自家製炸酱面

炸酱面

北京へ通うようになって以来、現地で食べる炸酱面(炸醤麺)の美味しさに感動して
自分でも作るようになりました。

現地の炸酱面が美味しいといっても、そのレベルは結構雲泥の差だったりします。
観光ガイドに出ているお店や現地にお住まいの日本人のみなさんが行くお店なども
色々と行ってみたりするのですが、やっぱり違うなと思うのは
現地友人(老北京人)の教えてくれるローカルなお店。
他のローカル名店の例にもれず大体は交通が不便な場所だったりして
車で連れて行ってもらうしかなかったりするんですけど。(^^;

そんな中でもダントツは麺マニアな友人が作る自家製炸酱面。
これが本当に美味しいので、ここ数年はお店では滅多に食べずに
友人の家でごちそうになっています。(笑

何度もごちそうになるうちに作り方を教えていただきました。
で、日本に帰国して作ってみたら、かなり近い味わいになって
我ながら大満足の出来栄えに。
麻婆豆腐と並んで自作に限る料理です。

炸酱面の味付けは黄醤が決め手です。
こればかりは日本では納得いくものが入手できないので
北京に行った時に買い込みます。
なかでも大柵欄の六必居の干醤じゃないと、その味になりません。
塩気は干醤のみで味付けする勢いで使います。
ドンブリ一杯に一袋入れて水で溶かしたものを
炒めた肉味噌の具材に入れて煮詰める感じです。
ここで干醤をケチると全く違う味になってしまいます。
贅沢ですが、元々が安いものなので問題なしです。

この六必居は榨菜もとても美味しいです。
中国中の色々な場所で榨菜を食べるものの、ここが一番。
美味しい街、北京の底力を感じます。(^^

一度肉味噌を作っておくと結構便利です。
小分けにして冷凍しておけば、
ちょっとした時に茹でたうどんに乗せて即席炸醤麺のできあがりです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。