timor's log

Information

This article was written on 18 2月 2013, and is filled under comfortable places, delicious items, Sweets.

甘春堂 茶寿器

甘春堂 茶寿器

京都の和菓子屋さんのお茶にちなんだお菓子です。

台湾や中国の老師や茶業さんへのお土産に日本のお菓子は人気があります。
少し前の中国では日本のお菓子はあまり人気がなかったのですが
(甘さ控えめが当時の中国の人たちには不評だったようです)
最近は豊かになってきたこともあって、逆に日本のお菓子の方が人気です。

甘春堂 茶寿器

それでも差し上げた方が抵抗なく食べられるものということと
各地を回っていくために賞味期限が短いものも困ります。
となると候補に挙がるのが落雁などの干菓子。

落雁は室町時代に中国から伝わったお菓子と言われています。
確かに浙江省あたりには糕干と呼ばれる干菓子があり
以前、そこの出身の友人からいただいたことがありますが
まさに日本の落雁と同じような感じのお菓子でした。

このお菓子は抹茶茶碗の形をしています。
なんと実際にお茶を点てることもできるんです。
お茶関係の方へのお土産には最適かもということで、昨年末の出張のお土産に手配しました。

甘春堂 茶寿器

木箱入りなので豪華に見えます。
(これって中華圏の方へのお土産には重要です)

茶碗としての実用性もあるお菓子なので、結構硬いです・・・
硬いな〜というのが正直な所。(^^;
味は上品で美味しいです。

甘春堂本店
京都市東山区川端通正面大橋角
075-561-4019

コメントを残す