timor's log

Information

This article was written on 02 1月 2013, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 広東省, 青茶 Oolong Tea.

凤凰单枞 芝兰香 (鳳凰単欉 芝蘭香)

凤凰单枞 芝兰香 (鳳凰単欉 芝蘭香)

メーカーさんJの凤凰单枞 芝兰香 (鳳凰単欉 芝蘭香)です。

このメーカーさんの鳳凰単欉は岩茶並みにしっかりしているので
どうも火が落ち着くのに時間がかかります。
やっと良い感じに落ち着いてきたので改めて。

パッケージを開けた瞬間から見事な花の香りが出てくるような
本当にパワーを感じる茶葉です。
見事な黒褐色の茶葉で、細やかな艶がかなり強く出ています。
細く綺麗に縒られた茶葉は砕けも殆ど確認できず、大きさも揃っています。

凤凰单枞 芝兰香 (鳳凰単欉 芝蘭香)
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

お湯を注いだ時からなのですが、驚くほど香りが良く出ています。
ニッキのようなちょっとスパイシーなお菓子のような甘い香りで何とも美味しそう。
橙色の透明度の高い水色で亮度も高いです。
とろっとした柔らかい茶水です。
味はやはりニッキのお菓子を連想するような清涼感のある甘さと
驚くほどの旨みの分厚さがあります。
微かに苦味や渋みはありますが、旨みに転化されるレベルで
このあたりがこの芝蘭香の美味しさになっているのだと思います。
正直、こんなに美味しい芝蘭香は初めてです。
後熟成前と比べても格段に美味しくなっています。ここまで変わるとは嬉しい誤算です。
旨みと香りの戻りも強く感じられます。

このニッキのような香りですが、芝蘭香が本来持つとされる柏槇(ビャクシン)の香りです。
芝蘭香は柏槇と蘭の香りを持つとされる宋代から続く名叢なのですが
最近のものはこの柏槇の香りを感じられるものが少なくなってきています。
(私はここまでのものは初めてです)
ちなみにこの柏槇はヒノキ科の針葉樹の1種で中国にあるものは日本のヒノキとは異なるそうですが
その系統の清涼感のある香りです。
お酒に詳しい方はジンの香り付けに使うジュニパーベリーが取れる
西洋杜松(セイヨウネズ)系の木と言えば分かりやすいかもしれません。

凤凰单枞 芝兰香 (鳳凰単欉 芝蘭香)
蓋碗使用

やっぱり、というか予想通りに美味しいです。
黄金色の透明な水色で亮度も十分。輝くような茶水です。
茶質が良く出ている柔らかいとろっとした茶水からは
お菓子のような清涼感のある甘い香りが立ち昇っています。
渋みなどは旨みに転化されているようで、奥行きのある複雑な甘い旨みと
飲んだ後の香りと甘さの戻りが強く、暫く余韻に浸れます。
今まで飲んでた芝蘭香って何だったんだろう?というのが素直な感想です。

凤凰单枞 芝兰香 (鳳凰単欉 芝蘭香)

美味しいお茶の答え合わせみたいに綺麗な葉底です。
非常に柔らかいのですが、かなり肉厚でもあり、ふっくらとしています。
大きさも揃っていますし、葉そのものも非常に美しい状態です。
まだまだ香っていることや、葉が全然開いていないことからも
耐久性も高いということが分かります。

芝蘭香って普通に美味しいという位の認識でしたが、ここまで素晴らしいと見直しますね。

コメントを残す