timor's log

Information

This article was written on 17 7月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 白茶 White Tea, 雲南省.

Current post is tagged

云南白茶(雲南白茶)


北京のお茶屋さんEで購入した2011年の云南白茶(雲南白茶)です。
あまり見かけたことがなかったので試飲してみたら美味しく
価格の異様な高騰っぷりを見せた福建白茶とは比べ物にならない位に健全なお値段だったので
この夏は雲南白茶だ!と言わんばかりに購入してきました。(笑

雲南大葉種の芽のみを使っているので大きめの白毫びっしりの茶葉です。
銀色に光っていて綺麗ですね。
大きさもたまに大きい芽などが見られますが許容範囲内。揃っている方だと思います。
乾燥茶葉の状態で甘い良い香りがします。


鑑定杯使用

薄いクリーム色の透明感の強い水色です。
キャラメルのような甘い香りと弱い花の香りが素晴らしく良いです。
茶水はトロっとした感じで柔らかく
味は甘みと旨み成分が非常に強いのが印象的です。
雲南大葉種特有のスパイシーさも柔らかく感じられてかなりいいです。
これは美味しい。(鑑定杯淹れだけども)


蓋碗使用

殆ど色を感じない透明な水色です。
甘くて旨みが強くて美味しいですね。

葉底・・・まるでジュンサイですね。(笑
芯のみで作られているようです。その芯もかなり大きいですけど。
個人的には福建白茶より全然美味しいと思います。
一緒に試飲した中国の友人曰く
今まで白茶を美味しいと思ったことが無かったけど、これは美味しい
とか。
白茶の製造工程を考えても確かに小葉種や中葉種よりも大葉種の方が
旨みや味を生かしやすいと思います。
味も香りもお値段も、こっちの方が好きですね~♪

コメントを残す