カテゴリー : Travel

雅府正红木桶鱼(汇都店)

昆明

昆明での第一食目。
ホテル近くで美味しいお店を探してみたらこちらに。

雅府正红木桶鱼(汇都店)
昆明尚义街199号(金格对面)
0871-68260705

お昼ちょっと前でしたが、ほぼ満席。人気店です。

昆明

木桶の魚鍋料理のお店ですが、お店の人にお勧めを聞きながらオーダー。
一緒に主食に餅も頼んだのですが、何故か一番最初に出てきました。
そして凄い量。というか大きい。(^^;

昆明

が、これが本当に美味しくて、外側がパリパリ、中はフワフワ。
餡は甘いピーナッツが入っています。
いや〜美味しくて鍋要らないかもと思うほど。
もって帰ろうかと思ったのですが(食べきれない)
冷えると美味しくないであろうメニューなので、ここは断念。

昆明

餅を食べている間に鍋の準備が着々と。
野菜は基本的に好きなものをオーダー。
私は蓮根大好きなのですが、この蓮根にも種類があって
シャキシャキとした歯ごたえが楽しめるものと、そうではないものがあったりします。
ここは歯ごたえが楽しめる好きなタイプ。(^^

昆明

鍋のメイン。魚が運ばれてきます。
いきなりこの状態で来たので何だか分からない状態です。(^^;
下味が付けられているようですが、初めて食べる&来たお店でこの状態は
一体どうすれば・・・?状態。
店員さんに質問するも訛が凄くて意思の疎通が難しいという;

昆明

あまりの早さに写真のタイミングがずれてしまったのですが
木桶の底に焼き石を入れたものを別の店員さんがもってきて
先に来ていた魚を入れて炒めはじめます。
大体火が通ったところで、スープを投入。
焼き石が相当熱いのか、あっという間に沸騰してきます。

昆明

スープが沸騰したら、野菜を入れて蓋をしてしばらく待ちます。
その間、地元の人じゃないなと思われたせいか
店員さんが一人、専用状態でスタンバイして鍋の面倒を見てくれました。
他の地元の方と思われるみなさんは各自でやっているようです。(^^;

昆明

これで完成。
スープが優しくて、ちょっと驚く位に美味しいです。
魚も臭みも何もなくて、雲南の魚って美味しいねぇと盛り上がる位に美味。
この量を2人でという恐ろしい状態だったのですが
結局ほとんど食べてきたという・・・(笑

昆明

薬味はこんな感じです。
小碗にスープを入れて、この薬味を溶かしながらいただきます。
薬味がなくても十分に美味しいのですが、
辣醤が後を引く美味しさで、実はお代わりしたという。

で、この木桶魚。お店に入ってから知ったのですが四川料理でした。
しかも、どうやら雅安の名物とか。
あんなに何度も行った雅安ですけど、こんな料理あったかな?(^^;
まぁ雅安のあたりは魚がとても美味しいので
こういった料理もあるのかも。

昆明

昆明は何故か鍋料理がとても美味しくて、この木桶魚もお気に入り。
石鍋魚といい、色々な鍋料理がありますねぇ。四川と雲南。
また昆明か四川の雅安で食べたいですね。

余談ですが、鍋の底は鉄板になっていて後から加熱できるようになっています。
が、大人数で宴会とかするのでなければ焼き石の熱だけで十分だったりします。

昆明桜花酒店 Holiday Inn Kunming City Centre

昆明

北京から昆明へ。
かなり距離があるので航空券の節約のためにも夜便で移動。
昆明市街地にある昆明桜花酒店 Holiday Inn Kunming City Centreへ宿泊しました。

都市部で普通のホテルに宿泊する際にはHoliday Innを利用することが多いのですが
(価格も普通価格で欧米並のセキュリティと清潔度があるので便利)
会員になっているからか、良い部屋にアップグレードしていただきました。
感謝。(^^

昆明

スイート形式の部屋で結構広くて楽しいです。
もう翌日の昆明観光がどうでもよくなる位に快適。
(実際、お天気も悪かったので目的を済ませたらさっさと帰ってきました・・・)
天井が低いのがちょっと気になりますが清潔度などはかなり優秀。
ネット接続は頭にくる位に遅かったのが残念。
殆ど使い物にならないですが、時間帯によってはまだ使えます。
(夜は全滅に近い)

昆明

バスルームもムダに広いというか、使い切れない位に広いです・・・
シャワールームとバスタブのあるバスルームと別にトイレもあり
どちらも寂しくなる位に広いという。貧乏性だからでしょうか?(^^;

