カテゴリー : Japan

東京湾フェリー

東京湾フェリー

帰りは東京湾フェリーに乗船して東京湾横断。

実は東京湾フェリーは初体験。
なかなか気持ちのよいものですね。(^^

金谷から久里浜まで乗船するわけですが、20年以上ぶりのフェリー乗船でした。
昔、バイクで北海道に行った時以来・・・
乗船待ちのバイクを眺めながら、また乗りたいなぁと思っていたり。
いや、でも怪我するので(オフロード派なので本当に結構怪我する)
もうお年でもあるし、仕事もあるのでぐっと我慢。(笑

東京湾フェリー

金谷で乗船まで時間を潰していたのですが、食事もその際に。
と、思いきや結構食事処が乏しいんですね。
レストランは貸し切りだの満席だので、待っていたら時間がないし
周囲には何もないし・・・で、パンなどを買って食べていましたが
ここはちょっと改善して欲しいなぁと思います。
折角地のものが美味しいのにもったいないですよね・・・
それかお弁当系などを買ってから乗船待ちするのが正しいかも。

東京湾フェリー

と、ちょっとした久しぶりの日本国内の旅でした。
最近は中国しか行っていないので新鮮です。
しかも過酷な茶産地とかじゃなくて快適だし。(笑

また、旅行記は中国、北京をベースに雲南だの広東だのが続きます・・・(^^;

オドーリ・キッチン

オドーリ・キッチン

なるべく更新しようと思いつつ、またもや・・・(^^;
忙しいというのはありがたいことなのですが
あれもこれもというのは身体が1つだと難しいですね。

房総の目的地はこちらでした。

オドーリ・キッチン
南房総市白浜町白浜232-4 エスカール白浜2階
0470-38-5470

オドーリ・キッチン

以前、鈴茶堂のお茶も扱ってくださっている新宿のblanDouceさんで
大変お世話になった方が現在勤務しているイタリアンレストランです。
ちょうどこのレストランの至近距離に宿泊できる機会があったので行ってきました。

本当に房総半島の先端といって良いような場所にあります。
正直、こんなところに?という感じ。(すみません・・・
地元の食材を使ったイタリアンで目にも舌にも嬉しいお料理。
野菜が特に美味しかったのが印象的。

オドーリ・キッチン

泊まりということもあって、本来ならばワインなどとガッチリいただくところですが
先のエントリにもあるように、道の駅で食材を仕入れてスタンバイしてしまった都合上
今回はちょっと軽めにさせていただきました。
すみません。(^^;
パスタとかピザとかも良さそうだなぁと思って見ていたので
次回はそのあたりもぜひ。
ごちそうさまでした。(^^

道の駅ちくら・潮風王国

房総

また長らく更新が止まっていました。(^^;
中国の茶産地に続いて、急遽決まった引っ越しもあってバッタバタ。
だいぶ落ち着いてきたものの、まだ自社の法人移転の手続きとか
鈴茶堂のショップ再開に向けての宅配便業者さんとのやり取りとか残っている上に
また出張に行かないといけない時期になってしまいまして
#本当は行けるような状態にないのですが
#製茶の打ち合わせがあるので行かねばならぬという・・・
不定期になりそうな気がしますが、可能な限り再開を。

あ、写真は途中だった房総半島の海です。きれい。

房総

宿泊は友人の勤める会社のコンドミニアム形式の保養所ということで
一通り調理器具もあるそうで、ならば鮮魚を。と探しつつ保養所のある白浜へ。
房総には道の駅とか漁業組合のやっている直売所などがぼちぼちあるのですが
どうにも貝類とかしか置いていないんですね。
魚は無いというところが殆ど。
最近の人は鮮魚を自分で捌くとかしないからでしょうか・・・(^^;

房総

で、何件か回って、しまいには人気のない漁港で地元の人にも聞き込むとか
まるでどっかのテレビ番組のように鮮魚を探して放浪。(笑
週末の午後ということもあって漁港も人気がないどころか
今日は漁に出ていないよとかいう情報ももらって
結局見つけたのは道の駅「ちくら」でした。
写真は撮っていませんが(この写真は宿泊したコンドミニアムからの景色)
結構大きい道の駅で、珍しく鮮魚が生け簀にいて販売されていました。
種類は少ないけれど安くてなかなか良い品質です。

