結構大変だったりして・・・
そうですよね。お茶の価格をなるべく上げないように頑張っていても
世の中の物価はこの5年でざっと3倍ですから。

昆明

近頃流行りの青柑普洱茶は予想通りほとんどありません。
これは普洱茶は雲南で作っていても、青柑に詰める最終加工は広東省で行うので。
代わりに雲南では檸檬で行っていて、それは結構並べられています。
友人のところでも飲ませていただきましたが・・・檸檬が強すぎ。
ちょっと微妙ということで辞退。
たまに青柑普洱茶を並べているお店を見かけましたが、雲南では珍しいからか
物凄い宣伝っぷりで売り出していました。(笑

緑茶の品揃えが豊富なのも昆明ならではですね。
決して質が良いものが多いという訳ではないのですが
やっぱり地元のお茶は緑茶ということでしょうか。
雲南緑茶は雲南以外への流通は殆どありませんが、本当に素朴で美味しいです。
個人的には夏を越した後が一番好きだったりします。あと水出しとか。

昆明

茶城周辺は普通の住宅街。
昆明が都会とはいえ、やっぱり雲南だなと思ったのはこの光景。
これは街中の牛肉鍋のお店ですが、店先で普通に屠殺、解体していました。
レストランで使う分もあると思いますが、どうやら肉屋さんも兼ねているらしく
近くの主婦と思われるみなさまが解体している横に洗面器(というか大きなボール)を持って
肉を買おうと待っているんですね。
普通に街中ですけど。(^^;
こんな光景、ラサ位しか見たこと無かったですが、こういうのが無くなると(見えなくなると)
命をいただく。という感覚が薄れがちですよね。
日本では最近、まず見かけませんが、こういった感覚は忘れないようにしたいものです。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com