ヌーベルシノワ?

CHABLIS 2007 LABOURE-ROI
CHABLIS 2007 LABOURE-ROI
全聚徳特製フォアグラの冷菜
全聚徳特製フォアグラの冷菜
フカヒレの姿煮込み (北京風サフラン入り)
フカヒレの姿煮込み (北京風サフラン入り)

久しぶりに中華料理が食べたいと思い全聚徳へ行きました。

たまには(といっても考えてみれば年に数える程しか来ていないのですが)
普段食べないメニューにしようと、
北京ダック以外は食べた事の無いメニューにしました。

喉が乾いていたので、まずは生ビールをいただき、
落ち着いた所で少しの間、席を離れて戻ってきたら
夫が
今日は、勝手にヌーベルシノワにしようよ。
と中華料理では珍しくワインをオーダーしていました。(^-^

まずはLaboure Roi(ラブレ・ロワ)のシャブリとフォアグラの冷菜。
写真のフォアグラの冷菜は半分食べてしまった後に
あまりの美味しさに慌てて写真を撮りました。(笑
ですので、こんなに量が少ない訳ではありません。

フォアグラといってもフレンチのフォアグラと違って
あん肝とフォアグラの中間みたいな感じで、さっぱりしています。
私にとってはとても新鮮な感じで、かつ、とても美味しいです。
そしてワインともとても合っていました。
まさに舌福。

フカヒレは素直な味付けで、添えられてきた赤酢をかけていただくのですが
この赤酢との相性がとても良くて、とても美味しかったです。
スープの部分もとても美味しくて、
お皿まで綺麗に舐めてしまいたい位でした。(笑

CHATEAU MEYNEY1999
CHATEAU MEYNEY1999
スペアリブの唐辛子炒め
スペアリブの唐辛子炒め

次も夫の選んだワイン、
Chateau Meyney(シャトー・メイネイ)をいただきました。
この日はこのワインが一番好みに近いものでした。
スペアリブの唐辛子炒め(正式名称を忘れてしまいました)と合わせて
美味しくいただきました。
この唐辛子炒め、見た目は唐辛子が辛そうなのですが
実際は唐辛子ではなく花椒がとても強いです。
まともに食べたら、歯医者さんの麻酔後の様に舌の一部が痺れてしまいました。
(すぐに治りましたが)
まさに麻辣味です。でもとても美味しくて止まらなくなります。(^-^

北京ダック
Chateau Talbot 2003
北京ダック
北京ダック
セロリと銀杏、百合根の炒め物
セロリと銀杏、百合根の炒め物
青椒土豆絲
青椒土豆絲

メインの北京ダックには、
これも夫の選んだChateau Talbot(シャトー・タルボ)を合わせました。
本当に幸せとしか言えない位に北京ダックもワインも美味しかったです。
セロリと銀杏、百合根の炒め物もシンプルで美味しかったです。
ちょっと意外だったのが、シャトー・タルボと相性が良かった事。
このワインには肉っぽいものしか合わないイメージだったのですが、
そんな事はないんですね。
勉強になりました。

最後にワインが少し残ってしまい、フレンチならチーズをお願いする所なのですが
これも夫お勧めの青椒土豆絲をお願いしました。
この青椒土豆絲、メニューにはありません。
ただし、北京料理や東北料理を代表するもので、
中国人のスタッフの方にお願いして作っていただきました。
少し黒酢を効かせるのでさっぱり、美味しいお料理です。
是非メニューリスト入りして欲しいのですが、
高級料理じゃないので難しいのでしょうか・・・
もちろんワインとの相性もとても良かったです。

結局、1人1本位のワインを頂いてしまい、ちょっと酔いましたが
とても美味しかったし、楽しかったです。
ワインを選ぶ夫が一番楽しそうだったかも・・・

何だかすごく贅沢をしてしまいました。
頑張って働きます。(笑

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。