房総

で、入手したのがこちら。平目。
ちゃんと活け〆にもしてもらって、あとは捌くのみ。
これで2300円(確か)って素晴らしいです。
昆布締めから近所のスーパーでパックごはんを入手して握りとか
アラはお吸い物にと、まんべんなく全て美味しくいただきました。
(といっても夕食は別に目的地があったので、これは夜食&翌日朝食)

房総

近所で入手した食材や途中の道の駅で発見したものなどで夜中の宴会。
日本もなかなかいいですね。
いつも中華圏ばかり旅をしているので
日本国内の旅行が新鮮で楽しかったりします。(^^;

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

中国出張前ということもあって、バタバタと忙しくしていて
更新が止まっていました。(^^;
またすぐちょっと茶産地に行くので更新止まるのですが、少しでも先に進めるべく。

房総でお昼ごはんはこちらに。
館山船形漁業共同組合直営のふれあい市場です。

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場
千葉県館山市船形297-88

漁港のそばにあります。
お昼少し前に到着。

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

やっぱり房総、しかも漁業組合の直営といえば海の幸。
水槽から伊勢海老を選んでお願いしました。
そういえば日本の伊勢海老、久しぶりです。
(中国の青島では結構食べてるけど・・・)

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

ちなみに鯵好きな私としては鯵の干物も。
房総の鯵、美味しいですよね。
黄金鯵を探していたのですが、外房の方にいかないと無いとのこと。
残念・・・
館山にもあると聞いていたのですが見つけることができず。

この店舗は売店もあるので良いものがあれば買って行きたかったのですが
鮮魚の販売はしていないとのこと。
基本的に加工品と貝類ばかりでした。
最近は鮮魚、売れないんですかね・・・

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

定食は鯵のたたきでオーダー。
魚づくしで大満足。
なかなか美味しいお魚でした。
お値段も漁業組合直営だけあって、結構抑えめですし
鮮度がいいので美味しいので、いいですね。
問題はお店のオペレーションかと。(^^;

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

おそらく漁業組合の方々が全て運営しているようで
ホールも厨房も同じくという感じ。
なので、ちゃんとした店舗のオペレーションができていなくて
お客さんが多いともう崩壊しているという状態。(^^;
私たちは少し早い時間に入ったので、それほどでもなかったのですが
混み合ってきたら、料理が出てこなくて帰ってしまうお客さんとか
厨房から叱り声が聞こえてくるとか、ちょっと微妙な状態。
まぁ言ってみれば店舗運営の素人さんたちが運営しているのですから仕方ないのかもしれませんが
ちょっともったいないなぁというのが正直なところです。
行く場合はピーク時を避けた方がおすすめです。

館山船形漁業共同組合直営ふれあい市場

漁港の景色。
久しぶりに日本の海を見ました。
色がやっぱり違いますね〜
この日は天気も良くて綺麗な海も堪能できました。
また房総に来る時には来たい場所です。
(時間は選んで・・・)

房総へ

海ほたる

たまには日本国内も。
というか、国内旅行は本当にあまり行かないので(^^;
最近の日本国内線や新幹線の乗り方などに戸惑っていたりするのですが・・・
(逆に中国国内は慣れたものという日本人としてどうなのかという状態;)

2月、まだ寒い時期ですが友人と一緒に南房総へちょっと行ってきました。
もうかれこれバイクをおりてから行くことも無くなっていた房総。
もしかしたら10年以上ぶりだったかもしれません。(^^;
が、逆に房総いいなぁと再確認。

海ほたる

成田空港からのリムジンバスでしか通ったことのなかったアクアライン。
(湾岸が大渋滞だとアクアライン経由の場合があるのです)
今回はリムジンバスではないので、海ほたるへ立ち寄り。
初めてきました。
気持ち良いですね〜
冬なので空気も澄んでいて色彩が綺麗。(^^
初の海ほたるを満喫。

