8月 182011
 


北京の鳳凰単欉専門店Aからいただいた凤凰单枞 玉兰香(鳳凰単欉 玉蘭香)です。
これも大鸟叶と同様に烏崠山の名人が作ったものとのことです。
うーん。名人の名前はすっかり思い出せません・・・(^^;
鳳凰単欉なので縒りはきついのですが
その中では比較的緩めの縒りのような感じをうけます。
火入れの程度はそこそこに強いようで全体的にこげ茶です。
若干、緑がかった部分もあり、艶も多いです。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

香りはまさに玉蘭香といった感じの華やかな香りです。
暫く経つと落ち着いた甘い深みのある香りに変化していきます。
水色は透明感のある明るい黄色がかったオレンジ色です。
味は甘みは控えめながらしっかりあり、単欉の苦味が前面にでてきますが嫌な感じではなく
むしろさっぱり系のバランスになっていて好感の持てる味になっています。
2煎目になっても水色はあまり変わりませんが
味と香りが格段に変化して良くなって来ます。面白いです。
落ち着いた感じではあるものの、甘みが深みを増して前面にでてきます。
香りも落ち着いた華やかさとになってきます。


茶壷使用

綺麗な黄金色の水色です。
実は玉蘭香はあまり好きではないと思っていたのですが
どうやら今まで試していた玉蘭香が苦手だっただけで
この玉蘭香は非常に美味しいと感じます。
香りのバランスといい、回甘も含めた味の厚みといい
煎数を重ねると旨みが増して変化していくのといい・・・美味しいです。これ。
先入観って危険ですね。(^^;

葉底、綺麗です。名人芸なのかな?と思う位。
ふっくらとしていて柔らかく肉厚な葉で大きさも均一、砕けも殆どありません。
艶もあって非常に綺麗です。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)