昆明は春城と呼ばれて年間を通して温暖な気候です。
この12月の時も20度ちょっと位の気温はあったので、ちょっと肌寒い程度。
しかし、南方のホテルにあるあるな暖房がないという状況で
夜中が寒いというのも残念ですね。
でもこれはこのホテルに限らず昆明では殆ど似たようなものかと。

昆明

翌朝の昆明の様子。
結構な都会で、開発が盛んなのか建設現場が多いです。
写真の場所はそうでもないですが(ホテルの部屋からの景色です)
緑が多くてお天気が良ければ気持ちよさそうです。

炒合菜

北京

かなりの頻度で行っている好嫂子刀削面
最近は麺であれば一碗居の方が美味しいので頻度が落ちつつありますが
麺以外の家庭料理が美味しいのは断然、好嫂子刀削面の方です。

最近は北京でも皮蛋をレストランで見かけることが減ってきました。
理由は安くて儲からないから。
こういった庶民のメニューも変わらずにあるのが嬉しいです。(^^

北京

北京における大好物なのが炒合菜。
要するに野菜炒めというだけなのですけど、これが中国は本当に美味しい。
好嫂子刀削面の炒合菜はその中でもかなり美味しい方で
行くと必ずオーダーしています。
火の加減とか味付けとか野菜のシャキシャキ具合とか
大陸の炒め物って本当に美味しいんですよ。
北京でなくてもアベレージで大陸はどこも本当に優秀。
台湾や香港などのそれなりのレストランより
大陸の超庶民的な食堂のおばちゃんが炒めている炒合菜の方が美味しかったりします。
不思議なんですけどね。

北京

お約束通りに締めは刀削麺を。
刀削麺のお店も北京には色々ありますが(高級店から庶民的な食堂まで)
この刀削麺なら好嫂子が一番美味しいですね。
別に高級でもなく、どちらかというと安い方なのですが
味のバランスがいいんですよね。
いつも地元の人で満席というのは分かります。

老醋花生菠菜

北京

2016年12月はちょっと長く北京(とその周辺)、雲南とまわってきました。
まずは北京に到着。
スタンダードに家庭料理で行きつけのお店、溢香居饺子に。
特別美味しい訳ではないのですが、安くてちゃんと美味しいというのは
意外と貴重なお店です。

これは私の大好物、老醋花生菠菜です。
最近、料理人が変わってとても美味しくなりました。
ほうれん草とピーナッツの黒酢あえですが、ピーナッツの香ばしさといい
黒酢の効き具合といい、元々美味しかったのですが、もっと良くなりました。
ほうれん草以外の野菜が色々入っているのも嬉しいですね。
普通のお店はほうれん草とピーナッツ位なので。

北京

餃子もここはスタンダードに美味しいです。
以前は餡の味付けが少し濃かったのですが、今はそんなこともなく。
これも料理人が変わったからだと思いますが
残念ながらいくつかの餃子メニューは消えてしまって
五宝という春雨、豚肉、野菜数種類、卵という餡の絶品餃子があったのですが
今は食べられなくなってしまいました・・・残念。(^^;

最近は餃子のお店でも、なかなか普通に美味しいお店が少なくなりました・・・

久しぶりのサクララウンジ

サクララウンジ

ようやく2016年の12月まで来ました。(^^;
この時は久しぶりに羽田空港JALのサクララウンジを利用する機会があったので
しっかり楽しんできました。
自らビジネスクラスを取ることはまず無いですし
アップグレードをしていただくことは良くあるのですが
そういう場合、ラウンジ利用はできないので実に久しぶり。
クレジットカードに付帯しているサービスでもサクララウンジは使えないですしね。

サクララウンジ

日本酒が意外と充実していました。
あと日本のウィスキーなど。
これは外国人利用客向けでもあるのですかね?
日本酒は以前からですが、最近のジャパニーズウイスキー人気は凄いですね。
おかげで日本国内が品薄になっているとか。

サクララウンジ

前もこんな感じだったかなぁ?と久しぶりすぎて
何となく覚えているような、覚えていないような・・・
フロアによっては空いていて
結構ゆっくり堪能させていただきました。

サクララウンジ

お約束のJALカレー。これは食べておかないと。(笑
実はあまりお腹が空いていなかったのですが
せっかくのJALカレーは食べておきたいということと
この時はちょっと長めに日本を離れるので
カレーかラーメン、蕎麦は食べ納め。
これで1ヶ月弱の中国滞在も大丈夫な気がしてきます。
まぁ私の場合、1ヶ月以上中華料理でも全然ストレスにならないのと(大陸なら)
日本の食べたいモノってその位なんですよね。(笑

