12月 262013
 

吴建立 笔架

吴建立の树枝笔架(樹枝筆架)です。
1971年生まれ、国家工艺美术员(工芸美術員)の作家さんです。

笔架というのはその名の通り、筆置き。
といってもこの場合は書道の筆ではなく
茶盤の上などに置いて、養壷用の筆を置くためのものです。

吴建立 笔架

清水泥で作られています。
他にもこげ茶色した紫泥のものがありましたが
見事に本当の枯れ枝っぽすぎて、逆になんだか微妙な感じになっていたので
色合いの明るいこちらにしました。

この作家さん、茶壷を作るというよりは
基本的に茶宠(茶玩)や茶杯を作るのがメインの作家さんのようです。

で、こちら。
養壷をしない私が何で購入したのかというと
茶道具置きにするためだったりします。(^^;

吴建立 笔架

茶漏斗、茶匙、茶鋏、茶針、茶勺とセットになっている茶道具ですが
実際使うのは茶鋏、茶針(茶匙代わりに使います)位のもの。
であればこれだけを置いておく笔架が欲しいなぁと。
逆にこの2つだけだと茶筒が寂しくなってしまうので
笔架が使えるかもと睨んでいたんですね。

11月の中国大移動中に各地の茶市場で笔架を物色していたのですが
なかなか良いデザインや品質のものがなく、諦めていたところに出会いました。
何だか結局北京のいつものところなんですけどね・・・(^^;

茶席をどうするかによりますが、次回のお茶会でデビューするかもしれません。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 11:10 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)