timor's log

Information

This article was written on 21 8月 2011, and is filled under delicious teas, 南投県, 台湾, 青茶 Oolong Tea.

Current post is tagged

凍頂烏龍茶 春茶


国内の中国茶専門店Bで購入した凍頂烏龍茶の春茶です。
2011年のもので、こちらの冬茶と同じ方が作っているそうです。
なので、どちらかというと冬茶との比較になるかもしれません・・・
包揉はしっかりされていますが(やっぱり台湾茶ですし)
冬茶に比べると少し小さめで、その分軽めで大きさも若干ばらつきがあります。
色は冬茶よりは若干明るめトーンの緑のグラデーション。
香りは蜜の香りもありますが、全体的に華やかな花の香りがしています。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

透明感の強い濃い黄色の水色です。
乳香もありますが冬茶ほど強くは感じません。
香りは華やかな花の香りが前面に出ています。それと不思議な香ばしさも。
味は収斂性が強く、軽やかな甘さがあります。
奥行きのある味のバランスですが厚みがあるというよりは華やかで軽やか。
冬茶とこうも違うものかと感心しますね。面白いです。


茶壷使用

金色の水色です。
渋味は爽やかな味の奥行きを出していて、さっぱりと甘く勢いのある感じになっています。
ちょっといがらっぽさも感じますが、気にならないといえばその程度です。

柔らかい葉底です。
砕けも殆ど無く、艶も十分あります。
大きさはばらつきがあり、それなりに大きい葉とかなり小さい葉
同様にふっくら肉厚の葉と結構薄手の葉と分かれます。

コメントを残す