海ほたる

アクアラインを通過後に道の駅富楽里とみやまへ。
(写真撮ってません・・・)
久しぶりの道の駅でしたが、その充実っぷりにびっくり。
実はその後の行程でも道の駅に行ったのですが
房総の道の駅が充実しているのか、それとも道の駅自体のレベルが底上げされているのか
結構楽しめるじゃないと色々物色、買い込んでいました。
国内旅行もいいですね。(^^

ということで軽く久しぶりの国内旅行。(^^

仙郷楼 朝食

仙郷楼 朝食

豪華な夕食でしたが、朝食も豪華。
写真に収まりきらなくて立ち上がって撮影。(^^;
部屋食なので、そんなお行儀の悪いこともできたりして。

旅館の朝食というのは、どうしてこんなに美味しくいただけてしまうんでしょうね〜
普段はこんなに朝から食べないというのに
身体に優しいお料理ばかりで、しっかり完食。
こんなに朝から食べたのは去年はこの日だけだったような気がします。

仙郷楼 朝食

箱根は伊豆や早川港が近いからか干物も美味しいですね。
干物大好きな私としては、もっとたくさん食べたい位に美味しかったです。
(そんなに入るのかというのは置いておいて・・・)

しっかり朝食をいただいた後にも温泉に浸かって
最後まで堪能させていただきました。

ここの温泉、本当に湯質が良いようで
旅行から帰ってきて1週間位はお肌がつるつるでした。
凄いなぁ。
またそのうち、心の洗濯に行きたい旅館です。
まぁ予算が酔った勢いじゃないと難しいんですけど。(^^;

仙郷楼 夕食

仙郷楼

温泉で旅館といえば楽しみなのは食事。
とても豪華できちんとした日本食を楽しませていただきました。

こういった、なんちゃってじゃない「日本料理」が楽しめるということも考えると
やっぱりこういった旅館は高くないのかもとも思いますね。
都内でちょっとしたところで食事をしたら結構しますし
それに温泉付きということであれば、年に一度位ならいいかも。

仙郷楼

見ても綺麗、食べても美味しいという舌福状態でした。
お部屋の水屋にはIH調理器がついていて
お料理が冷めてしまうようなことのないように
中居さんが温め直して出してくれるようになっています。
離れで部屋食ということで、普通は冷めてしまうようなお料理も
温かいものは温かくいただくことができました。

仙郷楼

それと凄いなと思ったのは、1つ1つが食べやすい様に
きちんと考えられているということ。
野菜の切り方はもちろん、包丁の入れる場所が美しさと味わいだけでなく
食べやすさも考えているんですね。
こういった仕事をいただくのは久しぶりです。

仙郷楼

どれも美味しくいただいたのですが、このお肉だけはちょっと苦手でした。
見事な牛肉、相当な霜降りと思われる溶けてしまうような牛肉なのですが、
脂が強くてちょっと辛い状態に。(^^;
オジサマ方は好きそうな感じの牛肉ですが
(何か昔にもてはやされた感じの見事な霜降り)
女性客には赤身とかの方が喜ばれるんじゃないでしょうかね。
ここまで脂いらない・・・という感じ。

仙郷楼

その他は本当に魚も野菜もとても美味しくいただきました。
特にお椀が美味しかったですね。素晴らしい。
全体的に古い感じのする日本料理ですが
まぁ古き良き時代(バブル時期とか)を思い出す感じで
これはこれでまた良しかなと。

仙郷楼

お酒を飲みながらいただいていたのですが
いや、結構な量でした。
ご飯以外は何とか完食しましたが、ご飯はもう無理。
ちなみに鯛めしです。
これも美味しいんですけど、入らない・・・

仙郷楼

デザートもしっかりいただき
部屋食ということもあって、2時間近くかけてゆっくりいただきました。
1つ1つが美味しくてお酒が進むんですよね〜
中居さんにはご迷惑だったかも。(^^;

仙郷楼

大量にあった鯛めしは中居さんが夜食用におにぎりにしてくれます。
こんなにありますけど・・・
流石にこれだけ食べると夜中にはお腹も空かず
味見と称して頑張って1個食べたまでで挫折。
ちなみに姐さんは夜中に食べてました・・・これはこれで凄い。(笑

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com