カテゴリー : Karuizawa

めがね橋(碓氷第三橋梁)

めがね橋(碓氷第三橋梁)

昨年、軽井沢に旅行する際に一番見たかったのが
碓氷峠にある国鉄信越本線のめがね橋こと碓氷第三橋梁旧丸山変電所でした。
昨年は電車での旅行だったために断念しましたが
今年はめがね橋に行くために車でした。

軽井沢から国道18号旧道を通って碓氷峠へ。

C184の標識がありました。
という事は、184個のカーブがあるという事らしく
結構な下り勾配と急カーブの連続です。
流石に100個位かと思っていたのですが184個ともなると
はじめのうちはバイクで来たら相当に楽しそうな・・・と思ってましたが
100個を超える位から、もうお腹一杯状態でした。(^^;
ちなみに助手席の夫は食後というのもあって具合が悪くなってました・・・
(私の運転が荒いという話もありますが;)

めがね橋はC30の標識あたりにありました。
ここまで154個のカーブを下ってきたのかと思うと感慨深いものがあります。
そして、さらに30個のカーブが残ってるのかと思うと、さらにお腹一杯気分でした。
やっぱりバイクで来たら意識が遠くなりそうな気がします。(軟弱モノ)

実際に見るめがね橋は想像以上に大きくて迫力がありました。
丁寧にレンガが積み重ねられていて
昔の人の仕事って凄いなぁなんて見とれてしまいました。

めがね橋の上に上れる様ですが、左足が完治していないのと(完治どころか靭帯切れてたし;)
夫がすっかり具合悪くなっていたので断念・・・orz
(運転が荒いせい・・・自業自得?)

めがね橋(碓氷第三橋梁)

橋の下には渓流があり、そちらも凄く綺麗です。
良く見ると岩盤になっていて、この急傾斜といい、
線路や道を通すのがいかに大変だったかわかる気がします。

旧丸山変電所にも行きたかったのですが
こちらは近くまで車が入れず、一番近くの峠の湯という施設からも徒歩20分との事。
歩いて20分は私の足の都合もあり、流石に諦めました。

めがね橋と旧丸山変電所は、高校の頃に軽井沢へ遊びに行った際
特急あさまの車内から見ていました。
特に旧丸山変電所の廃墟っぷりは、ちょっとした恐怖を感じるほどのインパクトで
ずっと記憶の片隅で「何の建物だったのだろう?」と思っていました。
昨年、軽井沢に行く際に調べた所、旧丸山変電所という名称の国指定重要文化財であり
めがね橋も同様である事を知りました。

今回、めがね橋だけでしたが20年ぶりに見ることが出来て良かったです。
次回(があれば)はめがね橋の上に上ったり、旧丸山変電所も行きたいです。

軽井沢追分 きこり

軽井沢追分 きこり

きこり
長野県北佐久郡軽井沢町追分119-7
0267-45-1330

軽井沢町とはいえ、観光で訪れる場所からは結構離れています。
実際、車じゃなかったら行かなかったとは思います。

街道沿いにあるファミレスorドライブインちっくなお店ですが
地元の方と思われるお客さんで、平日でもそれなりに混んでいました。

二八、更科、田舎と3種類の蕎麦があります。

写真は二八と更科のあい盛り。
更科の方は本当に真っ白で、ちょっと驚きました。
ここまで白い更科はあまり見ない様に思います。

なかなか美味しい蕎麦でした。
我が家の場合は東京の辛いツユに慣れているせいか
この地方の特徴と思われる、甘めのツユにはなかなか馴染めませんでしたが
そのあたりは好みの問題ですし、決して甘すぎるというのではありません。
甘みのあるツユが好きな方にはかなりお勧めだと思います。
かなり美味しいお蕎麦だと思います。

店内も清潔で好感のもてるお蕎麦屋さんでした。
また近くまで行くことがあったら寄りたいです。

Volnay-Clos Des Chênes 2000 Domaine Caillot

Volnay-Clos Des Chênes 2000 Domaine Caillot
Volnay-Clos Des Chênes 2000
PREMIER CRU
Domaine Caillot
Appellation Volnay 1er Cru Contrôlée

メインダイニングで頂いたワインです。

非常に美味しく、
Volnayってこんなに美味しかったっけ?と驚く位でした。
(それとも何か記憶違いをしてるのか;)