次はいつ利用できるかなぁですね。(^^;

葱爆羊肉

北京

一気にブログを更新しているので頻繁に行っていると思われがちですが
また长安壹号ネタです。いや、美味しいんですよ。高いけど。
なので毎月の訪燕の度に行っている訳ではないので
北京ダックが食べたくなったら行くという感じなのですが
となると、やっぱり北京ダックを食べてしまう訳で(まぁ当然)
他の肉系とか主食系のメニューには手が出せない状態になってしまうのですね。
で、この時は同じハイアットの中にあるお店で旗袍をオーダーしに行ったので
#中国茶屋なのにちゃんとした旗袍を持っていないのは
#いかがなものかと兄達がプレゼントしてくれまして
結果として連続して行ったので久しぶりダック以外を。
ちなみに旗袍のお店はこんな感じでゴージャス。楽しかったです。
忙しくてお茶会を開催できていないので、まだ着てないんですけど。(^^;

北京

ダックを食べようが何だろうが
いつもオーダーするのがどうも決まってしまって
何だかんだ毎回オーダーするのがこのセット。
シンプルだけに美味しさが際立つと思うのですが、
人によっては、こんな家庭料理がこんなに高いのかということも。
でも美味しいんですよ。(笑

北京

数日前にもダックを食べに来ていたので
この日は羊にしようと葱爆羊肉をオーダー。
ここで食べるのは久しぶりです。
羊肉とネギのシンプルな炒め物なのですが
その分、美味しいかどうかは素材と料理人の腕にかかっているように思います。
家庭料理ではありますが、やっぱりここのは羊臭ささえも美味しいです。

北京

焼餅系もオーダー。ここの焼餅も美味しいんですよ。
でもダックを頼むと鴨餅がついてくるので
なかなかオーダーできないんですよね・・・
この焼餅のメニュー名は失念しましたが
以前に頼んだ新疆羊肉餅の方が好みですけどね。
でもかなりこれも美味しいです。

北京

この日の北京は快晴。
日本のニュースではこの世の終わりみたいな北京が報道されているので
ずっとそんな天気と思っている人も多いようですが
結構こういった晴天も多いんですよ。
悪い日は悪いですけどね。(^^;

そういえばここ数日、北京では高温注意報が出ている位に暑いようです。
30度以上とか。
湿度がない分は日本より楽ですけど、もう夏ですね。

味觉乡土菜

北京

北京の超ローカルネタです。(^^;
こんなところにお住まいの日本人がいるとも思えず
観光客が行くとも思えない場所ですが
ここ最近、北京では绿地缤纷城に滞在しているので、その関係で。

味觉乡土菜(绿地缤纷城店)
天星街1号院绿地缤纷城3层
010-52598518

仕事で遅くなってしまったので、さすがにこの時間から食事を作るのは・・・
という状態で、歩いていける範囲で開拓してみようと行ってみました。
本当は水餃子のお店を探していたのですが
入ってみたら四川料理のお店だったという。(笑

北京

そんな感じで入ったお店だったので期待度が低かったこともあってか
意外に結構美味しいじゃないの?と結構好印象。
本格的な四川バリの有名どころとはまた違いますが
ここが嬉しいのは四川でも家庭料理に近いメニューが多いこと。
成都の友人宅でごちそうになった料理にかなり近い優しい味の四川家庭料理でした。
意外と四川人は自宅では激辛にしていないんですよ。
むしろ辛くない料理もとても多いのです。

また、このお店のメニューは野菜料理が豊富なのも嬉しいところです。
四川料理となるとレストランでは結構野菜モノが少ないのですが
ここは私でも見たこと無いなぁという野菜系メニューがたくさんありました。
そしてなにより美味しいし安い。

北京

一番のお気に入りはこのスープ。
卵が入っているのですが、なんと卵焼きがそのままドーンと入っています。
これには私もびっくりですが、中国人の兄2号も初めてとのこと。
スープが優しい味わいで美味しいのも当然ながら
溶き卵ではなく「卵焼き」がかなりいい味出しているんですよね。
このスープはまた飲みたいとか思う位に美味しかったです。

メニューは四川の色々な地方の家庭料理があるのですが
(四川でも場所によって全然料理も味付けも違うのです)
このスープはどの地域のなんでしょうね。
今度行った時には聞いてみようかなと思っています。(^^

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com