スプリングラムのグリル

スプリングラムのグリル

少し前にスプリングラムのロングロインを入手していたので
先週末のストレス解消料理メニューはワインを買い込んで、ラムのクミンローストにしました。

staubのグリルパンを使用しました。

何と言ってもロングロインの塊状態を入手したので
半解凍の状態で、まずはノコギリ片手に解体から開始。
肉切り用にと100均のノコギリを使ったのがいけないのか
意外と背骨を切るのに力が必要でした。

背骨さえ切ってしまえば、残りは包丁で解体。
ラムチョップを8切れ、Tボーンを5切れにして使う分以外は冷凍貯蔵。

肉を常温に戻して(火が入りやすくするために常温に戻しておくのは重要)
岩塩と胡椒、ニンニク、クミンたっぷりをすり混んで1時間程おいてからグリル。

このスプリングラム、全く臭みが無くて柔らかくて美味しかったです。
元々ラム肉好きなので色々な所で食べていますが
今まで食べたどこのお店よりも臭みが無いのにびっくり。
(香りはあります)
staubのグリルパンのお陰もあると思いますが
(鉄なので遠赤効果か肉も野菜も柔らかく焼きあがります)
柔らかくて味があるという感じです。
そんなにラム肉が得意じゃない夫も大絶賛でした。

肉の解体は少し大変でしたが
こんなに美味しいのなら(しかも安かった)
またノコギリ片手に頑張っても全然OKですね。(^-^

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。