シャラン鴨鍋

シャラン鴨鍋

連休初日。
家の用事などをバタバタやっていたら物凄く疲れてしまい
冷蔵庫の中のもので、なるべく手間のかからない夕食にしようと食材を探したところ
取っておきのシャラン鴨(窒息鴨)ロースが出てきたので鴨鍋にしました。

レシピは辻調のサイトレシピを参考にアレンジしました。

鴨ロース 300g位
春菊
ニラ
水菜
油揚げ
がんもどき
下仁田ネギ
生椎茸
豆腐
葛きり

出汁 1000cc
酒 150cc
味醂 120cc
薄口醤油 45cc
醤油 60cc

鍋つゆ(煮汁)は、ほとんど辻調のレシピのままです。
昆布とカツオの濃い目の出汁を使いました。

鴨ロースは冷凍モノだったので、流水で半解凍にし
皮目だけをフライパンで焼き色をつけます。
(肉に火が通らない様に注意)
薄くそぎ切りにしてお皿に盛り付けます。

油揚げとがんもどきは焼き網を使って火であぶり
香ばしく焼き色をつけてから適当に切り分けます。

その他の野菜も適当に切って盛り付けます。

土鍋に鍋つゆの材料を入れて、ひと煮立ちさせて下準備は完了。
鴨肉はしゃぶしゃぶの様に火が通り過ぎないように気をつけて頂きます。

この辻調のレシピが凄いのか
シャラン鴨が凄いのか
(多分両方)
正直、こんなに美味しい鴨鍋を食べたのは初めてでした。
自分に神が降りてきたと勘違いする位。(おぃ
あまりに美味しいので、お正月のお客様へのおもてなし料理は
このシャラン鴨の鴨鍋に決定しました。

食べ終えた後のお汁が最高の出汁具合で
翌日のお昼には蕎麦やうどんで最後の1滴まで頂きました。
外食したら一体いくらになるか分からない様な料理ですが
こんなに美味しいなら外食しなくていいです。ほんと。(^-^ヾ

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。