香り、バランス、味共に私好みでした。(^-^

万平ホテル メインダイニング&バー

万平ホテル メインダイニング&バー

昨年も利用したメインダイニングルームで夕食を頂きました。

上の写真の鴨がとても美味しかったです。

万平ホテル メインダイニング&バー

メインは和牛のグリルでした。

この日はソムリエの方にワインをお勧めして頂きました。
Volnay-Clos Des Chênes Domaine Caillot

変わらず美味しい食事だったのですが、何だか去年の方が感動したような・・・
期待しすぎたのか、私達の舌が変わってしまったのか、
シェフが変わったのか、それとも他の何かか。(^^;
メートル・ド・テルは昨年同様に完璧だったのですが
メインダイニングだけでなく全体のサービスの質が何だか変わった気がします。
私としては、ちょっと残念です。

食後はバーに移動。
お目当ての小澤さんはいらっしゃらず・・・
残念な思いをしながら飲んでいたのですが
懐かしい、素敵な出会いがあり
それからは少々飲みすぎるほど楽しませて頂きました。

万平ホテル メインダイニング&バー
朝食時にメインダイニングから眺めた中庭。
綺麗でした。

星野温泉トンボの湯と矢ケ崎公園

星野温泉トンボの湯と矢ケ崎公園

ホテルの部屋で少し休んでから
星野温泉の日帰り入浴施設であるトンボの湯へ行きました。

紅葉が思っていたより進んでいて、周囲の景色も堪能できました。

星野温泉トンボの湯と矢ケ崎公園

近くには湯川が流れていて、その景色を堪能しながら施設へ。

星野温泉トンボの湯と矢ケ崎公園

トンボの湯は非常に綺麗で、平日にも関わらず結構混んでました。
人気あるんですね。

露天風呂もあって、なかなかなのですが
お子様が湯船でバタ足しながら泳いでいたり(しかも親は注意せず;)
あまりゆっくり浸かっていられなかったのが残念です。
入浴のマナーは守って欲しいと思います。

星野温泉トンボの湯と矢ケ崎公園

紅葉が思っていたより進んでいたのが嬉しくて
軽井沢の町内で最も早く紅葉するという矢ケ崎公園にも立ち寄りました。

星野温泉トンボの湯と矢ケ崎公園

夕日に映える離山と浅間山が綺麗でした。

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

到着後、遅いお昼ご飯にお目当てのたん熊に席をお願いしました。
(本当は京都で楽しみたかった所ですが、せめて・・・(^^;)

会席の量を食べきれるかどうか不安だったので四季彩膳を。
味、量共に完璧でした。
物凄く美味しかったです。
幸せでした。(^-^ヾ

上の写真は

先付:胡麻豆腐 紅葉人参 菊花 山葵
前菜:法連草と茸浸し
   錦玉子 むかご松葉刺し 焼栗 銀杏 花蓮根
造り:鯛 鮪 あしらい

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

強肴:手造り京豆富 雲丹 山葵 べっ甲あん
焼物:銀鱈利久焼 花豆 きゃら煮 はじかみ

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

焚合:小蕪 小芋 高野玉〆 湯葉 青身
酢物:蟹あちゃら和え 木耳 とんぶり

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

止椀:赤出し とろろ芋 若布 葱
御飯:占地揚げ御飯
香物:四種盛り

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

水物:レモンシャーベット キウイ サツマイモのパンケーキ

目にも舌にも心にも、とても美味しくて幸せな時間でした。
自分自身の料理にも大変勉強になりましたし、
早速見よう見真似ですが取り入れたい手法もいくつかありましたし。

熊魚菴たん熊北店 軽井沢万平ホテル店

料亭はホテルの離れにあるのですが
この建物、由緒あるものだそうで
窓ガラスのガラスの歪み具合とかが年代を感じさせて素敵でした。

ここは再訪したいと強く思う程に美味しかったです。(^-^

軽井沢 2008

軽井沢 2008
WEB ALBUM : 軽井沢2008

やっと無理やり取れた夏休み。(今頃・・・)
京都あたりに行きたいと思っていたのですが、愛鳥の具合が悪いので断念。
(こんな時はなるべく家を空けたくないし)
1泊なら大丈夫と判断し、夫の誕生日祝いも兼ねて
昨年もお世話になった軽井沢の万平ホテルに行ってきました。

軽井沢 2008

去年は碓氷館の書斎タイプのお部屋でしたが
今年はクラシックタイプのお部屋でした。
これも素敵です。
広いし、快適。

軽井沢 2008

窓の外には溢れんばかりの緑が凄く綺麗でした。
窓を開けると木と土の良い匂いがして癒されます。

紅葉は去年よりも進んでいる様な感じでした。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com